育毛剤の薬用と医薬品と医薬部外品の違いは?

M0002-041_2

育毛剤には薬用育毛剤や医薬部外品育毛剤、医薬品育毛剤と呼ばれている3種類のものが存在しています。そのため、「どの育毛剤を購入するべきだろう…」と悩んでいる方は多く見られます。

そこで今回は、それぞれの育毛剤の違いや育毛剤の選び方などについて紹介していきます。

薬用育毛剤と医薬部外品育毛剤は同じ

医薬部外品

薬用育毛剤は医薬部外品育毛剤の範疇に含まれており、両者の間に明確な違いはありません。医薬部外品という記述方法では消費者にイメージが伝わりにくいため、分かりやすくイメージを伝えるために薬用育毛剤という言葉が使われ始めました。 医薬部外品は人体に対して改善効果をもたらし、なおかつ人体への作用が緩和なものと定められています。また、このような条件を満たしていたとしても、厚生労働大臣から認められなかった場合には、医薬部外品や薬用として販売することはできません。

医薬品育毛剤ってどんな育毛剤?

医薬品育毛剤は日本の薬局で扱われており、医師による処方によって購入することができる育毛剤のことを指します。配合成分や分量などが明確に定められており、使用量や使用方法などについても決められています。 効果や副作用、安全性などを厚生労働大臣や都道府県知事が認めなければ、医薬品育毛剤として販売することはできません。

医薬品

効果が高いのはどちらの育毛剤だろう?

薄毛の治療効果が高いのは、一般的に医薬品育毛剤であると言われています。医薬部外品育毛剤も改善効果については認められているものの、即効性の面に関しては医薬品育毛剤の方が高いとされています。 しかし、副作用に関しても医薬品育毛剤の方が強いと言われています。医薬部外品よりも人体に与える影響が大きい成分が含まれているため、医薬品育毛剤の方が副作用のリスクも高い傾向にあります。

ただし、国内で販売されている医薬品育毛剤に関しては、販売される前に臨床試験が行われています。臨床試験では安全面もテストされるため、用量や用法をきちんと守れば大きなリスクと直面する可能性は高くないでしょう。 また、医薬品育毛剤は医薬部外品よりもリバウンドが生じる可能性が高いと言われています。途中で使用を中止すると使用前よりも薄毛が進行してしまうケースが見られ、中には数ヶ月で禿げあがってしまった方もいます。医薬品育毛剤は効果が高い分、使用を中止した際の影響も大きくなります。

価格に関しては、医薬部外品育毛剤よりも医薬品育毛剤の方が安いと言われています。医薬品育毛剤には、さらに価格の安い「ジェネリック医薬品」も存在しています。

どんな使い方をするべきだろう?

使用方法

医薬品育毛剤と医薬部外品育毛剤では、どちらの方が優れているというわけではありません。人によって合っている育毛剤は異なるため、自分に合った製品を選ぶことが大切です。

初めて育毛剤を使用するのであれば、医薬部外品育毛剤を購入する方が良いといった声が多く聞かれます。副作用などのリスクが医薬品育毛剤より低いですし、医薬部外品育毛剤で十分な改善が見込めるのであれば、医薬品育毛剤を使用する必要はありません。 医薬部外品育毛剤にもさまざまな製品が存在しており、人によっては効果がある製品と無い製品があります。そのため、ひとつの医薬部外品を試して効果が無かったからといって、すぐに医薬品育毛剤に手を出す必要はないでしょう。

ジェネリック医薬品を使用するのであれば、含まれている成分や副作用により注意する必要があります。ジェネリック医薬品は医薬品育毛剤に比べると十分な臨床試験を経ていないため、安全性をしっかりと確認するようにしましょう。

おわりに

ここまで、医薬品育毛剤と医薬部外品育毛剤の違いなどについて紹介してきました。初めて育毛剤を使用する場合であっても、医薬品育毛剤が必要と感じたのであれば、初めから医薬品育毛剤を選んでも問題はありません。

製品自体の比較だけでなく、自分の症状の進み具合や費用など、さまざまな面から使用するべき育毛剤を判断しましょう。

このページを見た人はこんなページも見ています

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP