「グリチルリチン酸2K」の育毛効果・効能と副作用

甘草のイメージ

育毛に気を使っている方なら、普段から育毛剤やシャンプーなどの成分に注目されているかと思われます。「グリチルリチン酸2K」は育毛剤やシャンプーに配合されていることの多い成分です。

育毛剤やシャンプーに配合されているということは、髪に対して何らかの良い効能があるということが考えられますが、どんな成分なのでしょうか。

今回は「グリチルリチン酸2K」について詳しく解説します。

成分の効能を知れば、育毛剤やシャンプー選びの基準がより明確になるはずです。

グリチルリチン酸2Kってなに?

グリチルリチン酸2Kは正式名称をグリチルリチン酸ジカリウムと言い、漢方や食品などに利用されている甘草から抽出した成分であるグリチルリチン酸とカリウムを融合した成分です。

もともとの甘草の成分であるグリチルリチン酸自体に薬効があるのですが、カリウムと融合することで水に溶けやすくなり、さまざまな製品に加工しやすいという特徴を得ます。

グリチルリチン酸2Kはその効能から医薬部外品原料規格に記載されていて、医薬部外品である育毛剤やシャンプーに多く利用されています。

また、実は甘草は砂糖の100倍以上と言われる甘み成分でもあって、食品にもよく添加されている成分です。意外なところではしょうゆなどにも使われており、私たちになじみ深い成分ともいえます。漢方では内臓の炎症やアレルギーを抑える薬としてよく処方されます。

グリチルリチン酸2Kの育毛効果

グリチルリチン酸2Kの育毛効果として、頭皮環境の悪化を防ぐという役割があります。薬品や強い成分などを使った育毛剤やシャンプーの場合、頭皮に塗布すると強い刺激となって炎症を起こしたり、頭皮環境の悪化の一因となったりすることがあります。

そのような事態を防ぐのがこのグリチルリチン酸2Kです。グリチルリチン酸2Kには強い抗炎症作用がある一方で、その効能は穏やかなので、定期的に利用する育毛剤やシャンプーの成分として配合するのに向いています。

頭皮環境が悪化すると、それが原因となって抜け毛が発生することがあります。せっかく育毛のために利用している製品でそのようなことが起きてしまうと逆効果ですよね。

育毛剤やシャンプーにグリチルリチン酸2Kが配合されているのは、そのような事態を防ぐためと考えて良いでしょう。

グリチルリチン酸2Kの副作用

グリチルリチン酸2Kの副作用として有名なものに「偽アルドステロン症」があります。

これは身体がアルドステロンというホルモンが分泌されていると勘違いして、血圧を上昇させたり身体がむくんでしまったりする症状です。

偽アルドステロン症は、グリチルリチン酸2kの1日の摂取量が40mgを超えた場合に発症する可能性があります。しかし、これはあくまでも服用した場合の副作用なので、育毛剤やシャンプーに配合されているものについてはほとんど心配する必要はありません。

頭皮に塗布して使用する限りにおいては、ます副作用の心配はないと考えていいでしょう。もともと食品や薬品として広く使われている成分でもあるので、よほどのことがない限り人体に悪影響を及ぼしにくい成分です。

グリチルリチン酸2Kを上手に利用しよう

グリチルリチン酸2kは、単独で使用する場合には育毛効果とはあまり関係のない成分と言えます。しかし育毛効果がある薬剤と併用することで、育毛効果を補助する役割を果たすことができます。

どれほど効果のある薬剤でも、頭皮環境が悪化してしまうようでは薄毛をかえって促進してしまうことになります。しかし、グリチルリチン酸2kを塗布することで炎症を防いで頭皮環境を整え、育毛効果を発揮することができるのです。

特に皮膚が弱い人、育毛剤やシャンプーで頭皮が赤くなるという経験をしたことがある人は、成分欄にグリチルリチン酸2kが含まれているものを選ぶようにしてみてください。

同じ効能のものでも、炎症などの症状を起こさずに効能を実感できる可能性が高くなります。育毛剤やシャンプー類は、一つの成分の効果だけでなく、複合効果でより高い効能を発揮するので、このような補助的成分も大切な役割を持っているのです。

おわりに

育毛剤やシャンプーに含まれている成分にはそれぞれ役割があります。その全てが育毛に直接関係する成分ではないのですが、育毛効果を発揮しやすくするための成分として配合されています。

グリチルリチン酸2kはまさにそのタイプの成分で、頭皮環境を整えて、炎症による抜け毛を防ぐ役割を持っています。薄毛になる人の頭皮環境には問題があることが多く、鏡で見てみると赤っぽくなっている場合がよくあります。

頭皮環境自体は薄毛に直接関係ないとされていますが、頭皮環境の悪化が巡り巡って結果的に育毛を妨げる要因となってしまうことも知られています。薄毛の原因の一つである血流の不全も、頭皮環境の悪化によって引き起こされるものです。

毛細血管が破損したり、皮膚が硬化してしまったりすることで、髪は十分に栄養を補給することができずやせ衰えてしまいます。グリチルリチン酸2kなどの補助成分を塗布することによって頭皮環境を守ることは、育毛にとって大切なことと言えるでしょう。

グリチルリチン酸2K配合の育毛剤をさがす

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP