冬の頭皮の乾燥・フケに注意したい!原因と対処法を探る

冬の頭皮の乾燥・フケに注意したい!原因と対処法を探る

冬は、気温が下がり空気が乾燥するため、頭皮・皮膚ともに乾燥しやすい季節です。顔が乾燥すると粉がふくように、頭皮も乾燥と共にフケが出やすくなります。頭皮の乾燥やフケで注意したいのは、頭皮のかゆみや炎症、抜け毛の原因にも繋がってしまうことです。

今回は、冬の頭皮・フケの原因や効果的な頭皮ケアをご紹介したいと思います。

冬の頭皮の乾燥・フケにおいて気をつけたい症状

実は、頭皮のフケとは皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)によって、本来垢として剥がれるものです。頭皮が乾燥することで、うるおいが無くなりこのような事態を招きます。

頭皮の乾燥はフケだけではなく、かゆみや炎症といった症状を引き起こす原因にもなります。また、頭皮の臭いやニキビも蓄積されるなど、環境の悪化が重なることからも、炎症が引き起こされます。

頭皮の環境が悪化した状態が続くと、ヘアサイクルがうまく機能しないことから抜け毛がひどくなるということが考えられます。

冬の頭皮の乾燥・フケの原因

冬は空気の乾燥だけでなく、気温の低下による身体の冷え、寒さによって外に出づらくなることから運動不足になりやすく、血行不良を招きやすい環境になります。また、年末年始に向けて忙しくなる時期も重なるため、外出がしづらく、ストレスも溜まりやすい環境になりやすいでしょう。

主に血行不良とは

冬は、運動不足で筋肉を使わなくなることから、血管が細くなってしまうので冷えによる血行不良も重なり、他の季節と比べて特に抜け毛に気をつけたい季節です。

冬の寒さによって、手足や身体全体が冷えてしまうため、体中で血行不良が起こります。身体の血行が悪くなると、生命維持に必要な器官へ優先的に血液が送られてしまうため、頭皮まで栄養が運ばれにくくなってしまいます。また、寒さで新陳代謝が悪くなってしまい、疲れも取れにくくなってしまいます。

それに加え、頭皮の栄養不足から皮脂分泌が少なくなるため、頭皮のうるおいが減少し、頭皮の乾燥・フケを引き起こしてしまいます。

暖房・高熱による乾燥

それ以外にも、暖房による乾燥や、高温のシャワーの使用、間違ったシャンプーの仕方などが原因になります。高熱や高温の風が原因で、皮脂や皮膚の水分を取りすぎてしまいます。そのため、頭皮の乾燥を招いてしまうことが挙げられます。

冬の頭皮の乾燥・フケの対処法

冬の頭皮の乾燥やフケは、主に気候などの外因的な原因ですが、自分から気をつけないと改善しません。気候によって服を変えるように、季節や自分の状態によって頭皮ケアの方法を変える必要があることも大切といえるでしょう。

それでは、具体的な冬の乾燥やフケの対処法をご紹介したいと思います。

運動による血行促進・ストレス解消

頭皮まで栄養が届くようにするには、適度に身体を動かすことによって血行促進させる必要があります。

例えば、電車やバスなどを使われる方は、時間があるときに1駅分歩くだけでも運動不足の解消や心身のストレス解消にもなります。

入浴タイムで血行促進・疲労回復

冬の入浴は、シャワーで即座に済ませるのではなく、血行促進や疲労回復を促すためにしっかりと時間をとっていただきたいです。

おすすめの入浴方法は湯船の温度を37~39度のぬるま湯にして、20~30分じっくりつかることが身体をリラックスさせ、疲労回復するポイントです。この方法は、自律神経の副交感神経を刺激しリラックスや休息をしやすい身体の状態にもっていってくれます。

実は、40度以上の入浴方法では、自律神経の交感神経を刺激させてしまい、身体が緊張状態になってしまいます。

じっくり入浴すると、身体が温まり、毛穴が開き、汗をかきはじめます。このタイミングでシャンプーすることで、毛穴にたまった皮脂や汚れを落としやすくなります。入浴でリラックスした後は、血行も促され、質の良い睡眠を取りやすく、髪の成長に繋がります。

シャンプーの改善

冬の入浴時は、身体や浴室が冷えているので、熱い温度でシャワーを浴びたくなります。しかし、40度以上のシャワーを浴びることは、皮膚の余分な皮脂や汚れや落としてしまい、さらに皮膚が乾燥してしまうことになります。

シャンプーのときも同じように、高温のシャワーを頭皮に浴びてしまうと乾燥している頭皮にさらに皮脂を落としてしまうことになります。先述の入浴方法と同じように、シャワーの目安温度は37~39度のぬるま湯で、髪をしっかり洗ってからシャンプーを行いましょう。

シャンプーの回数は1回で十分です。何回も行うと皮脂を取りすぎてしまい、炎症を引き起こしてしまいます。また、自分に合っているシャンプー剤を選ぶことも大切です。

頭皮が乾燥している方は、洗浄力がやさしいアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。市販のシャンプー剤と比べると高値ではありますが、頭皮や髪にやさしいアミノ酸や自然由来成分が使われています。また選ぶ際には保湿力の高いものを選ぶといいでしょう。

市販のシャンプー剤は、安価でさっぱりとした洗い心地が特徴的ですが、洗浄力が強いため、頭皮や毛髪が乾燥しやすく、頭皮が乾燥している方や肌が弱い方、アレルギーの方にはあまりおすすめできません。

育毛シャンプー選びには、当サイトの育毛シャンプーランキングを参考にご覧ください。実際に使用された口コミも掲載しております。

育毛シャンプーおすすめランキング

育毛シャンプーおすすめランキングはこちらから

育毛剤で保湿する

頭皮の乾燥に育毛剤で保湿する直接的な対処法があります。

頭皮の乾燥やフケの改善に育毛剤の保湿成分や抗炎症成分を含んでいるものを選ぶことで頭皮ケアと育毛を同時に行うことができます。また、育毛剤は頭皮専用に開発されたものなので頭皮環境の改善に安心して使うことができます。育毛と同じく頭皮環境の改善にも時間がかかります。

育毛剤選びには、当サイトの最新育毛剤ランキングを参考にご覧ください。実際に使用された口コミも掲載しております。

2016年 最新育毛剤ランキング

2016年最新育毛剤ランキングはこちらから

おわりに

頭皮の乾燥やフケは、気候だけではなく高温のシャワーを使うことやシャンプーのしすぎによって、自ら引き起こしてしまうこともあります。また、頭皮のかゆみや炎症がひどい場合は一度医師に相談してみましょう。

寒い季節は、自分から身体を温める食事や飲み物を多くとったり、身体を動かしたりするなどの行動を起こすことによって、血行促進や新陳代謝を促し、頭皮の乾燥やフケを改善していきましょう。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP