育毛剤に含まれる「塩化カルプロニウム」の育毛効果・効能と副作用

育毛剤に含まれる「塩化カルプロニウム」の育毛効果・効能と副作用

育毛剤を選ぶときは、購入前に有効成分の種類を調べたり発毛効果をチェックしたりするでしょう。しかしあまりに育毛剤の種類が多すぎて、どれがいいのか分からないという人が多いのです。

まず、よく売れている商品から入ってみようという育毛ビギナーも大勢います。塩化カルプロニウムは、長年育毛剤に含まれてきた成分ですから、効果・効能の信頼性が高い分、ビギナーの方も安心して受け入れやすい成分と言えるでしょう。

塩化カルプロニウムは、脱毛予防効果のある医薬品

男性型脱毛症、円形脱毛症などに処方

塩化カルプロニウムは円形脱毛症や白斑症、AGA(男性型脱毛症)、悪性脱毛症に効果がある医薬品です。男性型の脱毛予防のほか、女性や若者の脱毛予防にも効果がみられ、軽度の脱毛に悩む人に適しています。医薬品として医師から処方されるのは、アロビックス外用液というお薬です。頭皮や髪の毛に直接ふりかけて軽くマッサージします。

塩化カルプロニウムは市販の育毛剤にもよく使われています。市販の育毛剤だと塩化カルプロニウムの含有率は約1~2%、医薬品の「アロビックス」だと5%です。

プロペシアとの併用で効果アップ

塩化カルプロニウムは血流改善によって発毛をうながすタイプの医薬品です。もっと強力に発毛を促したいという人は、かかりつけ医と相談をして、プロペシア(フィナステリド)と併用するとより高い効果が得られます。

ちなみに塩化カルプロニウム単体での発毛効果については、日本皮膚学会がある実験の結果を報告しており、AGAに対して1~6カ月間にわたって5%の塩化カルプロニウム外用薬を使用した場合、プラセボ(偽薬・実際の薬効がない薬)外用と比較して6例中4例に発毛促進効果、あるいは脱毛抑制効果があったそうです。

参考:日本皮膚科学会ガイドライン 男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版)

「塩化カルプロニウムの育毛効果は?

塩化カルプロニウムの発毛のしくみ

塩化カルプロニウムを含む育毛剤を使うことで頭皮の血行が促進される、これが塩化カルプロニウムの発毛の仕組みです。いったいなぜ頭皮の血流がよくなると発毛が促されるのでしょうか。

髪の毛が作られるのは、頭皮にある毛根の毛乳頭細胞や毛母細胞などの細胞分裂によります。いずれも体内の細胞ですから、毛細血管から酸素や栄養素が補給されなければ活性化しません。

塩化カルプロニウムを塗ることで、局所血管拡張作用が促され頭皮の毛細血管が広がり、血流が増加します。血流が増加することで毛母細胞が活性化し、脱毛防止や発毛促進効果につながるとされています。

女性型の脱毛症にもおすすめ

塩化カルプロニウムの特徴は、男性だけでなく、女性の脱毛症にも効果がみられることです。

実験結果では、2%の塩化カルプロニウムにカシュウチンキ、チクセツニンジンチンキといった生薬やヒノキチオールなどを添加した育毛剤を86人に24週間使用してもらった結果、改善率は男性が26.7%、女性では54.5%あったそうです。女性型の脱毛症に効果があるという育毛剤はそうたくさんはありませんから、女性にはかなりおすすめの育毛剤となります。

以上のことを踏まえて、日本皮膚科学会では十分な根拠が見られないとしても、塩化カルプロニウムと生薬の配合を外用療法のひとつとして推奨しています。

塩化カルプロニウムの副作用は?

湯あがりにすぐ塗ると皮膚がピリピリする

塩化カルプロニウムの副作用として、主なものは皮膚症状です。塗布すると頭皮がピリピリしたり、軽いかゆみを感じたりすることがあります。また塗布後すぐに全身の発汗や悪寒、吐き気、嘔吐(おうと)がみられることもあります。

異常があった場合は直ちに使用を中止し、育毛剤を水で洗い流しましょう。こういった副作用はお風呂上がり直後に使用すると強く出る傾向がありますから、入浴してすぐに塗るのではなく、しばらく時間をおいてから使用するようにしましょう。

持病によっては内服できない人もいるが、育毛剤はOK

塩化カルプロニウムは、もともと胃腸に作用する内服薬でもあります。副交感神経に作用して、弱った胃腸の活動を活発にして慢性胃炎の改善をはかります。胃酸の分泌もよくなり、消化をすすめる働きがありますし、弛緩(しかん)性便秘の改善にも用いられるお薬です。

内服の場合は、使用にあたって禁忌とされる人がいます。気管支ぜんそくのある人は気管支粘液の分泌量が増える恐れがありますから処方されません。また甲状腺機能亢進(こうしん)症や消化性潰瘍、重い心臓病、てんかん、パーキンソン病のある人も使用できません。

これらはあくまでも内服のお薬に対しての禁忌ですから、育毛剤を外用で使用する場合は、それほど心配しなくてもいいでしょう。

おわりに

塩化カルプロニウムは、単体で使用した場合の脱毛防止や発毛促進の効果がそれほど高くないとされます。しかし、ほとんどの育毛剤は塩化カルプロニウム単体ではなく、生薬やそのほかの薬効があるものが配合されていますから、総合的な育毛効果をみましょう。

血流の改善による毛母細胞の活性化は、長い目で見れば頭皮環境を良好にして発毛を促進しますし、外用で使用する場合は深刻な副作用の心配もありません。育毛剤ビギナーにとっては非常に使いやすい薬剤と言えます。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP