AGA治療に役立つハミルトン・ノーウッド分類とは

AGA治療に役立つハミルトン・ノーウッド分類とは

薄毛に悩む男性にとって、どんな治療をしていくかということを決めるときには、まず自分の頭皮がどのような状態にあるのかを把握することが大切だと言われています。

そこで、ハミルトン・ノーウッド分類という言葉を聞いたことがあるでしょうか?普段生活している中では、あまり耳にしない言葉かもしれません。

実は、このハミルトン・ノーウッド分類は男性型脱毛症(AGA)の治療において、とても重要な役割を担っています。

ハミルトン・ノーウッド分類とは

ハミルトン・ノーウッド分類は、男性型脱毛症の進行度合いを測る指標となるものです。アメリカ人医師のハミルトンが作成した薄毛の分類パターンを、後にノーウッドという医師が改定し完成しました。そのパターンは全部で7つのステージに分類されています。

AGAは大きく分けて、前頭部の生え際が交代するM型と頭頂部からの抜け毛が増えていくO型の2種類あります。日本人に多いのは主に後者の方だと言われていて、人種によっても特徴が変わってきますし、全員が全員同じ進行をたどるというわけでもありません。

ですが、薄毛の進行具合を知ることができれば、その時期にもっとも効果的な対策を取ることができますから、画期的な発見と言えますよね。

ハミルトン・ノーウッド7つの分類

それでは、具体的に今自分がどのくらいのレベルにいるのかを確認してみましょう。今後の治療に役立つ情報なので、しっかり把握しておいてください。

分類説明
AGAⅠ型額の生え際からの後退が少し始まっている状態。
AGAⅡ型前頭部がやや後退。鏡を見て薄くなったと感じる。前頭部が透けて見える状態。
AGAⅡ型Vertex型前頭部がやや後退。さらに頭頂部がO型に薄くなっている状態。
AGAⅢ型前頭部の後退が進行している。部分的に地肌が露出している箇所もある。
AGAⅢ型Vertex型前頭部の後退が進行している。部分的に地肌が露出している箇所もある。さらに頭頂部がO型に薄くなっている状態。
AGAⅣ型前頭部の後退が進行し、頭頂部も薄くなっている。髪全体でボリュームがなくなり部分的に地肌が露出している箇所もある。
AGAⅤ型前頭部と頭頂部の地肌が露出しつながっている状態。まばらに髪の毛が残っている状態。
AGAⅥ型前頭部から頭頂部にかけて地肌の露出が激しく、後頭部や側頭部にも薄毛が進行している状態。

第一段階

第一段階は分類レベルで表すと、Ⅰ型・Ⅱ型・Ⅱ型Vertex型がそのカテゴリーに該当します。Ⅰ型は額の生え際から薄毛が始まって、徐々にM字型に後退し始めた状態を指します。この段階はまだまだ初期であり、自分自身はもちろん、人にはわからないくらいのレベルです。

Ⅱ型になると、若干の自覚症状とともに、薄毛の可能性を疑うくらいの段階に入ってきます。M字型に後退した生え際のラインがやや深くなってきたと感じる程度のレベルでしょう。

Ⅱ型Vertex型とは、いわゆる生え際と頭頂部で同時に薄毛が進んできたという状態です。頭頂部はO型に丸く脱毛してくる特徴がありますが、これもまだまだ目立つものではありません。

第二段階

第二段階は分類レベルで表すと、Ⅲ型・Ⅲ型Vertex型・Ⅳ型に該当します。Ⅲ型はⅡ型に比べると生え際の進行が大分進み、頭皮全体のボリューム感も無くなってくる状態です。Ⅲ型Vertex型における頭頂部の薄毛も、はっきりと人が見て認識できるようなレベルになってくるため、本格的な治療が必要になってきます。

Ⅳ型は生え際だけではなく、頭頂部に関しても明らかな薄毛が確認される段階です。まだ第一段階だから大丈夫だと思っている人でも、Vertex型の特徴が見られる場合はすぐにⅣ型まで来てしまうことも珍しくありませんので、 早い段階からの治療がとても大切になってきます。

第三段階

第三段階は、Ⅴ型・Ⅵ型・Ⅶ型のカテゴリーに該当します。Ⅴ型の時点で生え際のラインが額よりも頭頂部に近いほどに後退し、微妙につながってくるような状態です。頭頂部のO型脱毛に関しても範囲はかなり広まっているでしょう。Ⅵ型は、Ⅴ型でつながり始めた薄毛が完全につながったタイプを指します。このステージになると、発毛している箇所が側頭部のみという状態になります。また、Ⅶ型は側頭部の髪の毛も薄らいできたという末期の段階です。

第三段階に関しては、AGA治療を施したとしても薄毛解消というような目に見える効果はほとんど期待できません。やはり、早期の段階で気付き、早めの対策をするということを心掛けるしかなさそうです。

AGA治療は遅くともⅢ型までを目安に!

ミノキシジルやプロペシアなどの医薬品を使った本格的なAGA治療は、ハミルトン・ノーウッド分類で表されるところの「Ⅲ型」までには開始したいところです。

これには理由があって、薄毛や抜け毛の対策というのは「成長期」、「退行期」、「休止期」というヘアサイクルを正常化することによって発毛を待つという種のものだからです。

AGAはあくまで進行性の症状であり、進行が進み過ぎると毛母細胞の生き残りが限りなく少なくなってしまい、薄毛の改善というところまではいきません。簡単にいえば、毛根の寿命を延ばす目的のAGA治療であるのに、その<毛根自体が無くなっているとどうにもできないということですね。

冒頭でも、日本人には頭頂部からの薄毛が始まる人が多いことをお話しました。前頭部から後退するタイプの薄毛であれば、鏡などで見た時に気付くこともできるのですが、頭頂部は思わず見逃していたということもあります。それだけ治療する時期が遅れてしまうことになるため、充分気を付けてください。

おわりに

今回はハミルトン・ノーウッド分類におけるAGAの進行パターンを見てきました。この分類のもっとも素晴らしいところは、適切な治療時期と治療方法を見誤らないという点にあります。しっかりとした知識を持って治療に取り組んでいきましょう。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP