プロペシアの効果・服用期間・副作用など基礎知識まとめ

プロペシアの効果・服用期間・副作用など基礎知識まとめ

男性に多い悩みのひとつに男性型脱毛症(以下、AGA)と呼ばれるものがあります。簡単に言ってしまえば男性特有の薄毛や抜け毛のことをいいます。男性の方なら一度は耳にしたり、友人同士で話し合ったりした経験があるのではないでしょうか。

近年、AGAの特効薬とも呼ばれるプロペシアという飲む治療薬が非常に注目されるようになりました。プロペシアのおかげで、多くの男性が薄毛の悩みから解放されています。ここではそのプロペシアについて、効果と副作用も交えてお伝えします。

AGAに効くプロペシア

AGAに効くプロペシア

AGAの原因として代表的なものは、男性ホルモンによるもの、加齢によるもの、遺伝的な要素によるものの三つに分けることができます。この三つが複雑に絡みあい、さらに生活習慣やストレスなどが加わることでAGAを発症する可能性が高くなると言われています。

このAGAの効果的な治療薬として日本では2005年から発売開始されたのが、プロペシアです。プロペシアは男性ホルモンに作用する薬であるため、AGA以外の脱毛症には残念ながら効果を期待することはできません。

薄毛が気になり、プロペシアによる治療に興味を持っている方も多いと思います。その場合、治療の第一歩として、まずは自分の脱毛の原因がAGAであるかどうかを知ることからはじめましょう。

プロペシアは「飲む毛生え薬」と呼ばれる?

男性ホルモンの分泌が過剰

AGAは、DHTという男性ホルモンの働きによって起こるものと考えられています。発症する人は、男性ホルモンの分泌が過剰になりすぎてしまい、それが薄毛の原因になっているのです。

プロペシアはこのDHTホルモンの働きを抑え、正常に戻るように働きかけてくれる効能があります。それにより、抜け毛の減少を促します。

他の多くの育毛剤は使用を開始してから、産毛のような柔らかい毛が生えはじめますが、プロペシアの場合は、効果を感じはじめる最初の段階から太くてコシのある毛が生えてきます。使用をさらに続けていくことで、発毛範囲がだんだんと広がり、やがて薄くなった部分全体が毛に覆われていきます。

プロペシアの効果が現れるまでの期間

効果が現れるまでの期間

プロペシアは、継続して服用することで発毛や育毛効果が得られる薬です。続けていくうちに、毛髪が抜け落ちて薄くなった部分からだんだんと発毛するようになります。この発毛の効果は、一般的に6カ月ほどの服用期間が必要だと考えられています。個人差はありますが、多くの服用患者が3カ月ほどで抜け毛が少なくなったことを実感し、6カ月ほどで髪が多少なりとも増えてきたと感じるようです。

また、症状の進行具合が大きい人ほど結果を感じるまでに時間がかかるため、できるだけ早い段階でこの治療を始めることが大切です。

プロペシアの副作用は?

まれに頭痛や腹痛のような症状が見られることも

高い効果が期待できる一方で、副作用も少なからず存在するということも頭に入れておきましょう。プロペシアには、わずかながら副作用があります。

しかし、プロペシアの副作用を経験する人の割合は数パーセントと低く、またその副作用も決して大きなものではありません。一般的にプロペシアは、安全性の高い薬とされています。主な副作用として挙げられるのは、性欲の減退と男性機能の低下です。

また、まれに頭痛や腹痛のような症状が見られることも報告されています。服用を開始して万が一異常を感じた場合はすぐに医師に相談するようにしましょう。いずれにしても個人差があるため、不安になる必要はありません。他の薬と同じように、医師の指導のもと、適切に服用することが大切です。

おわりに

いかがでしたか?AGAの人口の増加とともにプロペシアの認知度は年を追うごとに高くなっています。この治療薬のおかげで、AGA治療が飛躍的に進化したと言えるでしょう。

薄毛が気になりはじめたらまずは早めに医療機関を受診することをおすすめします。一日でも早く治療を開始して、薄毛の進行を食い止めましょう。

このページを見た人はこんなページも見ています

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP