「ストレス性脱毛症」の原因とは神経性脱毛症の症状と治療法

「ストレス性脱毛症」の原因とは神経性脱毛症の症状と治療法

ストレスが脱毛の原因になることをご存じでしょうか?ストレス性脱毛症は別名「神経系脱毛症」とも言われており、現代病のひとつとして数えられています。老若男女問わず、この脱毛症に悩まされている方は多くいるため、どんな年齢や性別であっても安心することはできません。

ここでは、ストレス性脱毛症の原因や症状に加えて、治療法も説明していきます。

ストレス性脱毛症の原因は何だろう?

ストレス性脱毛症の原因は何だろう?

ストレス性脱毛症の根本的な原因は、その名の通り「ストレス」にあります。

仕事や家事などで過度のストレスがたまると、それが脱毛につながってしまう恐れがあります。ストレスの原因には他にも人間関係や育児などさまざまなものがあり、日常生活を過ごしているだけでストレスを感じているといった方も少なくありません。

人間は強いストレスを感じると、血管が収縮してしまいます。血管が収縮すると血行が悪くなりますし、頭部に栄養を送る機能も低下していきます。その結果、毛が抜けてしまったり、毛の発育が悪くなったりしてしまうのです。また、ストレスは発毛や育毛に必要な細胞分裂も低下させてしまいます。

他にも食生活、生活習慣なども原因として考えられています。ストレスが原因で食生活や生活習慣の乱れが生じ、その結果として症状の悪化が進んでしまう場合もあります。このようにストレス性脱毛症は複数の原因が絡み合って発生することもあるため、簡単に完治させることが難しい脱毛症と言われています。

ストレス性脱毛症になるとどんな症状が出るの?

ストレス性脱毛症の原因は何だろう?

ストレス性脱毛症の初期状態では、円形脱毛症のように特定箇所の脱毛が進んでいきます。いきなり全身の脱毛が進むという病気ではないため、自覚することが難しいケースも見られます。発覚が遅くなるとその分治りも遅くなりますし、完治する可能性も低くなるため、厄介な病気であると見られているのです。

脱毛の範囲が不明瞭であることもこの病気の特徴のひとつです。生え際のみ、後頭部のみというように特定の部分だけに症状が現れるというわけではなく、進行によっては頭部のさまざまな箇所に症状が発展してしまう恐れがあります。この病気では不正形線上など不規則に脱毛が進んでいくケースが多いため、そのような症状が見られた場合にはストレス性脱毛症を疑いましょう。

ストレスが原因であるため、その原因を取り除かない限りは症状が長引きやすいという点も、この病気が厄介と言われているゆえんです。仮に一度完治したとしても、強いストレスを感じることによって再び発症してしまう恐れもあるでしょう。

ストレス性脱毛症の治療法は?

ストレス性脱毛症の治療法は?

ストレス性脱毛症を治すためには、まずは根本的な原因となるストレスを排除することから考えなくてはなりません。人がストレスを感じてしまうシチュエーションにはさまざまなものがありますが、その中でも特に強いストレスを感じているシチュエーションを見極め、それを排除することが必要になります。

また、ストレス解消に効果のある行動を取ることも治療につながります。軽い運動をしたり、趣味の時間を増やしたりすることがストレス解消につながるとされています。ストレス解消の方法は人によって異なるため、自分なりの解消法を見つけることが大切です。

しかし、中にはストレスを排除することが難しい方もいます。そのような方の治療法としては、ストレスホルモンを抑制するタイプの育毛剤を使用するという手段が挙げられます。ただし、残念ながらこの方法は根本的な解決にはつながりません。

おわりに

ストレス性脱毛症は、誰にでも発症する可能性がある脱毛症のひとつです。「少し抜け毛が気になってきた」と感じたらすぐに脱毛症であることを疑い、できるだけ早く医師の診断を受けて治療をスタートさせることを心がけましょう。

このページを見た人はこんなページも見ています

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP