TOKIOの城島さんも作ったアロエ育毛剤の作り方とその効果をご紹介!

TOKIOの城島さんも作ったアロエ育毛剤の作り方とその効果をご紹介!

10/23(日)に日本テレビで放送された人気番組、「ザ!鉄腕!DASH!!」の番組内にて、TOKIOのリーダー城島さんが自作の「アロエ育毛剤」を使用している姿が放送されました。

確かにアロエは食用としても用いられますし、化粧品にもよく使われているなど万能の植物ですよね。育毛剤にもエキスとして含まれているのはよく目にしますが、アロエ単体の育毛ポテンシャルとはどのくらいなのかは想像がつきません。そこで今回は、アロエの育毛効果について調べてみることにしました。

放送の様子


アロエってどんな植物?

アロエを知らないという人はおそらくいないですよね。今では観葉植物として自宅で栽培している人もよく見かけます。他にもヨーグルトとして商品化されていることや、美容液にもアロエを用いたものがたくさん見受けられるようになり、圧倒的な人気を誇っていますが、そのルーツはどこにあるのでしょうか。

アロエはアフリカ生まれ

アロエはユリ科アロエ属の常緑多年草で、原産地はアフリカです。あまり知られてはいませんが、その種類はおよそ500という豊富さ。ここまでアロエが進化し分岐していったのには、アフリカの厳しい自然環境にも適応できる生命力があったからです。どんなに過酷な環境でも形体を変えながらたくましく繁栄してきました。

多くの有効成分を含んでいて、医薬品として通用するほどの効能を持つ種類もあります。日本では「薬局方」という医薬品の基準を定めていますが、アロエは何と明治時代からその薬局方に記載されているほど。古くから日本人にも親しまれてきたのだということが伝わってきます。

私たちに馴染みのあるアロエ

アロエにはとても種類が豊富だという話をしましたが、食用や薬用として私たちの生活に馴染みのあるものは主に以下の4種類です。

キダチアロエ

キダチアロエ

キダチアロエは日本でももっとも多く栽培されている品種だと言われています。その名の通り、土壌から直接葉が生えるわけではなく、木のように上へと立ち上がっていくのが特徴です。

キダチアロエ同様、慢性的な便秘に効果的であるのと、葉肉の粘液がやけど治療などもできることから、医者いらずという愛称で古くから親しまれてきました。健康食品としても多くの商品に利用され、錠剤やサプリメント、ドリンク剤として販売されているものが多いです。

ただし、食べ過ぎや飲み過ぎは禁物。体を冷やす効果や下剤作用があるため、具合の悪いときや妊娠中などは摂取しないようにした方が良いでしょう。

アロエベラ

アロエベラ

アロエベラは肉厚の葉に白い棘が無数にあるのが特徴です。諸外国でも古くから愛されていて、古代エジプトでは壁画にも描かれるほど現地の人々に馴染んでいたことがわかっています。

肉厚の葉を剥いてみると、中からは粘着質のゼリーのようなものが出てきます。この中身には、ムコ多糖体という成分が含まれており、主にシロップ漬けや化粧品など食用~美容まで幅広い用途に使用することができます。一般的な市販のヨーグルトに入っているのがこのアロエベラです。無味無臭の果肉は、ヨーグルトだけでなく刺し身やサラダにするなど、さまざまな楽しみ方があります。

また、便秘の改善や生活習慣病の予防まで多くの健康効果を持っているので、薬としても活用されています。

ケープアロエ

インスタ:

久しぶりにGET やっぱり巨人族はたまらなぃ☺️ #ケープアロエ #喜望峰蘆薈 #南アフリカ代表

Takenori Yamamotoさん(@yamamototakenori)が投稿した写真 -



ケープアロエは、南アフリカのケープ州が主な産地です。アロエフェロックスという代表的な品種は、高さが最大6メートルほどにもなり、葉が厚く硬い棘を有しています。また、春先にはオレンジ色の花が咲くのが特徴です。

ケープアロエは、とても苦味が強くキダチアロエの約15倍と言われているほど。身体にとって強烈な作用をもたらすものもあるので、利用する際は慎重に行わなければいけません。他のアロエと比較して「アロイン」という成分を多く含み、医薬品としてさまざまな薬に利用されています。

ソコトラアロエ

「イエメンへ」ソコトラ島の植物769

出典:イエメンへ ソコトラ島の植物769

ソコトラアロエは、別名「アロエベリー」とも呼ばれるもので、東アフリカのソコトラ島が原産地のアロエです。ケープアロエと同じで大きく巨大であるのが特徴で、葉が太く、花のように広がり育っていきます。そして、同様に薬として利用されることが多いです。


アロエに含まれる2大育毛成分

さて、ここまではアロエについての全般的な知識について触れてきましたが、実際の育毛効果はあるのでしょうか?アロエに含まれる代表的な育毛成分を見ていきましょう。

アロイン

アロエは、AGA(男性型脱毛症)に効果的なのではないかと言われていますが、その理由になっているのが、この「アロイン」です。薄毛の原因の多くは男性ホルモンの過剰分泌に拠るものですが、アロインはそれを阻害する作用があるとされています。

薄毛のメカニズムとは、元々人間の身体が持っているテストステロンという男性ホルモンと、5αリダクターゼという物質が結びつくことによって起こります。2つが結びつくと、強力な薄毛因子「ジヒドロテストステロン」が生まれ、それが薄毛へと導いてしまうのです。

アロインは、薄毛因子のジヒドロテストステロンが生まれる直前、つまりまだ2つの要素が結びつく前に5αリダクターゼの働きを阻害する効果があり、ジヒドロテストステロンの生成を抑えることができます。これがアロインの育毛効果です。多くの育毛剤や頭皮ケアシャンプーにも利用されており、信頼の置ける成分と言えます。

タンニン酸

「タンニン酸」も、アロエの育毛効果を語る上で欠かせない成分のひとつです。とても分子が細かい物質で、頭皮の内部にも浸透しやすく細胞を活性化させる働きがあります。アロエの美容効果が高いとして、多くの化粧品などに利用されているのもこのタンニン酸の力に拠るところが大きく、肌の細胞を活性化させてデトックス効果を引き出すことができるからです。

やけどなどに効くというのも、このタンニン酸の効果ですね。細胞が修復され、お肌がツルツルに戻ります。頭皮にも毛母細胞という髪の元になっている細胞がありますから、同様の効果が得られることで、毛母細胞が活性化し薄毛が解消されていきます。

【簡単!】アロエ育毛剤の作り方

アロエ香水

アロエ育毛剤に興味のある方は、城島さんのように自分でもアロエ育毛剤を作ってみてください。実は、初めての方でも比較的簡単に作ることができます。

まずは上でご紹介したキダチアロエを6本(500g)用意してください。それでは手順を追って説明していきます。

1.アロエを千切りにする

アロエはできるだけ細かく刻みましょう。包丁でも結構ですが、ミキサーなどを使うとさらに細かくすることが出来ると思います。

2.すり鉢で細かくすりつぶします

千切りにしたアロエはさらにすり鉢で細かくすりつぶしましょう。

3.30分煮込んで果肉をこす

細かくすりつぶしたアロエを30分ほど煮詰めます。ドロドロで深緑色になったらOKです。固形のアロエが残らなくなるまでしっかりと火を通します。

4.余熱をとったら完成!

最後に煮込んだアロエを冷ますため、タッパーなどに移し冷蔵庫に入れます。実際に使用する時は1回に使う分だけ取り、後はまた冷蔵庫に保存しておきましょう。

5.使ってみましょう!!

ペースト状の育毛剤ができたら頭皮に塗り込んでいきます。気になる部分には重点的に塗り込むようにし、マッサージをしながら頭皮全体に拡げていきましょう。使用回数の目安は1日2回です。

消費期限に注意!

手作りのアロエ育毛剤は、いわゆる市販の育毛剤とは違い衛生管理がされていない天然物です。色や香りが変わってきているのに使い続けると、思わぬ頭皮トラブルを引き起こしてしまうかもしれないため注意してください。

冷蔵庫に入れておけば、短くても約1ヶ月間は持つはずです。ポイントはあまり作りすぎず、都度使う量だけを作っていくことです。

おわりに

いかがでしたか?今回はアロエが日本に広まったルーツ、育毛効果を始めとす1るさまざまな作用、そしてアロエ育毛剤の作り方をご紹介してきました。

アロエは育毛にとって良い成分が凝縮されているので、継続してアロエ育毛剤を使っていけば頭皮環境の正常化に期待が持てると思います。フケやかゆみなど、現時点で何らか頭皮の異常を感じている方には特におすすめしたいです。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP