キャピキシルは女性にもメリットがある?

キャピキシルは女性にもメリットがある?反動はあるの?

近年では女性も男性のようにバリバリ仕事をするなど、男女の差がなくなってきています。ただ、その分外的ダメージ等の影響から毛髪が薄くなってしまった女性も増えたと言われています。近頃話題になっているキャピキシル。AGAに絶大なメリットをもたらすとし、とても注目を集めています。このキャピキシルは女性にも使うことができるのでしょうか?

女性が使用できないヘアケア用品がある!

「女性男性型の抜け毛」という言葉を聞いたことがありますか?最近になって増えてきている女性の毛が薄くなる症状です。通称FAGAと呼ばれるこの症状は、30代後半~40代以降の女性に多く見られるもので、「髪の分け目が目立つ」、「全体的に毛が薄くなり進行していく」など、局地的な症状がAGAと類似していると言われています。

現在、CMでもたくさん放送されているミノキシジル含有のヘアケア用品などは、厚生労働省にも認められている素晴らしいものですが、一部反動の心配もあり、女性には正直言っておすすめできません。症状が似ているからといって安易に利用できないのです。

ミノキシジルの反動

ミノキシジルは、女性が使用することを禁止されているわけではありません。ただ、男性よりも反動が出やすいと考えられているため、大丈夫かどうかを100%保証することができないということです。大正製薬が販売している「リアップ」やファイザー社が販売している「ロゲイン」には、女性用のものも実際に発売されています。しかし、男性用のヘアケア用品に配合されているミノキシジルは5%で女性用は1%におさえられているという事実から、女性の方に反動の懸念が強いということが読み取れます。

特に気にしなくてはいけないのが、妊娠中です。アメリカの食品医薬品局(FDA)という機関の研究では、動物実験において胎児のリスクが証明されているとされ、使用してはいけないものになっています。また、ミノキシジルは母乳にも移行してしまう性質があるため、授乳中もNGです。

フィナステリドは絶対ダメ!!

フィナステリドとは、現在販売されているAGAのメソッド薬としてもっとも効果のある飲み薬、「プロペシア」に含まれる成分です。このフィナステリドは、はっきりと女性の摂取が禁止されているものです。すでに妊娠している方、または子供を作る予定があるという方は絶対に摂取しないでください。

報告されている症状としては、男の子が生まれた場合「男性生殖器異常」を起こしてしまうなどの可能性があるとのことです。女性は触れることさえも控えましょう。

キャピキシルなら大丈夫!その根拠は?

キャピキシルの主成分は、「アカツメ花エキス」というイソフラボンの一種と「アセチルテトラペプチド-3」という4種類のアミノ酸です。これらは天然由来の成分だけで構成されているため、ミノキシジルやフィナステリドと比較すると、刺激は圧倒的に少なくなります。女性の場合は男性よりも肌が敏感ですから、刺激の強いものだと痒(かゆ)みや肌荒れ、動機や目がくらんだりなどの反動が出てしまう可能性があります。キャピキシルなら気軽に利用することができ、かつ実感も得られるため、まさに一石二鳥です。

キャピキシルのもたらす影響は

キャピキシルには、女性が使用するにあたって心配な反動の懸念もなく、さらに毛髪を健康にする能力も非常に高いことが証明されています。キャピキシルを開発したカナダのルーカス・マイヤー・コスメティクス社では、数ヶ月に及ぶ臨床試験の結果、ミノキシジルのおよそ3倍の髪を健康にさせる能力があることを発表しました。キャピキシルの二大成分が持つ、「抜け毛抑制」、「元通りにする力」が非常に優秀であるということがわかると思います。

アカツメクサ花エキスがDHTを阻害!

アカツメクサは、別名レッドクローバーと呼ばれるマメ科の多年草です。ヨーロッパから日本に伝わったのは明治時代で、牧草への利用を目的として運ばれていました。アカツメクサ花エキスがなぜ毛髪にとって良いのかというと、「ビオカニンA」という成分がDHTを生成する5αリダクターゼを阻害する能力を持っているからです。

DHTは女性の中にも存在しており、FAGAの症状が出る人は少なからずDHTの影響を受けています。キャピキシルがすごいのは、単純な毛髪を育てる力だけではなく、アカツメクサ花エキスという抜け毛抑制に実力を発揮する成分が含まれていることです。

毛髪を育てる担当のアセチルテトラペプチド-3

キャピキシルの毛髪を育てる担当を担っているのがアセチルテトラペプチド-3という成分です。アセチルテトラペプチド-3は、4種類のアミノ酸から構成されている結合体で、毛包に対して直接アクションすることができます。

注目はその強い「元通りにする力」です。アセチルテトラペプチド-3には、ケガややけどなどによって失った細胞を元通りにさせる力があり、弱ってしまった毛母細胞の活性化を促すことで毛髪を元気にさせるというメカニズムになっています。荒れた頭皮環境では、細胞分裂も滞ってしまいがちですが、アセチルテトラペプチド-3の血の流れを良くする力により頭皮の活性化を促します。

ちなみにルーカス・マイヤー・コスメティクス社では、人間から採取した毛包をアセチルテトラペプチド-3とミノキシジルに分けて7日間培養するという実験を行いました。それぞれの毛髪を元気にさせる能力を比べてみたところ、ミノキシジルが52%、キャピキシルはなんと156%もの数値を記録。ミノキシジルの3倍の能力という根拠はここから来ています。

おわりに

いかがでしたか?今回は、今注目のキャピキシルが女性にとっていかにお役立ちなのかということをお話しました。現状発売されているヘアケア用品に関しては、女性の身体に影響を及ぼす反動の懸念点が拭いきれません。キャピキシルは、毛髪を健康かつ元気にする能力が高い上に反動の心配もほぼないという優れものです。ぜひ一度試してみてください。

キャピキシル配合のスカルプエッセンスをさがす

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP