「老人性脱毛症」の原因とは?老人性脱毛症の症状と治療法

「老人性脱毛症」の原因とは?老人性脱毛症の症状と治療法

60歳を超えると、身体のさまざまな機能が衰えてきてしまうものです。中には身体の衰えによって、頭髪が抜けてしまうといったことに悩まされている方もいます。このように、60歳を超えてから発症する脱毛症のことを「老人性脱毛症」と言います。

ここでは、この老人性脱毛症の原因や症状、治療法について説明していきます。

老人性脱毛症で現れる症状

老人性脱毛症で現れる症状

老人性脱毛症は、円形脱毛症のように特定部位が薄くなる脱毛症ではありません。全体的に脱毛が進んでしまうことが特徴であり、髪の毛のボリュームが徐々に減っていきます。そのため、髪の毛をセットするとぺったんこになってしまったり、髪をかきわけた際に地肌が見えやすくなったりしてしまうのです。

また、髪の毛のハリやコシがなくなってくることも、この脱毛症の特徴です。一本一本の髪の毛の元気がなくなっていき、症状が進むと次第にその部位の毛髪が生えてこなくなってしまいます。その結果、頭部の全域で「ハゲた」状態が生成されてしまう恐れもあります。

60歳を超えると発毛や育毛の機能も衰えてきているため、老人性脱毛症は簡単に治療できるものではありません。患者の中には、何年もの間老人性脱毛症に悩まされる方もいます。進行の個人差が大きいことも、この脱毛症の特徴のひとつと言えるでしょう。

老人性脱毛症の原因

老人性脱毛症の原因

老人性脱毛症の根本的な原因は、ずばり「老化」です。老化というものは誰にでも生じるものであるため、老人性脱毛症は誰でも発症してしまう恐れがあります。

人間は老化が進むと、新陳代謝が衰えたり、体内物質が少なくなったりしてしまいます。新陳代謝や体内物質は毛髪を発毛、育毛するために必要不可欠のものであるため、老化が進むにつれて脱毛も進んでしまいます。その結果として脱毛が顕著に表れ、老人性脱毛症と診断されます。

他にも血行が悪くなること、細胞分裂の低下なども頭皮には悪い影響を与えます。このように老人性脱毛症の原因にはさまざまなものがあるため、全てを一度に解決することは難しいのです。

また、一度完治したとしても再び悩まされる可能性があることも知っておかなくてはなりません。老化という現象は完全に食い止めることはできないため、年齢を重ねれば重ねるほど老人性脱毛症が発症してしまう可能性も高くなっていきます。

老人性脱毛症を治療するには?

老人性脱毛症を治療するには?

老人性脱毛症の治療法としては、育毛剤を使用することが挙げられます。育毛剤によって不足している栄養素などの成分を補い、発毛や育毛を促す成分もとることができれば症状が改善される可能性があります。

栄養成分が豊富な育毛剤をさがす

ただし、60歳を超えているとなると若い方より内臓などが衰えているため、育毛剤による副作用のリスクも年齢を重ねているほど高くなっていきます。育毛剤には内臓に負担をかけるものも見られるため、育毛剤の使いすぎには注意をしなくてはなりません。

食生活を改善することも、治療に効果的な手段です。老化によって不足している栄養素を意識して多くとることによって、頭皮環境を改善できる可能性があるためです。食生活を改善するだけであれば、育毛剤のようなリスクを背負う必要もありません。

軽い運動を定期的にすることによって、新陳代謝をあげることも治療法のひとつとして考えられています。老化が進んでいる身体であっても運動をすることによって新陳代謝をあげることはできるため、ウオーキングなどの軽い運動を日常に取り入れてみましょう。

おわりに

老人性脱毛症は、一度発症してしまったからと言って諦めてはいけません。高齢者でも回復できる見込みがありますし、努力によって症状を軽くすることは可能です。もし発症してしまったら医師の診断を受けた上で、積極的に今回紹介した対処法を試してみましょう。

このページを見た人はこんなページも見ています

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP