「壮年性脱毛症」の原因とは?壮年性脱毛症の症状と治療法

「壮年性脱毛症」の原因とは?壮年性脱毛症の症状と治療法

壮年性脱毛症は青壮年に多く見られる脱毛症であり、「男性型脱毛症」や「若はげ」とも呼ばれています。30代以降の男性に発症する脱毛症の約9割が、壮年性脱毛症であると言われています。

ここでは、この脱毛症の原因や症状、治療法について紹介していきます。

壮年性脱毛症の原因

壮年性脱毛症の原因は、男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)と言われています。DHTには脱毛作用があり、女性の体内にもDHTは存在しています。そのため、女性もこの脱毛症を発症してしまうことがあります。

DHTは「テストステロン」に「5αリダクターゼ(還元酵素)」が働きかけることによって、生成されます。テストステロンのこの変化は、30〜40代の壮年期に始まることが多いと言われていますが、中には20代で始まってしまう方も見られます。20代で壮年性脱毛症と同じ症状が見られる場合、それは「若年性脱毛症」と呼ばれています。

また、遺伝も壮年性脱毛症の原因のひとつとして考えられています。

壮年性脱毛症の症状

壮年性脱毛症では、前頭部や頭頂部を中心に薄毛が進行していきます。左右対称に進行することが多く、円形脱毛症のように複数の箇所で脱毛が進むというケースはあまり見られません。

壮年性脱毛症は、症状の進み方によって二つの種類に分けられています。一つ目は「M字型脱毛症」と呼ばれているものであり、このタイプではそりこみ部分から症状が進んでいきます。額の中心には髪が残るため、正面から見ると「M字」のように見えます。

それに対し、額の中心から薄毛が進行するものは「U字型脱毛症」と呼ばれています。そりこみ部分が残ることから、正面から見ると「逆U字」のように見えることが特徴です。

また、ヘアサイクルを短縮させることも、壮年性脱毛症の症状です。ヘアサイクルが短くなると、髪の毛は十分に成長することができません。その結果、髪の毛が細くなったり、発毛する毛穴が減少したりしてしまうのです。

壮年性脱毛症の治療法

壮年性脱毛症の治療法としては、「フィナステリド」の内服治療を挙げることができます。フィナステリドは5αリダクターゼの活動を抑制することによって、DHTの生成を抑えます。

フィナステリドが含まれた育毛剤は、日本では「プロペシア」という名前で販売されています。国内でこの育毛剤を入手するには、原則医師の処方箋が必要です。

また、プロペシアのジェネリック医薬品には「フィンペシア」、「エフペシア」などが存在しています。ただし、これらの育毛剤は国内では取り扱われていないため、入手するには「個人輸入」をする必要があります。また、フィナステリドを女性が使用することは、基本的に禁止されています。

「ミノキシジル」が含まれている育毛剤も、壮年性脱毛症の治療に効果があると言われています。この成分には血管を拡張する作用があり、毛髪の成長を促進させることができます。

国内では「リアップ」という製品が販売されており、フィナステリド同様ジェネリック医薬品もいくつか存在しています。フィナステリドとミノキシジルの「併用」は治療効果が高いと言われていますが、併用することによって副作用や後遺症などのリスクは高まります。

また、軽い運動をして新陳代謝を向上させたり、頭皮マッサージによって血行を促進させたりすることも、治療効果があると言われています。

おわりに

ここまで、壮年性脱毛症についてのお話をしてきました。この脱毛症の原因は、簡単には取り除くことができないと言われています。

ただし、頭皮環境を整える努力をしたり、毛髪や頭皮へのダメージを抑えたりすることによって、進行を食い止められる場合もあります。そのため、発症したからといって諦めず、これからどう行動するべきなのかについて考えていきましょう。

このページを見た人はこんなページも見ています

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP