女性の髪がボリュームアップ!正しいドライヤーの乾かし方

M0002-018_2

髪のボリュームに関する悩みを抱えている女性は少なくありません。その影響もあり、テレビCMや薬局の店頭などでは、女性の薄毛対策用品が宣伝されている光景も見られるようになりました。 ボリュームを出す方法にもさまざまなものがありますが、今回はお金をかけずに髪のボリュームを出す「ドライヤーで乾かすコツ」について紹介していきます。

ドライヤーで乾かすコツ

その1・大原則は、髪のダメージを減らすこと

大原則として、頭皮や毛髪にダメージを与えないことを意識しましょう。まず、洗髪後はタオルドライを行います。髪をこするのではなく、水分を押し出すようにタオルで髪をはさむことが大切です。タオルドライを行うことによって、余分な水分を減らすことができます。

次に髪の毛を分けて頭皮を出し、頭皮に風を当てるようにドライヤーをかけます。頭皮との距離は20cmくらいを目安に、熱風が集中しないようドライヤーを揺らしながら乾かします。 そして、髪の根本から毛先に向かってドライヤーをかけることも意識しましょう。全体的に乾いてきたら、冷風を使用することによって髪のキューティクルを引き締めることができます。 最後はブラシで髪全体を整えます。ドライヤー使用中にブラッシングをすると髪の毛にダメージを与えるため、ブラッシングは最後に行うことを心がけましょう。

その2・ドライヤーを下から当てて、髪全体をボリュームアップ

髪全体のボリュームを出したい時は、ドライヤーの風を下から当てることがポイントです。タオルドライをした後に、耳の上から髪を立ち上げて風を当てていきます。

手で髪の毛を持ち上げるように乾かすことを意識すると、さらにボリュームを出しやすくなります。髪の毛は空気を含ませるように乾かしていくと、ふんわり感が出てくるためです。次に、髪の毛を軽く引っ張り、上からドライヤーを当てます。8割くらい乾いた状態でドライヤーを止めれば、髪型にボリュームが出てきたことを実感できるでしょう。

その3・ロールブラシでボリュームのあるヘアスタイルを作る

髪が乾いた状態であっても、ロールブラシとドライヤーを使用することによってボリュームを増やすことができます。まずは、前髪のボリュームアップについて見ていきましょう。 髪の毛をロールブラシに巻き付けながら立ち上げ、その後ドライヤーを髪の毛の根本に数秒当てていきます。そして温風を使った後に冷風で仕上げればきれいなカールができ、ボリュームも増やせます。

次にサイドの髪です。ロールブラシを髪の毛の内側に入れ、ふくらむようにしてからドライヤーを使います。そして髪の毛を優しく引っ張りつつ、温風から冷風の順でドライヤーを当てればふくらみを固定させることができます。最後に、後ろ髪もサイドと同様の方法でドライヤーを使用すれば、全体のボリュームを増やせます。

その4・カーラーを使ってトップにボリュームを出す

頭頂部の薄毛が気になる人は、カーラーを使ってトップのボリュームを出すと効果的です。前髪は下ろしたい分だけ残し、頭頂部の髪をブラシで前に出すように引っ張ってから巻き取るようにしながら、髪の根本部分にドライヤーをかけていきます。

次に、頭頂部の髪の毛を多めに取り、大きいサイズのカーラーを使って巻いていきます。手前に出すよう、引っ張りながら根元部分まで巻いていきましょう。毛量が少ない場合は小さいカーラーでも構いません。 カーラーを巻いたら10〜20分程度置きます。急いでセットしたい人は、カーラーを巻いたままドライヤーの熱風を当てて、最後に冷風を当てると早く仕上げることができます。

おわりに

女性の髪をボリュームアップさせるコツを4つ紹介しました。今回紹介したコツを身につければ、頭皮や毛髪に大きな負担をかけずにボリュームアップさせることができます。 どうしても自力でボリュームを出すことが難しいという人は、カールブラシ付きドライヤーやホットカーラーなどの使用を考えてみましょう。

   

このページを見た人はこんなページも見ています

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP