日本酒は育毛にいいって本当?その真相とは!

日本酒は育毛にいいって本当?その真相とは!

飲酒は、テレビ番組などで健康に悪いイメージとしてあげられていることがあります。しかし、適量の飲酒であれば健康効果があるというのも有名な話です。

中でも日本酒は栄養が豊富なだけでなく、有効成分が化粧品や育毛剤に使用されるなど育毛に期待できる働きがたくさんありますのでご紹介します。

日本酒には驚くべき育毛効果!

日本酒は、米を原料としているため、100種類以上のアミノ酸や有機酸が含まれています。有効成分には、「アデノシン」や「コウジ酸」があり、化粧品や育毛剤に使われています。

日本酒にはどのような育毛効果があるのでしょうか。

血行促進

日本酒を飲むと身体が温かくなるというのは、日本酒の血管拡張作用によって血行促進が行われている証拠です。血液が足や手の指先までしっかり流れるため、体温が徐々に上昇します。血行が促進されることで頭皮により多くの栄養が運ばれます。

頭皮環境を整える

先述した血行促進は、頭皮の血流が流れやすくなることで毛髪や頭皮に栄養が届きやすくなるということです。また、日本酒には髪の毛や頭皮を構成するアミノ酸が豊富なため、頭皮環境を整えて育毛をすることが期待できます。

「アデノシン」含有で育毛促進

日本酒には、核酸の一種である「アデノシン」が含まれています。

アデノシンは、育毛剤にも使用されている成分です。発毛促進因子「FGF-7」を促すことによって、毛母細胞を活発化させます。また、毛根の成長期を延ばす働きもしています。

成長期が延びることで、髪はその分長く太くなり、しっかりした髪に成長します。

adenogen-ex-728-280

アデノシンの詳細はこちらから

「コウジ酸」で抗酸化・細胞活性化

コウジ酸は、日本酒の原料である米麹に含まれる有効成分をいいます。このコウジ酸が細胞の衰えを防ぎ、細胞を活性化する物質として注目されています。また、コウジ酸は化粧品などにも多く使われており、美白効果もあると言われています。

あったかい日本酒は、成長因子「IGF-1」を増やす可能性が!

日本酒には、αグリコシルグリセロール(α-GG)というものが含まれており、この成分が胃の知覚神経を刺激し、IGF-1を増やす可能性が高いことがわかっています。また、温度が高いことによっても、胃の知覚神経が刺激されやすくなり、IGF-1の増加が促されます。

日本酒を50倍希釈して肌に塗ることで皮膚のIGF-1を増やすことも期待できます。

日本酒の利用方法

最後に、日本酒の栄養を効果的に利用する方法をご紹介します。普通に飲む方法、頭皮にかけてマッサージをする方法、入浴の3種類です。

日本酒は苦手、という方にも実践できる方法ですので、ぜひ試してみてください。

日本酒の良い飲み方

日本酒は、適量の1日1~2合までで、かならず熱燗で飲みましょう。

先述しましたが、身体を温めることで知覚神経を刺激し、成長因子の「IGF-1」を増やします。また、血行促進効果をより高めるためにも温かい日本酒が効果的です。

日本酒で洗髪・頭皮マッサージ

日本酒が飲めない方は、日本酒を使った洗髪・頭皮マッサージを行ってみましょう。

日本酒に含まれているアデノシンは育毛剤にも使用されている有効成分なので育毛に期待できます。

準備するものは日本酒のみで、大さじ3~4杯ほどカップにいれて用意します。

  1. 1.まず、ブラッシングで髪に付着した汚れやほこりをある程度落とします。日本酒の有効成分をより浸透させるために、数十分ほど入浴して頭皮の毛穴を開かせます。
  2. 2.身体がある程度温まり、頭もあったかいと感じるようになってきたら、ぬるま湯(36~38度)で数分かけて髪の汚れや皮脂を洗い流します。
  3. 3.通常どおりシャンプー剤を十分に泡立てて洗髪していきます。指の腹をつかって、やさしく揉みこむように洗っていきましょう。その後、しっかりシャンプー剤を洗い流してください。
  4. 4.髪をすすいだら、コップに入れた日本酒を適量、手にとるか、直接地肌にかけてください。頭皮に日本酒をかけたら、頭皮マッサージをするようになじませていきます。
  5. 5.しっかりなじんだら、最後にまたシャンプーでキレイに洗い流して下さい。

日本酒のアルコール成分が頭皮の毛穴を引き締め、フケや毛穴トラブル防止します。また、日本酒の有効成分が頭皮や髪をサポートします。

日本酒で入浴

実は日本酒をお風呂に入れる方法もあります。

一般的な家庭用のお風呂であれば、日本酒を3~5合入れたお酒のお風呂を作り、40度ぐらいでじっくり入浴します。それと同時にお酒の風呂のお湯にタオルを濡らして頭に乗せると、頭皮と髪に日本酒の有効成分が染み込みます。

入浴によって、血行促進されるだけでなく、日本酒の有効成分を全身に染み込ませることによって、より成長因子「IGF-1」が増えることが期待できます。

日本酒の注意点

日本酒を飲む場合は過度に飲んでしまうと、睡眠の質を下げてしまうだけでなく、二日酔いになってしまい、身体に負担をかけることになってしまいます。

それに加え、日本酒に含まれるアデノシンの効果は、カフェインを摂取すると抑制されてしまいます。そのため、よくコーヒーを飲まれる人やカフェインの入った飲み物が好きな方はアデノシンの効果が現れにくいといわれています。これは、育毛剤に含まれるアデノシン成分も同様です。

おわりに

いかがでしたか。実は昔から「酒は百薬の長」といわれていましたが、適量のお酒には動脈効果を防ぎ、善玉コレステロール値を上昇するという効果もあげられています。また、血流を促すことは、頭皮へ栄養を運びやすくなるので育毛にも効果的といえるでしょう。

日本酒に成長因子や発毛因子があるなんて、日本酒がお好きな方には朗報ではないでしょうか。しかし、飲みすぎてしまうことは逆効果になってしまうので、あくまで適量に留めてください。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP