洗髪(シャンプー)・ドライヤーでの抜け毛本数は何本から危険サイン?

洗髪(シャンプー)・ドライヤーでの抜け毛本数は何本から危険サイン?

髪の毛の洗髪時やドライヤーをかけている時、ほとんどの方は抜け毛を目にしています。抜け毛は実際の本数より多く見えることがあるため、「薄毛のサインが出ているのではないか…」と心配してしまう方は少なくありません。 そこで今回は、洗髪時やドライヤーの抜け毛は何本から危険と言われているのかについて紹介していきます。

健康的な人は1日に何本抜けるのか

健康的な髪の持ち主であっても、1日に約70〜100本は自然に抜け落ちています。そのうち洗髪時に抜ける毛は約70%、ドライヤー使用時の抜け毛が約10%を占めると言われています。具体的な本数に直せば、洗髪時にはおよそ「50〜70本」、ドライヤー時には「10本前後」ということになります。
洗髪時やドライヤー時以外で抜け毛が多いのは、睡眠中です。寝起き時の枕に抜け毛が見られ、心配してしまう方も少なくありません。ただし、前述の情報をもとにすると、抜け毛の約80%は洗髪時とドライヤー時に抜けるということになるため、睡眠中の抜け毛は洗髪時やドライヤー時ほど気にする必要はないと言われています。

抜け毛が何本以上だと危険なのか

1回の洗髪で、抜け毛の本数が「100本」を超えると、薄毛のリスクに注意する必要があると言われています。さらに120本を超えた場合には、薄毛が進行している可能性が高くなります。 ドライヤーに関しては、髪が乾くまでの間に「20本以上」抜けると、薄毛に注意する必要があるでしょう。また、同時にブラッシングする場合には、さらに抜け毛が増える可能性があります。

ただし、髪の毛の量は人によって異なっており、髪の毛の量と抜け毛の数は比例します。もともと髪の毛の量が多い人であれば、これらの本数を超えたとしても、気にし過ぎる必要はありません。逆に髪の毛が少ない人は、これらの本数に届かなかったとしても、注意する必要があるでしょう。
また、季節によっても抜け毛の本数は変わると言われています。「春」と「秋」は抜け毛が増えやすい傾向が見られるため、1年中同じ基準で判断するべきではありません。季節も意識しながら、どれぐらいの本数であれば正常と言えるのかを、慎重に判断することが大切です。

本数を気にし過ぎることも良くない

抜け毛の本数を気にし過ぎると、自然とストレスがたまってしまいます。ストレスには血管を収縮させる作用があり、円形脱毛症やストレス性脱毛症などはストレスによって発症する脱毛症です。そのため、過度なストレスは避けなくてはなりません。

毎日抜け毛の本数に敏感になったり、本数を数えたりしていると、それだけで大きなストレスを感じてしまいます。上記で紹介した「危険な抜け毛の本数」はあくまでも目安ですし、抜け毛が少々多くても問題が生じていない方も見られます。安心し過ぎることも危険ですが、意識し過ぎることも逆効果であるため注意しておきましょう。

毛根から抜け毛の状態をチェックする

1日に抜けた全ての本数をチェックするとなると、時間や労力が必要になります。また、中には毛髪が短くて細い方も見られますし、正確に抜け毛の本数を数えることは簡単ではありません。
薄毛が進行しているかどうかは、抜け毛の「毛根」をチェックするという方法でも判断することができます。正常な毛根は少し膨らんでおり、こん棒状となっています。抜け毛が少々多くても、正常な毛根の抜け毛が多数を占めていれば、心配し過ぎる必要はありません。

おわりに

ここまで、洗髪時やドライヤー時の抜け毛の本数について紹介してきました。洗髪時やドライヤー時は少なからず髪の毛にダメージを与えることになるため、極力ダメージを与えない方法で行うことが大切です。
普段から髪の毛を労わり、できるだけ抜け毛の本数を減らすような努力をしていきましょう。

育毛シャンプーの人気ランキングはこちらから

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP