育毛剤にも使われる「アロエ」の発毛効果・効能と副作用

アロエ

美容や健康など、「アロエ」はさまざまな効能を持つことから、いくつもの薬品に使用されています。アロエには、育毛や発毛にも効果があるということをご存じでしょうか。この成分によって薄毛の症状が改善されたというケースも確認されています。

今回は、アロエの薄毛に対する効能や、アロエが含まれている育毛剤などを紹介していきます。

アロエにはどんな効果があるのか

アロエにはどんな効能があるのか

アロエには、「アロイン」と呼ばれる有効成分が含まれています。男性型脱毛症(AGA)の原因のひとつに「5αリダクターゼ」と呼ばれているものがありますが、この成分はこの5αリダクターゼの活動を抑制させる働きを持っています。そのため、アロエはAGAに効果があるものとして注目されるようになりました。

また、アロエには「レクチン」と呼ばれる成分も含まれています。この成分には毛根細胞を活性化させる働きがあり、毛髪の発毛や成長を促します。そして、「ポリフェノール」も有効成分のひとつであり、ポリフェノールは皮膚を刺激することによって血行を促します。血行が促進されれば栄養素が頭部に行き渡りやすくなるため、発毛効果や育毛効果を期待することができます。

他にもフケを抑える効果、菌の繁殖を抑える効果など、アロエには複数の効果があると考えられています。そのため、アロエは5αリダクターゼが原因ではないAGA以外の脱毛症に対しても、効果を発揮することがあります。

薄毛治療に効果があるアロエの種類

薄毛治療に効果があるアロエの紹介

薄毛治療に効果があるアロエの具体的な種類としては、「キダチアロエ」、「アロエベラ」、「ケープアロエ」、「ソコトラアロエ」の四つを挙げることができます。特にこれらの中でも、キダチアロエとアロエベラは効果が高いと言われています。日本の育毛剤に含まれているアロエエキスは、キダチアロエのものが多くなっています。

他の種類に関しては、薬効効果が認められていません。アロエには300種を超えるさまざまな種類が存在しているため、薄毛治療に用いる際には種類を間違えないようにしましょう。

アロエが含まれた育毛剤は塗布タイプが主流!

アロエが含まれた育毛剤<

アロエが使用されている育毛剤の主流は、塗布タイプのものです。内服タイプのものはあまり見られず、アロエ育毛液として販売されている製品が多く見られます。価格については製品ごとによってばらつきがあり、2000円台のものから1万円を超えるものまで、その種類はさまざまです。

アロエ使用の育毛剤は、製品によってはアロエエキス以外の有効成分が含まれていることも珍しくありません。このエキス入り育毛剤を使用するのであれば、他の有効成分にも目を向けながら製品を選びましょう。

アロエエキス入り育毛剤を使用する際の注意点

販売されているアロエエキス入り育毛剤の中には、「アルコール類」や「プロピレングリコール」などが含まれている製品もあります。これらの成分は保存などを目的として使用されていますが、場合によっては頭皮に悪影響を与えてしまう恐れがあるものです。他にもアレルゲンが含まれている可能性があるため、購入前に自分のアレルギー体質をしっかりと把握しておくことが大切です。

また、比較的リスクが低いとは考えられていますが、アロエには「下痢」や「腎臓障害」などの副作用が確認されています。他にも「月経周期を早める」、「妊娠リスクが高まる」などのリスクが懸念されているため、過剰摂取することは避ける必要があるでしょう。

おわりに

ここまで、アロエを使用した薄毛治療について紹介してきました。

天然由来の成分とは言ってもリスクが全く無いわけではありませんし、効果には個人差が見られます。常に自分の頭皮や毛髪をチェックしながら使うことを心がけましょう。

このページを見た人はこんなページも見ています

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP