「粃糠性(ひこう性)脱毛症」の原因とは?ひこう性脱毛症の症状と治療法

鏡を見る女性

脱毛症のひとつに、ひこう性脱毛症というものがあります。この脱毛症は女性の脱毛の原因となりやすい病気であり、脂漏性脱毛症など他の脱毛症と併発することも多くあります。 ここでは、ひこう性脱毛症の症状や原因、そして治療法などについて紹介していきます。

ひこう性脱毛症の症状って?

ひこう性脱毛症になると、頭皮に炎症が起きます。その炎症によって発毛、そして育毛が阻害されてしまい、さらなる脱毛を引き起こしてしまいます。

この症状については他の脱毛症でも見られる場合がありますが、ひこう性脱毛症最大の特徴はかさぶた状のフケが発生することです。かさぶた状のフケがさらに毛穴を詰まらせてしまいますし、無理に取ろうとすると頭皮にダメージを与えてしまい、さらなる炎症を引き起こしかねません。そのため、この脱毛症では正しい方法で治療をすることが重要になります。

また、かゆみを伴うこともひこう性脱毛症の症状のひとつと言えます。かゆみに耐え切れずかいてしまうと、これも頭皮にダメージを与えてしまうことになるため、この脱毛症は厄介な病気として認識されています。

ひこう性脱毛症は何が原因なの?

ひこう性脱毛症の直接的な原因は、頭皮に発生した「フケ」にあります。フケが大量に発生すると、そのフケが毛穴を防ぐことによって菌が繁殖しやすくなってしまい、頭皮が炎症を起こしてしまうのです。その結果として、脱毛という症状が引き起こされます。

では、ひこう性脱毛症を発症した方は、なぜフケが大量に発生してしまったのでしょうか。これは、「清潔に保ちすぎている」ことが原因であると言われています。頭皮をシャンプーなどによって激しく洗浄してしまうと、その分頭皮は乾燥しやすい状態になってしまいます。

乾燥した頭皮にはフケが生じやすいため、きれいにするためにシャンプーをしたつもりであっても、結果としてそれがフケを発生させてしまうことにつながってしまうのです。

また、ホルモンバランスの異常も原因のひとつと言われています。他にもヘアカラーやパーマを何度も繰り返すなど頭皮に大きな負担を与えると、ひこう性脱毛症を発症する可能性が高くなってしまいます。

ひこう性脱毛症はどうやって治療するの?

医師の診断を受けてひこう性脱毛症と見なされた場合には、ステロイドが含まれた薬品が処方されることが多くなっています。ステロイドには炎症を抑える効果があるため、その炎症を抑えることによって症状を軽くすることができるのです。また、かゆみがある場合には抗ヒスタミン薬も処方されることがあります。

しかし、これらの薬を使ったからと言って、必ずしも完治するというわけではありません。特にステロイドは根本的な解決にはならないという見方もされており、人によっては症状が慢性化してしまったり、治療に長い時間がかかったりしてしまう場合もあるのです。

そのため、ひこう性脱毛症になったのであれば自分でも頭皮環境を整えるよう努力をすることが大切です。今までシャンプーなどの頭皮洗浄を過度に行っていた場合には、少しその回数を減らすことを心がけてみましょう。

また、シャンプーなど頭皮を洗浄するものを、刺激の弱いものへと変えることも効果的です。特に敏感肌、乾燥肌の方は周りがよく使用しているようなシャンプーであっても頭皮に大きなダメージを与えてしまうことがあるため、刺激の弱いシャンプーに変えることを積極的に検討してみましょう。

低刺激の育毛シャンプーをさがす

おわりに

ひこう性脱毛症は発見が初期であればあるほど、治療にかかる時間を短縮できます。「最近フケが多いな…」と感じたら危機感を持ち、できるだけ早く医師の診断を受けることを心がけましょう。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP