薄毛の原因物質「5αリダクターゼ」の特徴と三つの抑制方法

5αリダクターゼの抑制方法

薄毛に悩んでいる男性は、育毛剤を買う前に知っておくべきことがあります。なぜ薄毛になるのか、その仕組みと原因物質に関する知識を身につけましょう。

薄毛の基本的なことを知っておけば、育毛剤を選ぶ時に役立ちます。今回は、薄毛の原因物質と言われている「5αリダクターゼ」に注目し、その抑制方法とあわせて解説していきます。基礎知識として身につけて、薄毛の悩みを解決しましょう。

薄毛の原因物質「5αリダクターゼ」の正体

薄毛の原因物質「5αリダクターゼ」の正体

男性が薄毛になる原因はいろいろあり、その中でも特に5αリダクターゼという原因物質の影響が大きいと言われています。5αリダクターゼとは還元酵素のことを指しており、テストステロンという体内の男性ホルモンや毛母細胞の活動を抑える働きをし、薄毛を進行させてしまいます。

5αリダクターゼには、1型と2型の2種類が存在します。男性の薄毛の原因は2型の影響がより大きいと言われており、2型は毛乳頭に多く存在しています。

5αリダクターゼは、テストステロンという男性ホルモンと結びつき、ジヒドロステロンという強力な脱毛作用を引き起こすホルモンを生成します。ジヒドロステロンは、活動量がテストステロンよりも10〜30倍ほど強いと言われており、頭皮に悪影響を与えます。

このホルモンの影響で毛母細胞の活動が衰えると、人間の脳は栄養不要と判断してしまいます。そして頭皮・髪への血流が減少し、栄養が渡らなくなります。皮脂腺を刺激するという特徴もあるため、皮脂の分泌量が増えて毛穴を詰まらせ、頭皮環境を悪化させます。

「5αリダクターゼ」の抑制方法3選

抑制方法1:「ソーパルメット(ノコギリヤシ)」を摂取する

「ソーパルメット(ノコギリヤシ)」を摂取する

薄毛の原因物質である5αリダクターゼを抑制すれば、抜け毛・薄毛の悩みを解決することができます。「ソーパルメット」を摂取すると、抑制効果が期待できると言われています。一般的には「ノコギリヤシ」という名称で親しまれている植物で、北アメリカ南東部を中心に生息している植物のことです。

ソーパルメット(ノコギリヤシ)の実から抽出される成分に、発毛や育毛の効果があると考えられています。その成分を含んだサプリメントや育毛剤を使うことで、5αリダクターゼを抑制することが可能となります。

天然由来の成分であるため、体への負担が少ないと言われています。化学薬品ではないため、いろいろな商品に配合されることが多いです。

抑制方法2:「フィナステリド」を摂取する

「フィナステリド」を摂取する

「フィナステリド」という成分も、5αリダクターゼを抑制する働きをすると言われています。ソーパルメット同様、育毛剤に含まれる成分として有名なもので、認知度は高いでしょう。男性型脱毛症の治療薬として注目され、世界的に研究が進められ、育毛業界において欠かせない成分となっています。

フィナステリドは、副作用が少ない成分としても有名です。胃の不快感が生じるケースや性欲が減退するケースがあるようですが、女性が摂取しなければ問題ないとされています。

育毛剤を選ぶ際にこの成分が入っているかチェックしてみると、たくさんの商品があることに気づくでしょう。ノコギリヤシの成分と一緒に入っていることも多いです。

抑制方法3:亜鉛を摂取する

亜鉛を摂取する

亜鉛は髪を作るのに不可欠なミネラルの一つです。髪の毛の成分である、ケラチンというタンパク質の一種は、亜鉛不足になると十分に作れなくなり、抜け毛や薄毛になりやすくなります。

十分な亜鉛が体内にあれば、5αリダクターゼを抑制してくれます。亜鉛とアゼライン酸を低濃度で組み合わせると抑制効果が増すとされており、5αリダクターゼの活性化を阻害できると考えられています。

亜鉛を多く含む食材としては、生ガキやレバー、牛肉などが有名です。簡単に手に入る食材であるため、意識的に摂取するとよいでしょう。最近はサプリメントも充実しています。自分に合った亜鉛サプリメントを摂取し、抑制するのもいい方法です。

人気の育毛サプリメントはこちらのランキングから

おわりに

いかがでしたか?薄毛の原因物質である5αリダクターゼの特徴と、その抑制方法を三つ紹介しました。抑制効果が期待できる成分を含む食材・サプリメントを摂取する、あるいは育毛剤を使うことで、薄毛対策が可能です。

ただし、体質によって合う人もいれば合わない人もいます。アレルギー体質の人や持病があるという人は、医師に相談した上で摂取するとよいでしょう。

育毛剤の人気ランキングはこちら

このページを見た人はこんなページも見ています

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP