育毛したいなら玄米にシフト!玄米が持つ5つの薄毛対策栄養素

育毛したいなら玄米にシフト!玄米が持つ5つの薄毛対策栄養素

玄米は、白米よりも豊富に栄養が含まれていることで話題となり、親しまれている食材のひとつです。実は、玄米の中に薄毛対策に効果的な「発毛因子」に関わる栄養素が含まれていることがわかりました。

玄米は、人間に必要とされているほとんどの栄養素を含んでいる「完全栄養食」であるため、健康だけでなく薄毛対策や育毛にもいい食材といえます。今回は、薄毛対策に効果的な玄米の魅力についてご紹介します。

白米にはない、玄米の5つの薄毛対策栄養素

白米と玄米の比較表

米と玄米の各100gあたりの栄養比較表(科学技術庁資源調査会《五訂日本食品標準成分表》)より

上記の図は米と玄米の各100gに対しての成分比較表です。玄米が白米より栄養が高いことを表しています。

玄米とは、稲から収穫した一番外側の籾(モミ)を剥いだ状態のお米です。白米は、その玄米からさらに糠(ぬか)と胚芽を取り除いた状態のものになります。

玄米の外側の皮にはたくさんの栄養が含まれているため、その栄養の皮が外れた白米と玄米の間に栄養の差が出てしまうのです。

ここでは白米には含まれていない、玄米が持つ薄毛対策に効果的な物質をご紹介します。

1.ポリアミン

ポリアミンは、主に体内の古くなった細胞を新しい細胞へと導く働きを担っています。また、ポリアミンは発毛促進剤に使われている「ミノキシジル」と同様の発毛を促す働きがあることがわかりました。

ポリアミンの効果により、毛乳頭細胞を活性化することで「FGF-7(細胞増殖因子)」を産生し、毛の成長を促進させていると考えられています。

そして、体内にポリアミン量が豊富であると、細胞分裂が盛んになります。新しい髪の毛が生えやすくなりますし、新陳代謝を高めることによって頭皮にアンチエイジング効果をもたらします。

2.GABA

アミノ酸の1種にγ-アミノ酪酸というものがあり、その頭文字をとった名称が「GABA」と呼ばれています。

GABAは、脳の海馬や小脳、脊髄などにある神経伝達物質を促進させる働きがあります。また、知覚神経を刺激する性質もあるため、育毛にとって重要な毛母細胞を発達させる「IGF-1」を増やすことが期待されます。

3.γ-オリザノール

γ-オリザノールは、お米の糠(ぬか)や胚芽部分にしか含まれていないポリフェノールの1種です。その効果は、抗ストレス作用や、毛細血管拡張作用による血行促進、ホルモンや自律神経のバランスを整える効果があり、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制するという薄毛対策に役立つ物質です。また、γ-オリザノールは体内でフェルラ酸にも変化し強力な抗酸化力を生成することができます。

4.フェルラ酸

フェルラ酸は、強い抗酸化作用があり、細胞の老化を防ぐ働きがあります。若さを保つアンチエイジング効果も期待されています。頭皮を若々しく保つためにも必要な物質です。

5.イノシトール

イノシトールは、脳の働きや神経細胞の伝達を促す働きがあります。GABAの効果と同じで神経伝達が活発化することで、発毛促進に繋がるといえるでしょう。

玄米の炊き方5つのポイント

玄米を早速試してみたいという方もいるかもしれません。しかし、玄米は白米とは異なった炊き方になります。

実は、洗い方に気をつけないといけなかったり、浸水時間を要したりするのでぜひこちらを参考にしてください。

一見面倒にも思いますが、炊飯は炊飯器の「玄米炊飯モード」を利用して簡単に炊くことができます。それでは、玄米の炊き方のポイントや注意点を踏まえてご紹介したいと思います。

1.玄米の洗い方

玄米は、お米の籾殻(もみがら)を取り除いただけの状態なので、籾殻(もみがら)が混ざっていたり、埃などの混入物がついていたりする場合があります。洗う前にザルに入れ、かき回してゴミを浮き上がらせます。その後水に浸し、ごみを丁寧に洗い流しましょう。

お米の洗い方は白米の場合、3~4回ほど洗い研ぎ水を捨て、研いだ水がある程度薄くなったら終わりです。しかし、玄米の場合は、ザルを使って玄米の表面を傷つけるように3~4回研ぐのがポイントです。玄米の表面を傷つけると、水分が玄米の内部に浸透しやすく炊き上がりがよくなります。

2.玄米の水加減

玄米は、白米と比べると面積が大きいので炊飯時に多くの水分が必要になります。白米の場合、米1合に対して水量は約180ccが目安になります。玄米の場合は、米1合に対しての水量は約300ccが目安です。

炊飯器に玄米モードがある場合は、炊飯器の内釜に玄米の水量の目安のラインが書いてあるのでそれに従って水をいれましょう。

3.お米の浸水時間

お米をおいしく炊くポイントとして、お米を浸水させて置いておく方法があります。白米の浸水時間は30分ほどですが、洗った後そのまま炊くこともできます。

しかし、玄米は炊く前に浸水しておかないと硬くて食べられない場合があります。最低でも洗ったあとに2~3時間置いてから炊くといいのですが、可能であれば1晩(8時間以上)水に浸して置くほうがいいといわれています。

4.玄米は塩をいれて炊くのがおすすめ

玄米をおいしく炊くには、ぜひ塩を利用しましょう。

玄米の糠(ぬか)の苦味を取り除き、味がまろやかになるだけでなく、塩が糠をやわらかくし、お米の水分の吸収をよくしてくれます。

5.炊飯器の玄米モードで炊く

炊飯器の玄米モードを予約して炊くことで浸水時間を置くことができます。急いで食べたい場合には玄米はおすすめしません。

炊き方のおすすめは、寝る前に設定して朝炊き上がる状態や出かける前に設定して炊くと、浸水時間を待たずにおいしく玄米を炊くことができますよ。

おわりに

玄米は栄養価が高く、頭皮にも好影響な要素がたくさんあるので是非試していただきたい食材です。

玄米で注意して頂きたい点は、玄米の外の皮を消化するのに時間がかってしまうため、吸収率が悪くなってしまうということです。しっかり噛んで食べないとせっかくの栄養も吸収されないのです。胃腸が弱い方や病後や療養中の方には玄米の摂取に注意しましょう。

しかし、玄米が食べにくい方は、白米と玄米の間の状態の発芽玄米が玄米よりも栄養価も高い状態で食べやすいのでおすすめです。しかし、白米に比べて高値ということもあります。毎日食べるのがもったいないという人は週に2~3日食べる程度してみたり、白米に混ぜてみたり工夫してみてはいかがでしょうか。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP