白ごま油が髪の成長に効果のある五つの理由

白ごま油が髪の成長に効果のある五つの理由

白ごま油は、クレオパトラが美容として全身に使っていたということで、かねてより女性の間で話題となっているキャリアオイル(植物油脂)です。実は、健康な髪を維持する効果の高いヘアオイルとしてヘアトリートメントにも使われています。

一般家庭で使われる「茶色のごま油」は、匂いも濃厚なため、主に食用として利用されるごま油です。その一方、白ごま油は、生のままゴマを絞り出してできた、淡黄色の無味無臭のキャリアオイルです。また、ごま油のなかでも養分が豊富で、使い心地もべたつきがなく香りもないため、化粧品など幅広く利用されています。

白ごま油は、どのようなメリットがあるのでしょうか。また、白ごま油の利用方法なども一緒にご紹介します。

白ごま油に含まれる注目の成分

白ごま油は、アミノ酸が豊富なタンパク質や不飽和脂肪酸をはじめ、ミネラルや食物繊維、ナイアシン、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンE、葉酸など、美しい髪のために必要な養分としてはビタミンC以外の全てのものが含まれています。その中でも、特に注目したい成分が「ゴマリグナン」、「セサミノール」、「リノール酸」です。

「ゴマリグナン」は、大豆のイソフラボン同様に女性のエストロゲンと同じ力を持った物質です。また、ゴマリグナンの中にはセサミノールなどの抗酸化物質が含まれています。

「セサミノール」は、ゴマリグナンに含まれる成分で、強力な抗酸化作用があります。特に血中のコレステロール値を抑える力や、体調をリセットする力もあります。また、セサミノールは、老いの原因である活性酸素を抑制するため、老化防止にも効果的です。

「リノール酸」は、不飽和脂肪酸に含まれる物質で、体内物質に膜を作る材料でもあり、血中のコレステロールを排出する力や保湿・痛み止めの力があります。これらは体内で合成できることができないため、外から摂取しないと吸収できない成分です。

白ごま油が毛髪のためになる五つの理由

白ごま油の豊富な成分の中には、体内で合成できない貴重な成分もあります。白ごま油のメリットは、食事としても養分が豊富なだけでなく、頭皮などの皮膚に塗布することからも効果を得ることができることです。

白ごま油に含まれる豊富な成分は、毛髪にどのような効果があるのでしょうか。

主に五つの理由を挙げてご紹介します。

1.頭皮の環境を良くする(皮脂の過剰分泌抑制・血の流れを良くする)

白ごま油に含まれる不飽和脂肪酸は、魚類や植物油(オリーブオイルなど)に含まれる植物性の脂肪で血中のコレステロール値を調整する力があります。血がきれいになることで、血の流れを良くしたり過剰な皮脂分泌を抑えたりすることにつながります。

2.頭皮の補修(老廃物の排出)

汗をかくことも老廃物を出す方法のひとつですが、頭皮の毛穴が開いた状態に白ごま油でマッサージすることで、毛穴の脂汚れや老廃物を浮き上がらせて排出することができます。頭皮の老廃物を出すことで抜け毛を防ぎ毛髪を健やかな状態に導くことができます。

さらに、白ごま油に含まれる「リノール酸」は保湿・痛み止めの力があり、「ゴマリグナン」の抗酸化作用によって、血の流れや体調を整えることができます。また、「セサミノール」にも抗酸化作用があり、老いの原因である活性酸素にもアプローチします。

3.冷え症や貧血を良くする

白ゴマ油は、ゴマ100g中に含まれる鉄分は9・6gと豊富で、ほうれん草の5倍と言われています。血が不十分で起こる血の流れの停滞や冷え性を白ごま油の鉄分によって、元通りにすることができます。血の流れが良くなることで頭皮への養分が届きやすくなります。

4.エストロゲンのバランスを整える

白ごま油に含まれる「ゴマリグナン」は、エストロゲンと類似の物質です。特に女性の体内バランスの乱れを整えたりする力があります。

大豆に含まれるイソフラボンもエストロゲンと同じ力がありますが、大豆食品が苦手な方は白ごま油で摂取してみましょう。

5.頭皮のフケを防ぐ・保湿効果

白ごま油の「リノール酸」の保湿や痛み止めの力、「セサミノール」の抗酸化作用や体内環境を補修する力が、頭皮のフケを防ぎ保湿が期待できます。

頭皮に直接塗布して頭皮マッサージすることで頭皮の環境を元通りにします。

白ごま油の注意点

白ごま油は食事用の油としても利用できますが、今回は頭皮や髪のケアに使える方法をご紹介したいと思います。

白ごま油を直接皮膚に塗布する際には「キュアリング」という加熱処理が必要です。加熱することで、白ごま油の抗酸化成分であるセサミノールを生成することで、成分を酸化しにくくすることが目的です。

キュアリング(加熱処理)の方法

キュアリングには、道具が必要になりますが、白ごま油を沸騰させて冷ますだけで行程は簡単です。それでは、加熱処理の仕方をご紹介します。

  1. 1.まずは、白ごま油(太白ごま油)、鍋(ホーローやステンレス製)、煮沸消毒した瓶(保存して使う場合は遮光瓶)、ぬれた布巾を用意します。
  2. 2.鍋に使いたい量の太白ごま油を鍋に入れて、加熱します。沸点(100度)に達したら火を止め、鍋をぬらした布巾の上に置き冷まします。(布巾がすぐ熱くなるので、何度か水にぬらして鍋を冷やすと早く冷ますことができます)
  3. 3.人肌ぐらいの温度まで下がったら、煮沸消毒した瓶に加熱処理をした太白ごま油を注ぎます。

※使い切りの場合は透明の瓶でも大丈夫です。長期保存したい場合は、加熱処理した油でも、光に当たると酸化してしまいます。遮光瓶にいれて冷暗所で保存しましょう。

白ごま油でヘアケアをしよう!

それでは、キュアリングした白ごま油でヘアケアする方法をご紹介します。

白ごま油(セサミオイル)配合シャンプー

髪にやさしいアミノ酸系シャンプーと白ごま油を配合して、白ごま油シャンプーで髪を洗ってみましょう。

シャンプーを適量とり、白ごま油を少し垂らして混ぜて使ってみましょう。髪質をしっとりさせ、頭皮に浸透させることで健康な髪を育てることも期待できます。白ごま油の効果で髪がコーティングされるので、リンスは必要ありません。

白ごま油で頭皮ヘアトリートメント

白ごま油で、頭皮や髪をトリートメントしてみましょう。

まずは、手にたっぷりの白ごま油を取って、頭皮と髪に塗り込むようにマッサージをします。頭をタオルなどで巻き、10~30分おいてからシャンプーをして洗い流します。

時間がないときは、入浴後のぬれた髪に白ごま油を数滴つけて、洗い流さずトリートメントする方法があります。頭皮や髪につけるときは、マッサージするように塗布していきましょう。

頭皮の乾燥を防ぎ、皮脂の過剰分泌を抑えて頭皮の環境を整えてくれます。

おわりに

白ごま油は、養分が豊富で食べても、塗っても健康な髪に良い食材です。一般的なサラダ油と同じで高カロリーですが、白ごま油にはコレステロールを抑える成分や抗酸化物質が豊富に含まれているので、サラダ油の代わりとして使ってみるのもいいでしょう。

キャリアオイルのなかでもコストパフォーマンスが良いので、たっぷり使って健康な髪へつなげていきましょう。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP