「けん引性脱毛症」の原因とは?けん引性脱毛症の症状と治療法

「けん引性脱毛症」の原因とは?けん引性脱毛症の症状と治療法

世の中には脱毛症に悩んでいる女性も多く見られますが、女性が発症する脱毛症のひとつに「けん引性脱毛症」と呼ばれているものがあります。男性にも稀に発症するケースは見られますが、患者のほとんどは女性であるため「女性脱毛症」のひとつとして数えられています。

今回は、このけん引性脱毛症の症状や原因、治療法などについて紹介をしていきます。

けん引性脱毛症の主な症状

けん引性脱毛症の主な症状

けん引性脱毛症を発症すると、特定部位の生え際や分け目などを中心に毛髪が薄くなっていきます。いきなりはげた部分が表れるわけではなく、細くて短い毛髪が徐々に目立ってくるといったケースが多くなっています。広範囲に進行する脱毛症ではありませんが、人によっては発症した部位の周辺にも影響が出てしまうこともあります。

患者の中心は成人女性ですが、中には乳幼児が発症するケースも見られます。適切な治療を施せば、脱毛症の中でも発症期間はそれほど長くありません。

けん引性脱毛症の原因は?

けん引性脱毛症の原因は?

けん引性脱毛症の主な原因は、頭皮への「物理的な刺激」です。例えば髪の毛を引っ張ったり、ゴムなどで強く縛りすぎたりすると、頭皮には物理的な力がかかってしまいます。

この物理的な力によって、力を受けた部位やその周辺の血行は悪くなります。髪の毛を育てるのに必要な栄養素は血液によって運ばれてくるため、血行が悪くなると育毛や発毛がスムーズに進まず、その結果薄毛につながってしまうのです。

そのため、髪の毛が引っ張られる髪型には注意しなくてはなりません。主に「ポニーテール」や「ツインテール」など、多くの髪の毛を束ねて縛る髪型は、けん引性脱毛症につながりやすいと言われています。

頭皮に物理的な刺激がかかったからと言って、すぐに発症する脱毛症ではありません。長年同じ部位に力がかかることによって発症するケースが多く、子供の頃から同じ箇所で結ぶことが多い方は注意が必要です。

また、枕との摩擦も原因のひとつと言われています。髪の毛の長さや寝る時の姿勢によっては、無意識のうちに髪の毛が引っ張られてしまうことがあります。 そのため、乳幼児もけん引性脱毛症を発症する可能性があると言われています。

けん引性脱毛症はどうやって治療するの?

けん引性脱毛症の原因は?

この脱毛症を治療するには、原因である物理的な力を避ける必要があります。まずは、頭皮に負担がかからないような髪型にすることを意識してみましょう。

また、頭皮にかかる力は髪の毛の長さに比例するため、髪の毛の長さを短くすることも症状の改善につながります。

どうしてもポニーテールやツインテールなどの髪型を楽しみたいのであれば、結び目を毎回変えることを意識してみましょう。結び目を変えれば特定部位のみに力がかかることを防ぐことができます。

また、分け目を変えることも効果があると言われています。常に同じ分け目にしていると、同じ方向に髪の毛の重みがかかってしまいます。分け目を変えて負担のかかる方向を変えることによって、血行を促すことにもつながります。

「頭皮マッサージ」も、けん引性脱毛症の治療には効果的です。程よい力で定期的にマッサージをすれば、血行を促すことができるためです。他にも軽い運動をする、マッサージ効果のあるヘアブラシを使用するなど、血行を促すことが症状の改善につながるでしょう。

脱毛症の中には育毛剤によって治療するものもありますが、けん引性脱毛症の治療には育毛剤は必要ないと見られています。一時的に頭皮の血行は促せるものの、根本的な解決につながらない可能性が高いためです。そのため、発症してしまったら育毛剤の使用ではなく、上記で紹介した治療法を試すようにしましょう。

おわりに

ここまでけん引性脱毛症について説明をしてきました。物理的な力が原因であるため、他にもエクステや重い髪飾りなどが原因になるケースも見られます。日頃から頭皮に負担をかけないということを意識しましょう。

このページを見た人はこんなページも見ています

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP