「セファランチン」の育毛効果・効能と副作用

ツヅラフジ科のイメージ

脱毛の種類はさまざまですが、円形脱毛症に悩む人は少なくありません。円形脱毛症の原因はいまだにはっきりと解明されておらず、自己免疫疾患が主な原因ではないかと言われています。

そんな中でも、セファランチンは円形脱毛症に対して、非常に効果が高いと言われる育毛剤です。今回は、セファランチンがどのような仕組みで発毛をうながすのか、気になる副作用なども含めてご紹介します。

セファランチンは血行を改善する育毛剤

セファランチンは植物から抽出されます。原材料はツヅラフジ科の植物の、タマサキツヅラフジの根の部分です。タマサキツヅラフジは台湾の山地に自生する多年草で、漢方の生薬白薬子(ビャクヤクシ)としても知られています。現地では昔から蛇にかまれたときの民間薬として使われてきました。

医薬品としてのセファランチンは、タマサキツヅラフジの根から抽出したアルカロイドもしくは、抽出成分を含んだ医薬品を指します。

医薬品としてのセファランチンは錠剤や注射薬として使用されますが、医薬部外品の育毛剤には、抽出したエキスが含まれているものがほとんどです。

アレルギーを抑えて血行を改善

セファランチンの薬効は、抗アレルギー作用と末梢(まっしょう)血管の拡張、末梢(まっしょう)循環障害の改善などです。血管を拡張して血流をよくする働きがあるため、毛母細胞に酸素と栄養が十分に届きやすくなる効果があります。

そのため、新しい髪の毛を作り出す毛根部分が活性化し、発毛促進効果があるとされます。

錠剤のセファランチンは医師の診察を受けた後に処方してもらいます。成人は1日あたり1・5~2錠が処方され、2~3回に分けて食後に服用します。

セファランチンは、脱毛の原因や症状、服用する人の年齢などによって処方量が増減されます。必ず医師の指示どおりの量を指示された時間に服用しましょう。

結核治療薬でもあり、医薬部外品として育毛剤にも使用

セファランチンは、もともと結核に効果がある薬剤として認められたものです。現在では円形脱毛症や粃糠性(ひこうせい)脱毛症、放射線による白血球減少症、滲出(しんしゅつ)性中耳炎などの治療薬として保険が適用されています。

円形脱毛症や粃糠性(ひこうせい)脱毛症に高い効果

脱毛の原因のうち、円形脱毛症の原因は非常に複雑です。現在では、自己免疫性疾患のひとつではないかと言われています。

自己免疫性疾患とは、本来なら体外から入ってくる敵である細菌やウイルスなどに対してのみ働く生体防御が、体内のものにたいして働くことです。自分自身に対して働いてしまう免疫反応のことを自己免疫と言います。

円形脱毛症の場合は毛包に対して自己免疫が働き、体内で攻撃してしまうために脱毛が起こります。これに対しては男性型脱毛症を対象にした育毛剤ではあまり効果が期待できず、セファランチンのように血管を拡張し、頭皮の環境をよくすることで発毛を促進するほうが効果的だと考えられています。

ひこう性脱毛症にも効果が期待できる

粃糠性(ひこうせい)脱毛症とは、頭皮に脂漏性湿疹ができて大量のふけが出て、毛穴の状態が悪化して脱毛が増える病気です。頭皮に大量の皮脂が分泌されて頭皮をおおっている皮脂膜のバランスが崩れ、頭皮が乾燥して多量のふけが出てくるのです。

ひこう性脱毛症の原因は、頭皮の皮脂腺が活発化するためです。脂っこい食事や精神的なストレスが、直接的な引き金になると言われています。

皮膚科での治療にはセファランチンのほかにグリチルリチン酸ジカリウムがよく処方されます。これらの薬剤には、頭皮上の細菌の増殖を抑えて皮膚をやわらかくする湿潤成分が含まれています。

気になる副作用は

セファランチンの主な副作用としては、食欲不振や胃部不快感、吐き気、下痢、発疹、皮疹、かゆみ、頭痛、めまい、顔や手足のむくみ、月経不順などが報告されています。

これらの副作用は決して頻繁にあらわれるものではありませんが、症状が出たらかかりつけ医や薬剤師に相談しましょう。こういった副作用は、強いアレルギー症状をしめすアナフィラキシー様症状やショック症状の前兆である可能性があるからです。

妊娠中または授乳中はかかりつけ医に相談

セファランチンの使用にあたり、注意が必要なのは妊娠または授乳中の女性です。

円形脱毛症は女性にもよく見られる病気のため、セファランチンを服用している女性もいます。しかし妊娠中のセファランチン投与に関する安全性は確立されていないため、妊娠または妊娠している可能性のある女性に対しては、よほど治療上の有益性が高いと判断されなければ処方されません。

また授乳中の女性についても、動物実験でセファランチンが母乳中に移行するという報告があり、処方されません。

毎日飲む薬がある場合は飲み合わせに注意

セファランチンを内服で使っている場合は、ほかに飲んでいる薬との飲み合わせに注意が必要です。お互いの薬効を高めてしまったり、反対に弱めてしまったりすることがあります。

処方されている薬以外にも、毎日継続して飲んでいる市販薬やサプリがある場合は、セファランチンとの相関性をかかりつけ医に確認しておきましょう。

なお、セファランチンを飲み忘れた場合は、飲み忘れはそのままにして次に処方された1回分だけ飲みます。2回分をまとめて飲むのは絶対にやめましょう。誤って2回分飲んだ場合は、直ちに医師または薬剤師への相談が必要です。

おわりに

育毛には時間がかかります。中でも円形脱毛症は改善までに長い時間がかかることもあり、何度も繰り返すケースも見られます。

処方薬は医師の指示に従って服用し続ける必要がありますし、セファランチンを含む市販の育毛剤も使い続けることで育毛効果が期待できます。いずれにせよ、根気よく続けることが、セファランチンの育毛効果を引き出すことになるのです。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP