「センブリエキス」の育毛効果・効能と副作用

センブリの花

育毛剤の中には、「センブリエキス」と呼ばれる成分が含まれている製品が見られます。このセンブリエキスには薄毛予防に働きかける効果があり、実際に効果を実感できた方もいます。

今回は、センブリエキスの効果や副作用、使用時における注意点などについて紹介していきます。

センブリエキスとは?

センブリ

センブリエキスは、その名の通り「センブリ」と呼ばれる植物からアルコール抽出されたエキスです。抽出したエキスには苦味が強いという特徴が見られ、1000回同じセンブリを使ってエキスを抽出しても、その苦味が消えないことから名前がつけられました。

センブリエキスには「下痢や腹痛を抑える」、「肝機能を改善する」などの効果があり、漢方薬としても使用されています。また、「血行促進作用」や「毛根細胞や代謝の活性化」、「保湿効果」などの効果も確認されたことから、育毛剤やシャンプーなどに使用されるようになりました。

アルコール抽出が必要になるため、個人ではセンブリエキス単体を使用することは難しいとされています。また、センブリエキス配合の育毛剤の多くがこのエキス以外の有効成分を配合しています。

センブリエキスの効果

センブリエキスの効能

薄毛の主な原因として、男性ホルモンを活性化させる「5αリダクターゼ」と呼ばれている酵素が挙げられます。この酵素は、脱毛作用のあるジヒドロテストステロン(DHT)を体内で生成します。センブリエキスには5αリダクターゼの働きを抑制する効果があるため、DHTの生成を抑えることができ、その結果脱毛の予防につながります。

他の育毛成分の中には副作用のリスクが懸念されているものも多く見られますが、センブリエキスには目立った副作用は無いと認識されています。女性や未成年に対してもリスクが低く、さまざまな方にとって安全性が高いことがセンブリエキスのメリットです。

しかし、使用中に頭皮が荒れる可能性が全く無いというわけではありません。敏感肌、乾燥肌の人が使用すると肌トラブルにつながる恐れがあるため、使用を始めてからしばらくは様子を見ることが大切です。

育毛剤の主成分としては不向き?

センブリエキスの効果

センブリエキスの効果には、個人差が見られます。「あまり効果を感じられなかった」というような声も聞かれますし、すべての人の育毛を約束する成分ではありません。半年〜1年程使用を続けても効果が表れなかった場合には、その後も大きな効果を期待することが難しいと言われています。

また、センブリエキスは育毛剤の「主成分」としては、あまり向いていないと考えられています。センブリエキス単体での育毛効果は、それほど高くないと考えられているためです。薄毛の悩みを解消するためには、「センブリエキス」のみに目を向けるのではなく、他の有効成分にも目を向けることが大切になります。

センブリエキスに副作用の心配はある?

薄毛を改善するため、複数の育毛剤を使用している方は少なくありません。ただし、どのような組み合わせであっても、併用は副作用などのリスクを高めます。目立った副作用が見られないセンブリエキスに関しても、これは例外ではありません。

併用する場合には特に、「成分がかぶること」に注意する必要があります。例えば5αリダクターゼの働きを抑制する成分を二つ同時に使用すると、DHTの生成が抑えられすぎてしまうことによって、弊害が生じかねません。そのため、併用する際には成分の名前だけでなく、成分の働きも細かく確認するように心がけましょう。

おわりに

ここまで、センブリエキスについて紹介してきました。センブリエキスは「天然由来」の成分ではありますが、天然だからといって危険性が無いわけではありません。

使い方次第ではリスクが高まる恐れもあるため、用量や用法は必ず守るようにしましょう。

センブリエキス配合の育毛剤をさがす

このページを見た人はこんなページも見ています

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP