運動で薄毛対策!簡単にできるオススメの運動方法3選

運動で薄毛対策!簡単にできるオススメの運動方法3選

運動は日頃から行っていますか? わざわざ運動する時間を作るのが面倒だと思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、なるべく歩くことを心掛けたり、スポーツをしたり、ジムに通ったり、ダイエットや体力づくりをすることは、実は薄毛対策になります。

運動と薄毛にはどのような関係があるのでしょうか。

運動が薄毛対策や育毛になる理由

運動は、筋肉を使うことで、血行を促す働きがあります。全身の血行を促し、頭皮にまで毛髪の成長に必要な栄養や酸素などを届ける働きがあります。また、体内に成長ホルモンが増えることで、毛髪の成長を促す毛母細胞を活発化させる「IGF-1」の増加も期待できます。

血行促進されると、新陳代謝の機能も高まり、老廃物の排出が促しやすくなります。そのため、身体を動かすことで脂肪が燃焼され、皮脂分泌量が低下します。また、頭皮の毛穴に皮脂が詰まりにくくなり、頭皮の健康状態がよくなります。肥満の解消は、中性脂肪による心臓の負担を軽減することにも繋がります。

また運動は、ストレス解消や自律神経を整えることにも繋がります。自律神経は、内臓を動かしたり、血液を促進したり、無意識に働く身体の機能をコントロールする重要な神経です。

実は運動をしても薄毛が改善しない場合がある

運動を続けていても、薄毛が改善しない場合があります。それは、AGA(男性型脱毛症)です。

AGAは、男性ホルモン「テストステロン」が5αリダクターゼ酵素と合成することで「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンができます。その男性ホルモンが、毛母細胞内で働くと毛髪の成長を止めてしまいます。

AGAの原因は、遺伝や生活習慣の乱れによるところが大きいため、運動だけでなく、バランスの取れた食事や睡眠時間をしっかりとることが大切です。

薄毛対策に良い3つのおすすめ運動!

主にどのような運動が薄毛対策に繋がるのかご紹介したいと思います。オススメは、有酸素運動です。有酸素運動は、脂肪を燃焼させ、インスリンの働きを促します。また、30分~1時間ほどで少し汗をかく程度の適度な運動量が好ましいでしょう。もちろん継続しなければ、薄毛を改善することはできません。以下を参考にできるところからはじめてみてください。

ウォーキング・ジョギング

ウォーキングは通勤の帰り道を一駅分歩く、というように身体への負担が少なく、手軽に行なえます。日頃、運動しないという人はここからはじめてみましょう。

ジョギングは、自分の体力や気分に合わせて、ゆっくり走ることです。ウォーキングよりもカロリー消費が高く、本格的なスポーツを行う前の準備運動にもなります。

水泳

水泳は、水の抵抗によって、全身の筋肉をバランスよく使うことができます。いきなり泳ぐのが難しいと思う方は、水中ウォーキングからはじめてみましょう。

水泳でおすすめの泳ぎ方は、平泳ぎです。他の泳ぎ方に比べて楽に泳ぐことができます。いきなり激しい泳ぎ方をするよりも、軽い泳ぎ方を30分以上行うことの方が続けやすく、気持ちよく泳ぐことができます。

自転車

自転車は、疲れづらく、脂肪燃焼効果の高い有酸素運動です。また、自転車の有酸素運動は、体内に多くの酸素をとり込めるため、毛細血管が発達し、血管が拡張されるため、血圧を下げることにも繋がります。

自転車の適度な運動は、ゆっくりとした一定のペースでこぎ続けましょう。速くこいでしまうと、脈が速くなり身体に負担をかけてしまうので、速いペースでこぐときは、徐々に身体を慣らしながらペースをあげていきましょう。

運動以外にもやっておきたい薄毛対策!

運動不足の解消は、血行を促したり、血管を丈夫にしたりすることが期待できます。薄毛対策には、血流の循環がとても大切です。また、運動以外の生活習慣の部分を見直すことで、頭皮環境が改善され、薄毛対策に繋がります。

バランスの取れた食事

運動によって、血行を促進しても、毛髪の成長を促す栄養が整っていなければ意味がありません。

髪の毛の原料は、ケラチンというタンパク質で出来ています。それは、アミノ酸を合成してできています。健康的な毛髪や頭皮を作るうえで必要な栄養は、タンパク質、必須アミノ酸、ミネラル、ビタミン各種など、たくさんあります。

食材では、卵や青魚、海藻類、牡蠣、緑黄色野菜、トマト、鶏レバー、などに豊富に含まれています。

質の良い睡眠

髪の毛や頭皮の細胞は、夜の22時~2時の間に成長や修復を行います。睡眠不足は、髪の毛成長を妨げることに繋がります。徹夜で朝方にたっぷり眠っても、眠りが浅く質が悪いため意味がありません。

眠りにつくまえに入浴をしたり、リラックスタイムを設けたりすることで、眠りにつきやすい状態にしておくことがベストな睡眠をとることに繋がります。

禁煙

喫煙は、タバコの有害物質の分解に、髪の毛の成長に必要な栄養だけでなく、身体の健康維持に必要な栄養が使われてしまいます。それだけでなく、血流をドロドロにしてしまい、動脈硬化などの原因にもなります。

そのため、運動だけでなく多くの薄毛対策をしていたとしても、喫煙の本数が多かったりしてしまうとプラマイゼロになってしまう可能性があります。薄毛対策を考えているのであれば、出来る限り禁煙することをおすすめします。

育毛剤をつかう

運動によって、全身の血行が促されている状態で、育毛剤で頭皮に栄養を与えることで穴から栄養が浸透しやすく、効率よく薄毛対策することができます。

育毛剤は、男性や女性の特性を考慮して研究開発されているため、安心して使うことができます。薄毛の改善には、根気が必要になりますが、今までの習慣や体質を変えていくという気持ちで取り組んでいくことが大切でしょう。

2016年の最新育毛剤ランキングはこちらから

おわりに

運動は、薄毛対策の他にも健康維持や体力づくりにもかかせない習慣です。悪い習慣を見直し、良い習慣を続けていくことで、薄毛対策や育毛に繋げていくことができます。

これから運動を始めようという方は、いきなり走ったりせずに、歩くところから徐々に始めていくことが大切です。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP