「脂漏性脱毛症」の原因とは?脂漏性脱毛症の症状と治療法

「脂漏性脱毛症」の原因とは?脂漏性脱毛症の症状と治療法

皮脂は肌荒れやニキビなどの原因にもなるものですが、薄毛の原因にもなるということをご存じでしょうか。

過剰に分泌された皮脂が原因となる脱毛症を、「脂漏性脱毛症」と言います。他にも皮脂が原因となっている脱毛症はありますが、脂漏性脱毛症では大量発生した皮脂を肉眼で確認することができます。

今回は、この脱毛症の症状や原因、治療法などについて説明をしていきます。

脂漏性脱毛症になるとどんな症状が生じるの?

脂漏性脱毛症になるとどんな症状が生じるの?

脂漏性脱毛症になると、過度に発生した皮脂によって頭皮の毛穴が塞がれてしまいます。その毛穴を塞いでいる皮脂が毛髪の成長を阻むことになるため、通常のように健康的な毛髪が生えづらくなってしまうのです。

また、過剰な皮脂が毛穴に溜まると、その部分は炎症を引き起こしやすくなります。炎症を引き起こすことによって毛穴にさらにダメージが与えられ、髪の毛を支えることができなくなってしまった毛穴から毛が抜け落ちてしまうのです。

このように、脂漏性脱毛症には毛髪の成長阻害と脱毛というふたつの症状があります。このふたつの症状によって薄毛の進行に拍車がかかってしまい、頭皮の環境が整うまでは同じ症状が続いてしまうのです。

脂漏性脱毛症になる原因は?

脂漏性脱毛症になる原因は?

脂漏性脱毛症の原因は、ホルモンのバランス異常と言われています。男性が多く持っている男性ホルモンは皮脂の分泌に関係があると言われており、この男性ホルモンのバランスが崩れることによって皮脂の過剰分泌が生じてしまうのです。そのため、一度頭皮をきれいにしたとしても、ホルモンのバランス異常が原因である場合には根本的な解決につながらない可能性があります。

また、洗髪を長期間行わない、定期的に行わないことによって、頭皮環境が悪くなってしまった場合も、この脱毛症を発症することがあります。一度発症してしまうと長期間症状が続いてしまう恐れがあるため、定期的にシャンプーなどをして頭皮を清潔に保つことが大切です。

清潔ではない頭皮にはダニ類も繁殖しやすく、このダニ類が毛穴を塞いでしまうことも脂漏性脱毛症の原因と言われています。目に見える汚れ、触ってわかる汚れなどを落とすだけでなく、目に見えないダニ類も落とすために丁寧に頭皮を洗うことが防止につながるでしょう。

脂漏性脱毛症はどんな治療をすれば治るの?

脂漏性脱毛症はどんな治療をすれば治るの?

医師の診断を受けて脂漏性脱毛症と発覚した場合には、抗炎症剤や抗生物質を服用することによって治療していくことになります。通う病院の科目としては、皮膚科が望ましいと言えるでしょう。

また、自分の努力でこの脱毛症の症状を改善させることも可能です。適度な運動を日頃から心がけることによって新陳代謝をあげることができますし、汗もかくことによって毛穴に皮脂が詰まりにくくなります。それに加え油分を摂りすぎない食生活を心がければ、皮脂の分泌もある程度は抑えることができます。

脂漏性脱毛症の治療法として、半身浴も効果的な手段のひとつと言えます。半身浴をすれば全身の血行をよくすることができ、頭皮からも多くの汗をかくことができます。さらに新陳代謝も向上するため、半身浴は脂漏性脱毛症に対して効果が高いと言われています。

ビタミンBが多く含まれているサプリメントを使用することも、この脱毛症に効果があると言われています。ビタミンBには新陳代謝を促す効果があるため、皮脂が詰まりにくいように頭皮環境を整えることに役立ちます。日頃の食事メニューを見直し、ビタミンBを多く取り入れることも効果的な治療法と言えるでしょう。

人気の育毛サプリメントをチェックする

おわりに

薄毛の悩みを解決するためには、脂漏性脱毛症になってから対策をするのではなく、この脱毛症にならないための対策をすることが大切です。普段から頭皮環境や新陳代謝、血行などを意識し、自分の生活スタイルを一度見直してみましょう。

このページを見た人はこんなページも見ています

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP