塩素が薄毛の原因!?シャワーやプールは大丈夫?

プールと水

塩素は水の中の菌を殺すために水道やプールなどに使われている消毒成分です。飲んでも人体に害がない程度の濃度ではありますが、身体にとって負担になる成分であることは間違いありません。

そして身体の外側で水道水やプールの水に触れる髪にとってもまた、塩素は負担となっているのです。一回一回は大したことはないとは言え、蓄積すると薄毛の原因にもなりかねない塩素の害について少し詳しく説明してみたいと思います。

塩素は髪や頭皮を酸化させる

塩素が髪にどのような影響を与えるかと言うと、塩素はタンパク質を酸化させる性質があるので、髪や頭皮に付着すると劣化させてしまうのです。酸化というとわかりにくいかもしれませんが、簡単に言うと鉄がさびるようなものと考えるといいでしょう。

人体の多くの部分はタンパク質でできています。そして髪もそのほとんどがタンパク質です。そのため、塩素にさらされると髪は劣化するという訳です。とは言え、水道水やプールに含まれる塩素自体はそう多いものではありません。

特に飲料となる水道水は人体に大きな害が出ないように考えられています。日常で使う程度なら大きな問題となることはないでしょう。しかし薄毛に悩んでいる人にとっては、そのわずかな悪影響の積み重ねが重大な問題となることもあります。

いっそ水道水やプールに塩素を入れなければいいと思うかもしれませんが、私たちは塩素のおかげで人体に有害な菌から守られているのですから、塩素自体はとても大切な存在なのです。しかし、利用時間が長くなりがちな水道やプールの水を消毒しないということは、あまりにも危険です。

シャワーヘッドに塩素除去フィルター

髪に対する塩素の問題は、家庭においては洗髪の際に生じると考えられます。洗髪をすればするほど髪に塩素をばらまいていることになるわけです。

また、塩素の濃度の割合は水道水よりもシャワーのほうが多いとされています。シャワーを使って洗髪している人にとっては怖い話ですね。水道水の塩素による髪の劣化を避けるためにできることは、いくつか考えられます。

一つは単純ですが、お風呂に前日から水をためておき、それを使って洗髪するという方法です。この方法は追いだき式のお風呂でないとお湯が使えないのがつらいところですが、塩素は外気に触れさせておくと抜けるので、簡単で安全性が高いのが利点です。この方法を行う場合は、お風呂のふたを外して換気しておきましょう。

もう一つの方法が、シャワーヘッドに塩素除去フィルターをつけるというものです。こちらはシャワーがそのまま使えるのでシャワーで洗髪したい人には最適と言えるでしょう。

プールの塩素を防ぐ

夏はプールに毎日通うという人はいるでしょうか?もしそうであれば、それは髪にとって大きなダメージとなる可能性があります。プールの水は水道水と塩素濃度自体はそれほど変わらないのですが、ずっと晒(さら)され続けるという差があります。洗髪が10分ほどとしたらプールは1時間近くでしょうか?人によってはもっと長く水に入っている人がいるかもしれませんね。それだけ長時間塩素に晒(さら)され続けている髪が傷まないほうがおかしいと考えるのは自然なことです。

1.水泳帽をかぶる

プールの塩素を防ぐために最も単純でわかりやすい方法が水泳帽です。髪を完全に覆ってしまえば塩素による被害をほぼ防ぐことができます。なんとなく見た目が悪いし、頭が窮屈になるから付けなくてもいいや、と思うかもしれません。
しかし、薄毛の危険と引き換えだと考えれば、水泳帽を付ける利点の方が大きいです。例えるなら花粉に対するマスクのようなものと考えればいいでしょう。

2.水泳前に髪を保湿

塩素を含んだ水を髪が吸収することが髪のダメージの元となるので、事前に髪に真水を吸収させておくことが、プールの前に髪を保湿しておく理由です。すでに水を含んでいるので、それ以上髪がプールの水を吸収しなくなり、塩素による被害を軽減できます。

ただし、頭皮や髪の表面のキューティクルなどは塩素に晒(さら)され続けるので、ある程度のダメージは免れません。とは言え、1日2日プールに行くぐらいならこれでも全く問題はありません。

それなら水道水でシャワーをしておけばいいと思うかもしれませんが、そもそもプールの水の塩素濃度と水道水の塩素濃度はほぼ変わらないので、水道水のシャワーだとあまり意味がありません。少しもったいなく感じるかもしれませんが、ミネラルウォーターなどを洗面器に用意し、髪の毛に満遍なく浸すという方法がおすすめです。

3.プール後にビタミンC

塩素に晒(さら)された後に、長く塩素の害を髪に及ぼさないためには、できるだけ早く塩素を取り除く必要があります。そのための中和剤として優秀なのがビタミンCです。

ビタミンCは塩素と結びついて、安全な酸化ビタミンCと食塩に変化します。プールから帰ったら、粉末のビタミンCを水に溶かして、髪をゆすぐのがおすすめです。その際は塩素が除去されても食塩が残っては困るので、丁寧にすすぐようにしてください。

おわりに

塩素が髪に悪い影響を与えることは理解できたと思います。髪や皮膚のほとんどはタンパク質で作られているのですが、水道水やプールなどに使われている消毒用の塩素はそのタンパク質を劣化させてしまうのです。

短時間なら大きな影響は与えないと言われていますが、日に何度も洗髪をする人や、プールに毎日通うような人にはその影響が蓄積されて薄毛の原因の一つとなる可能性があります。ぜひ塩素を防ぐための方法を実践して、塩素の影響を最小限にとどめるようにしてください。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP