飲み過ぎには注意!薄毛とアルコールには関連性があった

飲み過ぎには注意!薄毛とアルコールには関連性があった

お酒は「百薬の長」と表現されるほど、適度にたしなむ程度であれば身体にとって良いものとされています。コップ1杯のビールや日本酒なら、「食事がおいしくなる」、「ストレスが解消される」、「疲れが取れる」など、健康面で多くの効果が期待できると言われていますよね。

しかし、問題は過度な飲酒です。大量のアルコール摂取は肝臓に負担がかかり、二日酔いになるなど、体調を悪化させます。近年では、この過度な飲酒が体調不良を招くだけでなく、薄毛にも関連性があるのではないかという見方が一般的になりました。今回はそのメカニズムについて解説していきたいと思います。

過度な飲酒と薄毛の関連性

適度な飲酒は身体に良いというのはよく耳にすると思います。つまり、その逆で大量のお酒を飲むことで身体を悪くするということは想像に難くないですが、薄毛につながるということまでは考えたことがないという人も多いのではないでしょうか。

ここでは、過度な飲酒と体調不良の関連性、さらにそこから派生する薄毛の危険性についてお話したいと思います。

栄養素が肝臓に集中してしまう

よく「お酒を大量に摂取すると、肝臓に負担がかかるので良くない」ということを言われます。調べてみると、これは単純に肝臓の病気だけを懸念すれば良いというだけでなく、薄毛問題にとっても至極重要なポイントであるということがわかりました。

お酒を大量に飲むことで、肝臓はそのアルコールを分解するために「アセトアルデヒド」という物質を分泌します。アセトアルデヒドは、そのままでは毒性のある物質であるため、無害な「酢酸」というものに最終的には変えられるのですが、その過程で体中に分配されるはずだった栄養素を肝臓のためにたくさん消費してしまうことになります。

つまり、本来は髪の毛に届けられるはずだった栄養も肝臓に集中してしまい、じゅうぶんに髪の毛が育たなくなってしまうのです。

薄毛の原因物質DHT(ジヒドロテストステロン)が増加

ジヒドロテストステロンとは、元々人間が持っている「テストステロン」という男性ホルモンが「5αリダクターゼ」という酵素と結びつき生成された進化系男性ホルモンです。ジヒドロテストステロンは、髪の毛の基となる毛母細胞の働きを阻害するという性質を持っていて、薄毛とは切っても切れない関係があると言われています。

男性の場合、多くの薄毛の原因が男性ホルモンの分泌によるものであるため、ジヒドロテストステロンが大量に生成されてしまうことは、薄毛と直結してしまうことになると言えるでしょう。

血糖値の上昇

お酒には多くの糖分が含まれていることをご存じでしたか?アルコールを大量に摂取するということは、糖分を過剰に摂取することと同じなのです。糖分を大量にとってしまうと血糖値が上がり、ゆくゆくは血液もドロドロに。ドロドロ血になると、身体に害があるだけでなく、髪の毛にも栄養が届きにくい状態になってしまいます。

また、もう一つのポイントになるのがビタミンB2という栄養素です。ビタミンB2は、頭皮環境を整える働きをしていて、常に清潔に保つことで栄養を隅々にまで届けています。糖分を過剰に摂取することは、このビタミンB2をエネルギーに変えようと身体が反応してしまうことになるため、いわゆるビタミンB2が不足状態になってしまいます。

そうなると、頭皮が自らをキレイに保つことができなくなるため、皮脂やフケが蓄積されてしまい、抜け毛が多くなります。

適度な飲酒が身体にいい理由

お酒は、古くから日本だけではなく世界のあらゆる国で愛されてきた嗜好(しこう)品です。適度な飲酒が身体に良いというのは、日本に限らず世界中で言われてきたことであり、ある種人類の共通意識となっています。

先述した通り、お酒を適度に飲むことは、胃の蠕動(ぜんどう)運動を刺激し空腹感を与えます。これにより食欲が増してたくさんのものを食べることができます。また、少量の飲酒には血管拡張効果があることもわかっており、血行を改善することができるのです。血液の流れが良くなることで疲労回復を助け、同時に動脈硬化などの怖い病気も予防することにつながります。

具体的な病気の予防

医師による長年の研究結果では、適度な飲酒で得られる健康効果は以下のようなものではないかというように報告されています。

  • ・インスリンの分泌を促進
  • ・HDLコレステロールの増加
  • ・血小板の凝集を抑制

人間の体内に存在する善玉菌を増殖させ、血液をサラサラにし、血糖値を下げてくれるような作用が期待できることから、上記で例に挙げた動脈硬化以外にも、脳梗塞、糖尿病、心筋梗塞などを予防できるのではないかと言われているのです。

これらの病気の発症率が下がることで、お酒を飲まない人に比べて死亡率もやや下がるという研究結果が発表されています。

おわりに

いかがでしたか?今回は「薄毛とアルコールの関連性」というテーマでお届けしました。お酒は適度な量であれば、身体に良いものとされていますが、過度に摂取することで薄毛の原因を作ってしまうのですね。

もちろん、健康面においても多大な悪影響がありますので、くれぐれもお酒を飲む量は適度に調整してください。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP