今注目のアミノ酸系シャンプーってどんな特徴があるの?

今注目のアミノ酸系シャンプーってどんな特徴があるの?

髪や頭皮にはどんなシャンプーがいいか、選ぶときに悩みますよね。今、髪や頭髪を整えると注目されているものにアミノ酸系シャンプーがあります。このアミノ酸系シャンプーとはどういうものなのか、くわしく解説したいと思います。

アミノ酸系シャンプーってどんなもの?

アミノ酸系シャンプーとは、アミノ酸を洗浄成分に使用したシャンプーということです。アミノ酸系と表現されるように、その種類は多く、実のところひとまとめに評価をするのは危険な部分もあります。

アミノ酸というのはタンパク質の成分で、皮膚や髪などを構成している成分と同じものです。肌や髪には刺激が厳禁なのですが、洗浄で適度に汚れも落とす必要があります。

そこで同じ成分で構成されたアミノ酸系シャンプーを使うことによって、刺激をできるだけ少なめにし、必要な洗浄だけを行うことができるシャンプーとしてアミノ酸系シャンプーが注目されているのです。

アミノ酸系シャンプーの特徴

アミノ酸系シャンプーが髪に与える具体的な特徴としては頭皮環境を整えることが挙げられます。アミノ酸系シャンプーではないものを使った場合、刺激が強すぎて頭皮環境を良くない状態にさせるという不安が常に付きまとうのですが、アミノ酸系シャンプーならその不安も少なく、気軽に洗髪を行えます。

髪が弱ってしまう問題は複合要因によって発生しているので、やはり髪にうるおいが行き届かないと髪は元気になりません。髪にうるおいをきちんと届けるためには頭皮の状態が健康である必要があります。

わかりやすく説明すると、刺激を与えられ続けた頭皮は、ちょうど冬の足の裏のように皮膚が分厚くカサカサになるか、頭皮を保護するために皮脂が分泌しすぎて脂でギトギトになってしまうのです。これを避けるためにはできる限り洗髪は優しく、それでいながら汚れはある程度きちんと落としてくれるシャンプーを選ぶ必要があります。

アミノ酸系シャンプーはその条件を満たす、頭皮の状態を良好に保つためにちょうどいいシャンプーと言えます。元気な髪を維持するためには、髪や頭皮が傷んでしまう原因を1つ1つつぶす必要があるのですが、そのうちの頭皮環境を整えるという目的に沿ったシャンプーというわけです。

アミノ酸系シャンプーならどれでもいいわけではない

ここで注意しておく必要があるのが、ひとまとめにアミノ酸系シャンプーと言ってしまってはいけないのだということです。アミノ酸系シャンプーにも多くの種類があります。単純に洗髪を目的とした一般的なシャンプーにアミノ酸成分を配合したもの、髪を元気にさせるために作られたシャンプーでアミノ酸を利用したものなど大きく分かれます。

目的が違えば内容物も変わり、そして特徴も変わります。アミノ酸系シャンプーと書いてあるから大丈夫と考えるのは早計です。成分を見てみると、中にはアルコールや界面活性剤を主成分としているのに、その中にアミノ酸成分を少し足しただけでアミノ酸系シャンプーをうたっているものもあります。

そういったものの場合は普通のシャンプーと同じように刺激が強いので、弱った頭皮や髪にとっては害になるシャンプーであると考えていいでしょう。わかりやすいところでは、髪を元気にさせるために作られたシャンプーでアミノ酸系のものを探すのが、きちんとしたいいものが見つかる可能性が高いと考えられます。

どのアミノ酸系シャンプーを選べばいい?

とは言え、やみくもに髪を元気にさせるために作られたシャンプーでアミノ酸系のものを探すのも基準がわからなくて大変です。そこでどのような成分が配合されているものがあって、それぞれがどのような特徴があるのかを説明します。

ココイルグルタミン酸

比較的安価なアミノ酸系シャンプーに使われているのがこの「ココイルグルタミン酸」系列のアミノ酸です。ヤシの実、すなわちココナツオイルから作られたものと考えればいいでしょう。やや不純物を含んでいる可能性はありますが、誤差の範囲が狭く、洗浄力は強くはありませんが、刺激は低いので毎日お使いいただけます。

ラウロイルメチルアラニンNa

やや高価なアミノ酸系の髪を元気にさせるために作られたシャンプーに使われていることが多いのがこの「ラウロイルメチルアラニンNa」です。ココイルと同じヤシの実系の成分ですが、ココイルに比べて純度が高く、そのせいで値段が高くなっているようです。洗浄力もこちらのほうがやや高め。基本成分はあまり変わらないので、刺激としてはココイルより少し優しいかな?という感じでしょうか。

ペタイン

「ペタイン」も植物由来のアミノ酸系成分、こちらの原材料は砂糖大根(ビート)です。上の2種類と大きくは変わらず同じように環境にも身体にも絶妙なアミノ酸系シャンプーの成分です。お値段的にはココイル系に近いものが多いようです。シャンプーとしては洗浄力にやや不安がありますが、絶妙な洗い上がりが魅力です。

おわりに

シャンプーで髪を元気にさせることを考える場合、いかに低刺激で、頭皮や髪に優しいか?ということがとても大切になります。普通のシャンプーは洗浄力重視で髪や頭皮の主成分であるタンパク質を分解する洗浄成分を使っているものが多いので、要注意です。

その点、今注目を集めているアミノ酸系シャンプーは頭皮や髪を傷つけない、髪を元気にさせることに向いた成分のシャンプーであると言えるでしょう。ただし、アミノ酸成分が入っただけのシャンプーなどにはくれぐれも注意して、できるだけ成分表示の最初のほうにアミノ酸成分が記載されている髪を元気にさせるために作られたシャンプーを選ぶようにしましょう。

シャンプーの人気ランキングはこちらから

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP