キャピキシルの主成分「アカツメクサ花エキス」を徹底解剖!

キャピキシルの主成分「アカツメクサ花エキス」を徹底解剖!

ミノキシジルの3倍という驚異的な育毛効果が証明されているキャピキシル。主成分の「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド-3」は、それぞれの特徴を活かし合いながら絶妙なバランスで共存しています。

今回は、その2大成分のうちのひとつ、アカツメクサ花エキスを徹底解剖してみました。

アカツメクサ花エキスにはイソフラボンがたっぷり!

アカツメクサ花エキスは、別名をレッドクローバーと呼ばれるヨーロッパ原産のハーブの一種です。日本では明治時代からぜんそくやガン、肌の疾患のケアなどを目的として使われてきました。アカツメクサ花エキスがなぜ髪の毛にとって有効な成分なのかと言うと、女性ホルモンとよく似た働きをするイソフラボンが含まれているからです。

このイソフラボンは「ビオカニンA」というもので、男性ホルモンDHTを生成する5αリダクターゼを阻害し、脱毛の原因を徹底的に排除します。よく女性ホルモンが多い人は薄毛にならないという事が言われますが、女性ホルモンが持つ脱毛の予防効果はこのようなメカニズムになっています。

また、アカツメクサ花エキスに含まれるイソフラボンの量は、大豆の10倍~20倍とも言われており、頭皮への吸収力も抜群です。脱毛の予防成分としては、まさに最適であると言えるでしょう。

ビオカニンAについて

ビオカニンAは、天然に存在する有機化合物群の一種であり、女性ホルモンとほぼ同様の分子構造を示します。レッドクローバーと呼ばれる天然のハーブから抽出されるということはすでにお話ししましたが、ビオカニンAは育毛効果が証明される前からアンチエイジング効果や更年期障害などの症状を改善するのに有効であるとされ、大きな注目を集めてきました。

男性ホルモンDHTを生成する還元酵素の5αリダクターゼは、主に50代くらいから毛根近くにある皮脂腺に多く存在するようになり、汗をかきやすいという人はよりたくさん持っているというふうに言われています。汗によって頭皮にニキビや吹き出物もできやすいですし、それによって炎症も起きてしまうなど育毛にとっては天敵となる成分です。ビオカニンAが持つ5αリダクターゼの阻害作用は、まさに革新的であると言えるでしょう。

アセチルテトラペプチド-3との共存

キャピキシルの2大成分と言えば、今回取り上げている「アカツメクサ花エキス」の他にもうひとつ、「アセチルテトラペプチド-3」があります。アカツメクサ花エキスが男性ホルモンの生成を抑え、脱毛を予防するという守りの成分であるとすれば、アセチルテトラペプチド-3は発毛に特化した攻めの成分。4種類のアミノ酸から構成されている結合体で、毛包に対して直接働きかけることができます。

アセチルテトラペプチド-3の最大の特徴は、医学界でも高く評価されている細胞修復能力です。火傷や炎症により一度は破損してしまった細胞を元に戻してしまうという驚異的な力があり、有名なところでは切断された足や手も1か月で元通りになったという話もあります。

加齢や不摂生により荒れてしまった頭皮環境は、毛母細胞の働きが弱く細胞分裂も滞ってしまっています。アセチルテトラペプチド-3の高い細胞修復能力なら、毎日ケアをし続けることで、徐々に毛母細胞が活性化してくるでしょう。アカツメクサ花エキスも、このアセチルテトラペプチド-3もキャピキシルの高い育毛効果には欠かせない要素です。

ハーブティーでも摂取できる!?

アカツメクサ花エキスは、育毛剤の他にハーブティーとして摂取できる方法があるとのことでご紹介しておきたいと思います。ハーブティーの専門店であれば、「レッドクローバー」というお茶葉を扱っているので、簡単に入手することができるでしょう。

飲み方は普通の紅茶と変わらず、お湯を注いで飲むだけととてもシンプルなのですが、茶葉を手で揉む、乳鉢で擦るなど香りを強めるためのひと手間を加える(とより楽しむことができると思います。

摂取するタイミングとしては、吸収力の観点から就寝前がおすすめです。寝ている間というのは成長ホルモンの分泌も活発になりますしね。実際に飲んでみると、ハーブ特有の癒される香りに包まれ、ほのかに甘みを感じることができます。1日に3杯~4杯であれば、許容範囲とされているため、さまざまな種類を買って楽しむのもいいですね。

レッドクローバーハーブティーのレシピ

材料

  • レッドクローバー茶葉:大さじ1杯~1杯半
  • レモン:適量
  • はちみつ:適量
  • オリゴ糖:適量

  • 作り方

    1.大さじ1杯~1杯半の茶葉を手に取り20秒間ほど揉む
    2.マグカップに茶葉を入れ、熱湯を注ぎふたをする
    3.5分ほど煮出し好みの色になるまで待つ
    4.お好みでレモンやはちみつ、オリゴ糖などを加えて完成

おわりに

いかがでしたか?今回はキャピキシル2大成分のうちのひとつ、「アカツメクサ花エキス」を徹底解剖してみました。大豆のおよそ20倍という量のイソフラボンが含有されているアカツメクサ花エキスは、男性型脱毛症(AGA)の対策にぴったりの成分です。育毛剤の他にハーブティーなどで摂取する方法もあるので、ぜひそちらも試してみてください。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP