白髪染めやカラーリングは薄毛のもと?!毛染めについて徹底解説!

about-dyeing-and-thinninghair

白髪染めやカラーリングなどの毛染めをすることで、若々しい見た目になるので日常的に染める方も多いと思います。

実は、白髪染めやカラーリングなどの毛染めは、薄毛のもとになってしまうことがあります。とくに自宅で行う毛染めは、毛染め剤が頭皮に付着してしまうことによって、炎症を引き起こしてしまうことなどが考えられます。

平成27年10月23日に消費者安全調査委員会は「毛染めによる皮膚障害」に関する事故等原因調査報告書を公表しました。

毛染めは、髪の色を明るくしたり、白髪を黒く染めたりする等、年代や性別を問わず一般に広く行われていますが、その一方で、消費者庁の事故情報データバンクには、毛染めによる皮膚障害の事例が毎年度200件程度登録されています。

引用:毛染めによるアレルギーに御注意!|消費者庁

その点を踏まえて、薄毛になりにくい白髪染めやカラーリングの方法や注意点を解説していきたいと思います。

なぜ白髪染めやカラーリングで薄毛になるのか?

なぜ白髪染めやカラーリングなどの毛染めで薄毛になってしまうのか。

それは、先述したように毛染めによって、頭皮に炎症やアレルギーを引き起こしてしまうからです。

酸化毛染剤という最も使われているカラーリング剤(ヘアカラー、ヘアダイ、白髪染め、アルカリカラーなど)があります。それが他のカラーリング剤に比べて、アレルギー性接触皮膚炎を起こしやすいといわれています。

それに加え、毛染めで異常を感じたことがない方も、継続的に使用することでアレルギーを引き起こしてしまうことがあります。症状には個人差がありますが、酷い場合には頭皮だけでなく顔面や首にまで炎症が広がってしまい、日常生活にも影響が出るほどと言われています。

毛染めのメカニズム

酸化毛染剤は、一般的に使われているカラーリング剤のことです。市販の毛染め剤の場合は、主に1剤(アルカリ剤や染料)と2剤(過酸化水素水)に分かれており、使用の際にはこの2つを組み合わせて使用します。

1剤は、髪の毛のキューティクルを開かせて、2剤は髪の毛の黒い成分であるメラニン色素を破壊することで、染料をなじませることができます。

このような薬剤を使い科学反応で毛染めをしているため、髪の毛や頭皮に塗布した際にかぶれが起こりやすく、髪にもダメージを与えてしまいます。そして、毛染めを使用する際にはパッチテストを行い、皮膚の炎症の有無を確認する必要があります。

このカラーリング剤のメリットとしては、簡単に塗布できることと、根元からカラー剤を塗布できるので色持ちが2~3ヶ月持続することです。

薄毛になりにくい白髪染めやカラーリングはある?

薄毛になりにくい毛染めの方法は、「非酸化毛染剤」または「ヘアカラートリートメント」を使うことです。それぞれ、色持ち、頭皮や髪に与えるダメージなどが酸化毛染剤とは違います。

非酸化毛染剤(お歯黒式白髪染め)

「非酸化毛染剤」とは、文字通り「酸化しない」毛染めのことをいいます。こちらは、毛染めによるダメージが少なく、白髪染めやカラー剤でかぶれた人にも使用することができます。色持ちは2~4週間程度です。

しかし、非酸化毛染剤は、酸化毛染剤とは違い、真っ黒や紫っぽくなるなど色が思うようにでないことがあります。また、「非酸化」とはいえ髪に多少ダメージはかかり、硫黄臭のような臭いがするので苦手な方も多いようです。

ヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントは、ヘアマニキュアとも呼ばれており、徐々に染めていくタイプのものです。

カラー剤というと髪の毛を傷めてしまう印象ですが、ヘアカラートリートメントは名の通り、染めてもダメージはほとんどないカラー剤です。

色も自然な仕上がりで、非酸化毛染剤が苦手な方や合わない方はヘアカラートリートメントを使用することが多いのではないでしょうか。

しかし、色持ちは1~2週間と短く、シャンプーをする度に色が少しずつ落ちていきます。また、黒髪から明るく染めることはできません。

手間はかかりますが、頭皮や髪にダメージがかからないということでいえば、ヘアカラートリートメントがおすすめです。

ヘアマスカラ・ヘアスプレー

上記以外にもヘアマスカラやヘアスプレーといった一時的に髪の毛の表面を染めるタイプのものもあります。例えば、外出前に生え際の白髪が気になったときには、ヘアスプレータイプのものなら瞬時に染めることができます。

しかし、洗えばすぐ落ちてしまうものなので持続性はありません。また、髪の表面を染めるものなので髪への負担も少ないといえます。

おわりに

現在では、美容室でも髪のダメージの少ない毛染めのメニューが増えているので、きれいに染めたい方は美容室に行ってみましょう。

頭皮のダメージが気になる方や薄毛対策をしたい方は、育毛サロンといった専門店で毛染めをしてもらうことをおすすめします。また、専門店なので気軽に薄毛の悩みや対策方法を相談することができますよ。

自宅で毛染めをしたい方は、できるだけ頭皮に刺激を与えないカラー剤を選びましょう。また、毛染めをした後でも使える育毛剤がありますので、頭皮ケアをすることも兼ねて安全にカラーリング・白髪対策をしていきましょう。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP