コーヒーを飲むと薄毛になる?それとも髪の毛が増える?真相はどっち?

コーヒーを飲むと薄毛になる?それとも髪の毛が増える?真相はどっち?

コーヒーは昔から健康に良い、悪いの論争が絶えない飲み物ですが、最近では育毛に良い悪いという論争まであるようです。

実際にコーヒーは髪に良いのか悪いのか、もし良いのならどういった効能があるのか。もし悪いならどういった弊害があるのか。解説付きで詳しく説明してみたいと思います。

コーヒー派の人もそうでない人も、育毛に関心があるのなら知っておくと、日常のさまざまなシーンで安心ですよ。

コーヒーが育毛に与える影響

当たり前のことですが、コーヒーをはじめとする飲料や食品には複数の成分が含まれています。それらは体にさまざまな作用をもたらしますが、多くの場合は栄養として体内に取り込まれます。

しかし、その中にはまれに体に大きな影響を及ぼす成分、いわゆる薬効成分と呼ばれるものがあり、コーヒーにはこの薬効となる成分が多く含まれています。

結果、効果として知られている血行をよくしたり、利尿作用があったりという効果につながるのです。肝心の髪に対する影響ですが、髪の成長を助ける成分は確かに多く含まれていて、その効果は期待できます。

ところが、一部栄養の吸収を阻害する成分も含まれているので、髪の成長を阻害する要因にもなるのです。このことが、コーヒーが髪に良かったり悪かったりするといううわさが起こった理由と言えます。

コーヒーの育毛促進成分と育毛阻害成分

それでは、具体的にコーヒーのどんな成分が育毛にどのように影響するのかを説明したいと思います。それぞれの成分は分かちがたく結びついているのですが、コーヒーの状態による変化もありますので、そのあたりも考えてみると適切な飲み方もできるのではないでしょうか。

詳しく理解することは、育毛への着実な学びと言えるでしょう。ぜひそれぞれの効能をきちんと理解して、コーヒーの利用の仕方を考えてみてください。もちろん、学んだ上で避けるという選択もあります。

カフェイン

カフェインの持つ薬効というのは血管拡張と利尿作用です。血管拡張作用が育毛に効果があることは、ある程度育毛に興味がある人ならご存じの場合も多いと思います。

髪を育てるのは毛根にある毛母細胞という部分なのですが、ここに髪の元となる成分を届けるためには血液の流れである血流が重要な役割を果たします。薄毛になる人は毛母細胞に栄養を届ける毛細血管がやせ細っていることが多いのです。

カフェインは血管拡張によってその弊害を取り除くことができます。実際にカフェインが使われている薄毛の治療薬も、その作用は血管拡張が主な効能となっています。また、ドイツの大学でカフェインの毛根への作用実験が行われ、効果的な結果を残しています。

もう一つの利尿作用は、薄毛の原因とされる男性ホルモン、ジヒドロテストステロンという育毛を阻害する成分が、体内に長くとどまらず排出されるという効果が期待できます。

クロロゲン酸

コーヒーに含まれるクロロゲン酸には、細胞を燃焼させ、血行を促す作用があります。また、抗酸化作用や知覚神経の刺激などの効果があるようです。つまり身体を若く保つことに効果的な成分と言えるでしょう。

この効能の中で育毛に効果が期待できるのが血行を促す作用と、知覚神経への刺激です。血行が良くなると育毛促進につながるということはカフェインのパートで説明しました。

もう一つの知覚神経の刺激にどんな効果があるかというと、成長因子が増えて、育毛に向けられる育成機能の働きが増えることが期待されるのです。育毛機能が衰えている状態なら、この作用もバカにできない力になります。とは言え、クロロゲン酸は細かく効能を考えるよりも、身体全体を若返らせる成分と考えたほうがわかりやすいかもしれません。

タンニン

ここまで育毛促進に効果のある成分について説明してきました。一方でコーヒーには育毛を阻害するとされる成分も含まれています。それがタンニンです。

タンニンは主に植物に含まれている成分で、お茶やコーヒーの渋みがこのタンニンの味です。タンニンには金属イオンと引き合って結合するという性質があり、鉄分や亜鉛などと結合してそれらを身体に取り込めなくしてしまいます。

髪の元を合成する際に亜鉛は必須の成分ですから、タンニンによって亜鉛の吸収が邪魔されることで必然的に髪を合成できなくなり、育毛が阻害されることになります。コーヒーが髪に悪いと言われる原因はこのタンニンの存在が大きいと言えるでしょう。

ただし、タンニンはお茶や紅茶、ワインなどにも含まれるので、これらも全て育毛阻害の要因を持っていると言えます。ただ、コーヒーはその中でも群を抜いてタンニンが多いのが問題視されているのです。

おわりに

コーヒーには育毛促進成分と育毛阻害成分が共に含まれていることがわかっていただけたと思います。そのため、育毛をしながら効果的にコーヒーを楽しむにはひと工夫する必要があります。

コーヒーが焙煎(ばいせん)によって味わいが変わることはコーヒーファンならよくご存じだと思います。また品種によって渋みに差があることも知っている人も多いでしょう。コーヒーの育毛成分が多く摂取できるのは浅いりされたものです。

そして渋みの少ない癖のない品種を選ぶことで、ある程度タンニンを減らすこともできます。コーヒーを楽しむにも、食事中や食前食後を避けることで、亜鉛の摂取阻害を最低限に抑えることができます。育毛に気を使っているけれどコーヒーが大好きであるという人は、ぜひ工夫して育毛促進をしながらコーヒーを楽しんでみてください。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP