AGAって何?

AGAの原因と特徴

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で、男性型脱毛症の意味です。主に男性に見られる髪の毛が薄くなる状況のことをこう呼んでいます。原因は男性ホルモンや遺伝的、環境的な影響などさまざまなものがあるとされています。まだ完全には解明できていない点もありますが、現在も多くの研究が進んでおり、効果のある治療法が開発されています。

症状は思春期以降に「頭頂部」や額の生え際の髪が薄くなっていき、進行していくと薄毛が目立つようになります。

髪の生え際が薄くなるM型と呼ばれるタイプ、頭頂部が薄くなるO型、またはそのどちらも同時に薄くなる場合があります。AGAを予防するにはどうしたらいいか、また、その治療法などについて紹介します。

 

1.洗髪や食事、ストレスなど日常生活で予防できること

日常生活でAGAを予防する方法はあるのでしょうか。また、これ以上の進行を食い止めるためにも注意したいことなどを見てみましょう。

 

1-1.バランスの取れた食事

imasia_12795894_M

髪の主な成分はケラチンというタンパク質の一種でできています。そのケラチンの合成を促すのがミネラルです。そのためタンパク質を多く含む肉や魚、大豆製品や、ミネラルが豊富な海藻類などを積極的に取るようにしましょう。毛髪も肌と一緒で体の健康状態や栄養が反映されます。バランスの良い食事を心がけるのは大切な予防になります。

 

1-2.シャンプーの仕方

imasia_16456429_M

毎日のシャンプーで気を付けるべきことは、爪を立てて洗わず、指の腹を使い丁寧にマッサージする気持ちで洗うことです。また、髪や頭皮にシャンプーやリンス、トリートメントが残らないようにしっかりとすすぐこと。ドライヤーはあまり熱風を当てるのを避け風で乾かすようにするといいでしょう。

 

1-3.ストレスと上手に付き合う

imasia_16100425_M

極端に大きなストレスは自律神経に影響を与え、血行不良などから髪の栄養不足の原因になることがあります。また、たばこの量が増えたり食事が乱れたりとストレスは髪にとってもとてもやっかいな存在です。

上手にコントロールする術を持つことが長い目で見て髪への負担を減らすことになります。

 

2.優秀な薬剤、鍼灸マッサージなど、効果が期待できる治療法

治療の主な方法には、植毛や薬剤を頭皮に塗る、または薬を服用するといったものになります。適切な治療法を行えば、老人性の脱毛症よりも比較的高い効果が期待できると言われています。

 

2-1.AGAの優秀な治療薬

imasia_13630452_M

近年は内服薬、塗布剤ともに高い治療効果が得られる薬剤が開発され、注目を浴びるようになりました。内服薬は発毛サイクルを正常に保つ作用があり、「飲む育毛剤」とも呼ばれているほどで、M型薄毛に効果を発揮すると言われています。一方塗布剤は主成分が血行を活発にする働きを期待できるもので、頭皮の血行不良が原因とされているO型薄毛に効果が期待できます。

同時に内服薬、塗布剤の2種類の薬を使用する場合もありますが、いずれにしても効果が実感できるまで一定の期間が必要になり、また「副作用」が伴うことがあります。医師の指示に従って使用することが大切です。薬剤の開発は今なお進んでおり、今後もさらに効果の高いものが開発される可能性が十分にあります。

 

2-2.東洋医学の力を借りる

imasia_9462853_M

マッサージや鍼灸などの東洋医学の治療法は、自律神経に作用し血行促進など体が本来持つ治癒能力を高める効果があると言われています。頭髪のみではなく体全体の調子を整えていくことが結果的に頭髪にも良い影響を与え、治療効果が高まることが期待できます。薬と併用して治療を行う人も多くいます。

 

おわりに

AGAはゆるやかに進行していきます。髪の生え際や頭頂部が薄くなっていることを感じたら早めに進行を食い止めるために治療を始めることをおすすめします。薄毛になってもうぶ毛は存在しします。また、「毛包」は残っており、毛包がある以上は髪の毛が太く長く成長する可能性も大いにあります。

諦めずに治療をし、日常生活でできることを続けていきましょう。

このページを見た人はこんなページも見ています

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP