「女性男性型脱毛症」のFAGAとは

「女性男性型脱毛症」のFAGAとは

近年では、男性だけではなく女性も薄毛の悩みに悩まされている人が多くなったと言われています。何より、男性型脱毛症と症状のよく似ている女性男性型脱毛症という言葉まで出てきました。この症状は、通称「FAGA」と呼ばれています。

今回は、このFAGAの症状や原因についてお話していきたいと思います。

FAGAとは

FAGAは、「Female Androgenetic Alopecia」の略で、主に30代の後半から40代以降の年女性に多く見られる症状です。男性型脱毛症のことをAGAと呼びますが、このAGAと区別するためにそのように呼ばれるようになりました。

女性の薄毛とは、一般的に頭髪全体の髪が均等に脱毛し、薄くなるというものがほとんどです。しかし、FAGAはそれだけではなく、極めて男性型脱毛症と似た症状も見られると言われています。

ただし、全ての症状が完全一致するというわけではなく、前頭部や頭頂部に集中して脱毛が起こるAGAに対し、FAGAは髪の分け目が目立ってくるなど、全体的に薄毛が進行していくという特徴があります。

FAGAの症状

AGA(男性型脱毛症)とFAGA(女性男性型脱毛症)は、双方似た性質を持ちながらも、細かい特徴は異なるということを前述でも説明しました。

FAGAはトップのボリュームや髪の分け目から脱毛が進んでいくということを覚えておきましょう。ちなみに、FAGAの症状はその進行度合いを推し量るため、以下のような分類分けがなされています。

分類症状
FAGAⅠ型正面から頭頂部が全体的に薄くなった状態
FAGAⅡ型正面から頭頂部が全体的に薄くなった領域が拡大した状態
FAGAⅢ型正面から頭頂部が全体的に薄くなった領域がさらに拡大した状態

この表を見ていただいてもわかるように、FAGAは進行していくにしたがって頭頂部の薄毛範囲が拡大していくことがわかります。頭頂部が薄くなるという点においてはAGAとよく似ており、一般的な女性の薄毛とは異なりますが、毛髪がやせ細ってしまうという女性特有の特徴は残しています。

ですが、髪の毛が減り続けていくAGAに対して、FAGAではそのようなことはありません。これは女性ホルモンの性質によるものであり、加齢に伴うホルモンの減少はあるものの、しっかりと作用し続けているからであると言われています。

薄毛解消のポイントは、何と言っても早期に治療を開始することです。Ⅱ型やⅢ型まで進行している人は、病院に行くのが恥ずかしいなどという思いもあるかもしれませんが、女性の場合は「びまん性脱毛症」や「分娩後脱毛症」など、脱毛の種類が多岐にわたります。

上記の症状に少しでも心当たりのある方は、自己判断で漠然とした治療を繰り返すよりも、一度専門院などに足を運んでみることをおすすめします。

FAGAになる原因

FAGAになる原因は数個に限定されるものではありませんが、その中でももっとも多いケースを見てみましょう。

加齢による女性ホルモンの減少

女性ホルモンは年齢を重ねることで徐々に減少すると言われています。もちろん、個人差はありますが、おおむね35~40歳くらいから分泌量は低下の一途をたどるそうです。卵巣の働きも若いころに比べ活発性を失い、元気がなくなってしまいます。

そうなると、元々体内に潜んでいた男性ホルモンの動きが活発になってきます。若いころと比較し、女性ホルモンの支配力が及ばなくなってくるということです。

過度なダイエットやストレスの増加

最近では10代や20代の人でもFAGAに悩まされる人が多くなってきたと言います。前述では加齢に伴う、いわば自然現象による女性ホルモンの減少についてお話しました。ですが、実は無理なダイエットやストレスの増加による女性ホルモンの減少というケースもあるのです。

ダイエットは過度にやり過ぎてしまうと、栄養不足やストレスを引き起こしてしまい、ホルモンバランスが崩れてしまいます。場合によっては、生理不順等も併発してしまう可能性があるため、本当に気を付けましょう。

ヘアカラーによるダメージ

女性の抜け毛に多い原因として挙げられるものの中でも、もっとも多いのがヘアカラーなどによる抜け毛です。人工的な色素を毛髪内に入れ込んでしまうことになり、髪の健康のバランスが崩れてしまいます。

また、ヘアカラーは頭皮の根本まで色を塗りこむということも行われるため、薬剤が頭皮に付いてしまうことがあります。誰でも一度は美容室で頭皮がヒリヒリするという体験をしたことがあるのではないでしょうか。このような強い刺激によってダメージを蓄積していくことも、FAGAになる一因を作ってしまいます。

おわりに

いかがでしたか?今回は女性男性型脱毛症、通称FAGAについてお話ししてきました。

症状例を見て、少しでもFAGAが気になったという人は、一度専門院などの診察を受けてみましょう。早期に原因を突き止めて、適切な処置をしていくことが薄毛改善の鍵になります。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP