「糖化」が原因で毛髪が薄くなる現象が進行する?糖化の基礎知識と5つの対策法を伝授

食パンの焦げ目

「糖化」という言葉を聞いたことがありますか?簡単に説明すると、体を老化させる原因といって良いでしょう。パンやスイーツなどにわざと焦げを作って味わいを楽しむものがありますが、あの焦げのようなものが糖化した物質です。

体の中の糖とタンパク質が結びついて、それが熱せられることで「糖化」が発生し、AGEs(最終糖化生成物)という物質に変化します。これはシミやシワ、くすみなどの原因となる女性にとって天敵のような物質です。

そして、これは白髪や毛髪が薄くなる原因にもなるのです。この「糖化」をいかに避けることができるかで、毛髪が薄くなる現象の進行を抑え、その人の元気・健康を保(たも)つことができます。「糖化」が進むと、顔は真っ黒でシワシワ、髪はスカスカでツヤのない白髪になってしまいます。

とても恐ろしいですよね。「糖化」は毛髪が薄くなる原因というだけでなく、体全体の老化に関わる問題です。そこで「糖化」について詳しく解説しますので、「糖化」を避ける方法をぜひ学んでみてください。

「糖化」は頭皮環境を悪くさせる

「糖化」がどう毛髪が薄くなるのに影響するかというと、髪を支えるどだいであり、髪を生産する毛包を守っている頭皮を衰えさせてしまうということが最大の問題となります。

「糖化」というのは、いうなれば焦げ付いた状態なので、体内物質が「糖化」すると固くハリがなくなり、もろくなります。体内物質が固くもろくなってしまえばその間を通っている血管も硬くもろくなります。

そうすると血もうまく流れなくなり、頭皮の血行が悪くなるというわけです。髪の育成には血流が健全であることが大切です。髪の養分も、髪を作るための素材も血によって運ばれるからです。

しかし「糖化」によって頭皮が衰えてしまえば、血行の悪くなった髪の生産能力は一気に落ちてしまいます。また髪を支える頭皮が固く、もろくなってしまえば、髪ももろくなるのです。

根っこの部分である毛根が養分不足で衰えてしまえば、どだいがもろくなった頭皮では髪を支えきれません。髪が抜けやすくなるのは当然ともいえます。

これらの理由から、「糖化」は毛髪が薄くなる現象を促進するものなのです。髪の健康な育成を目指す場合には避けて通れない、克服すべき事態といえるでしょう。

「糖化」を防ぐためにできること

体が「糖化」しやすくなる条件はいくつかあります。まず代表的なものが、「糖化」した食品を食べることで「糖化」した物質であるAGEsを取り込むことです。次に血中に糖が多い状態が続くことや、紫外線を多く浴びることが上げられます。

つまりこれらの条件を満たさないことが大切になるのです。そのことを踏まえた上で、糖化対策を考えましょう。

糖質制限する

基本中の基本ですが、糖質の高いものを食べなければ「糖化」は起こりにくいと考えていいでしょう。できるだけ糖質の高いものを避ける、糖質制限を行うことから始めてみましょう。

よくかんで食べる

よくかんで食べるのことは単純ですが、血糖値の急激な上昇を抑える手段としてメリットがあります。さらによくかむことでヒスタミンの分泌が促されて、少ない量でも満腹に感じることができます。そうなれば、過剰に食べて糖質をたくさん取り込んでしまうことも避けられます。

食べる順番を考える

血糖値を上げないようにするには、糖質を制限することも大切ですが、食事をとる順番を考えることも重要です。

最初は血糖値の上がりにくく、なおかつ血糖値の上昇を抑えてくれる野菜などの食物繊維食品を食べます。次に髪や体の材料になるタンパク質を食べて、最後に糖質の多い炭水化物食品を食べるようにします。

これだけでも血糖値の急激な上昇は避けることができるのです。

紫外線を避ける

紫外線が当たると、その部分の「糖化」が急激に進んでしまいます。そのため、頭皮に紫外線が当たらないようにしましょう。帽子をかぶる、日傘を差すなどの日光対策が必要です。

アーモンドを食べる

アーモンドには多くの脂質が含まれていますが、その大部分がオレイン酸という不飽和脂肪酸です。このオレイン酸は糖が体に吸収されるのを阻害します。つまり甘いものを食べても、アーモンドを一緒に食べることで糖の吸収を防いでくれるというわけです。

おわりに

「糖化」は体を老化させる原因の一つであり、頭皮が「糖化」すると髪が成長するのを阻害する環境ができあがってしまいます。

「糖化」は、体の中にある糖がタンパク質と結びついて体内の熱によって焦げてしまうことで生じます。糖化した物質は、AGEs(糖化最終生成物)といい、固くてもろい存在です。

体が「糖化」すると、その組織は硬化してしまい、柔軟な機能を失います。「糖化」は、紫外線を浴びることでも発生するので、頭皮に日が当たる状態が続くと、頭皮はどんどん「糖化」してしまいます。

固くもろくなってしまえば、髪にとって大切な養分や、成長するための材料も髪を生み出す毛母細胞に届かなくなります。そして頭皮の「糖化」は、髪のどだいを弱めることでもあるのです。そうなると、頭皮は髪を支えられなくなってしまいます。

健康で強い髪を守り、毛髪が薄くなるのを避けるためには、「糖化」を避けなければなりません。糖質を制限し、血糖値を上げないようにして、「糖化」をできるだけ避けましょう。髪の成長のためには頭皮環境を守ることは、とても重要です。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP