フィッシュオイルに含まれるDPA・EPAが育毛にいいって本当?

EPAを多く含むイワシ

DPA、そしてEPAという成分を知っていますか?いわゆるフィッシュオイルと呼ばれるものですが、血流の状態を改善する油と言われています。魚の油と言うと頭の働きをよくすると言われているドコサヘキサエン酸(DHA)が有名ですね。

DPAとEPAもこのDHAと同じ仲間です。そんなDPAとEPAが、育毛に効果があると評判になっています。

育毛には摂取する食べ物の影響がとても大きく反映されます。そのため、食事をおろそかにすると薄毛が進行してしまうことがあります。逆に言えばきちんと意識して食事をとることで、髪の育成を支援することができるのです。

今回は、DPAとEPAの効能とその育毛効果、また、必要量を摂取するにはどうすればいいのかをご紹介します。

DPA・EPAとは?

DPAとEPAは共に青魚などに含まれる不飽和脂肪酸と呼ばれる油です。DPAはドコサペンタエン酸、EPAはエイコサペンタエン酸と言うのが正式な名称になります。

不飽和脂肪酸というのは簡単に言うと体内で固まらない油のことです。逆に飽和脂肪酸というものもあって、こちらは体内で固まってしまう油で、ラードやバターなどの動物性の油がこれにあたります。

また、不飽和脂肪酸の中にも種類があり、DPAやEPAはオメガ3脂肪酸と呼ばれています。オメガ3脂肪酸はアレルギーを緩和したり、血流を改善したりする効能があり、不足するとアレルギー体質になったり、血栓ができたりと、身体の状態が悪化してしまうとされています。

人間はオメガ3脂肪酸を体内で生成できないので、食事で摂取するしかありません。昔は日本人は魚を主体に食事をとっていましたが、現代では魚の摂取が減って来ているため、アトピーや花粉症に、そして血液が固まりやすいドロドロの状態になりやすい体質になったのでは?と考えられています。

DPA・EPAが育毛にいい理由

DPAとEPAの主な効能は血流をよくすることです。その中でも血をきれいにする効能はDPAが最も高く、血管の詰まりを防ぎ、抗アレルギー作用を高める効能はEPAが高いとされています。

血液の流れをよくすることで、加齢や環境によって傷みやすい毛細血管の劣化を防ぐことができます。薄毛の大きな原因の一つに、育毛のための細胞に毛細血管を通じて栄養が届かなくなるというものがあるのですが、DPAとEPAはその状態になることを防ぐことができます。

薄毛治療をした経験がある人なら説明を受けたことや治療をしたことがあるかもしれませんが、内服薬での薄毛治療の方法は、血管を拡張させて血流をよくすることを中心にしています。血流の改善が薄毛の改善につながる場合が多いからです。

そのため、DPAやEPAの含まれるフィッシュオイルを摂取することで、血流を良い状態で保持して、薄毛を予防することが可能です。また、血流を健全に保つことで育毛だけでなく身体全体の健康も保つことができるので、できるだけきちんと摂取しておきたい成分と言えます。

青魚を食べる?サプリでとる?

EPAは青魚に普通に含まれている魚の油で、だいたいいわし1匹を食べると1日に必要な摂取量はとれるという計算になります。ただしDPAは魚にはほとんど含まれていないため、摂取しておきたいと思う場合にはサプリに頼らざるをえないでしょう。

血液をさらさらにする効能に関して言えば、DPAはEPAの10倍ほどの効能があるので、ある程度はサプリで補ったほうがいいかもしれません。

また、バターやラードなどの飽和脂肪酸はさまざまな料理や加工品に使われているので、それと意識しないうちに口にしていますが、不飽和脂肪酸は意識して摂取しないと不足しがちです。青魚を積極的に食べるようにしましょう。

おわりに

育毛において血流をよくすることは最も大切なことと言えます。髪を育てる栄養は血流に乗って運ばれてくるため、栄養が髪を作る細胞に到達しなければ髪は育ちません。

さらに毛根部分に栄養を補給する毛細血管自体が劣化してしまうと、最悪の場合、髪を作る細胞が死んでしまうこともあります。その対策として、主に青魚に多く含まれるフィッシュオイルであるDPAやEPAを摂取して、血管や血流を守るようにしたいものです。

人の体内で生成できないDPAやEPAは、食物かサプリで摂取するしかありません。薄毛を予防し、健康な髪の毛を育成するためにはできるだけ頻繁に青魚を食べ、足りない分はサプリに頼ることも考えるべきでしょう。

人気の育毛サプリメントをさがすならこちらから

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP