枕につく抜け毛が多い!?何本くらいなら正常?原因と3つの対策法をご紹介!

枕とヘアブラシ

朝起きて枕を見ると大量の抜け毛が!ゾッとして鏡を見るという経験をした人はいませんか?抜け毛というのはある程度は自然なものですが、大量に抜けた場合には薄毛の兆候かもしれません。

実際にどのぐらい抜けたら危ないのか、知っておくほうがいいでしょう。さらに抜け毛を予防するにはどうしたらいいのかも大切です。大事な髪の毛が失われてからでは遅いですよね。

薄毛の予感がしたら、すぐに対策を立てましょう。もしかしたら普通にケアしているつもりで、逆に髪の毛を傷めているかもしれません。抜け毛を増やさない、美しい髪を守るためにできることをしっかりと理解しておきたいものです。

枕に抜け毛がつくのはマズい?

寝ている間に枕に髪が大量に抜け落ちているという現象は、どのようにして起きるのでしょうか?髪の毛が抜ける現象は、主に髪が引っ張られたときに生じます。

ブラッシングや洗髪の際にたくさん抜けるという経験をした人は多いはずです。しかし寝ているだけなのに髪の毛が抜けるというのは少し変だと感じるかもしれません。

原因として考えられるのは、寝返りを頻繁に打つことです。枕の摩擦力が強いと髪が強く引っ張られ、枕が汚れていると、毛穴に炎症を起こさせて髪が抜けやすい状態になってしまいます。

また、寝る前に刺激の強いシャンプーで髪を洗っていたり、熱風のドライヤーを使って抜けやすい状態になっていたりする可能性も考えられます。どちらにしろ、髪にとってよい状態とは言えません。

ただし寝ている間に新陳代謝は活発になるので、ある程度の抜け毛は許容範囲です。寝ている間の抜け毛も10本前後なら気にすることはないでしょう。

髪の長い女性などは数本でもたくさん抜けているように思えますが、実際には少ないということもあります。ただし、数十本以上抜けている場合には要注意です。

今からできる抜け毛対策

抜け毛が多いことにショックを受けている人は、枕カバーを定期的に洗うなど、なるべく髪へのストレスを減らすようにして寝ている間の抜け毛に対処しましょう。

また、日頃の抜け毛対策もきちんと行わないと全体的な抜け毛に対処することはできません。本来は抜けるはずのない若い髪まで抜けている場合には、すでに髪は危機的状況にあると思っていいでしょう。

年齢やストレスによってホルモンバランスが変化しても、できる限り抜け毛を減らして薄毛を進行させないように、髪が健康に育つ環境を作っていきましょう。

1.シャンプー

髪がすぐ脂っぽくなるからと、しょっちゅう髪を洗っていたりしませんか?朝シャンして、夜もお風呂に入って髪を洗う、そんなことをしていると髪や頭皮が傷んでしまいます。

髪によいと思ってやっていることが、逆に髪を傷つけ、頭皮に負担をかけているかもしれないのです。シャンプーは特に髪のケアの中心であり、育毛には重要なポイントとなります。間違ったやり方をしていないか、チェックしてみてください。

    ・ぬるま湯ですすいでから泡立てたシャンプーで頭皮を洗う

    ・1日1回、朝ではなく夜に洗う

    ・刺激の少ないシャンプーを使う

2.食生活

髪にいい食事をしていますか?栄養バランスの取れた食事が、髪を作る元となります。また、刺激の強い食べ物や、油や砂糖などは皮脂に刺激を与えて、頭皮の状態を悪化させる原因となります。

元気で美しい髪は食事から。正しい食生活を心がけて自分の髪を守ってください。

    ・良質なタンパク質、亜鉛、ミネラル、ビタミンなどをバランスよく摂取する

    ・糖分、脂分などを取りすぎない

    ・お酒、コーヒー、唐辛子などの刺激の強いものを大量に摂取しない

3.睡眠

人は寝ている間にもっとも新陳代謝が盛んになります。そのため、良質な眠りを取らないと、髪も成長できません。そして新陳代謝を活性化するにはストレスは大敵となります。

早めの就寝、規則正しい生活、清潔で寝心地のいい寝具なども大切です。睡眠は身体の状態を正常化したいときにもっとも大切なものでもあるのです。現代人は時間をたくさん利用したいために睡眠を削って時間を捻出しようとします。

しかしそれは健康な身体を捨てているのと同じことなのです。髪は真っ先に身体の状態を反映します。ぜひ健康的で正しい眠りを心がけましょう。

    ・日中に一度は短時間でも日光を浴びる

    ・眠くなったらすぐに就寝して8時間前後の良質な睡眠を確保する

    ・寝具周りは清潔を心がける

おわりに

最近急に抜け毛が増えてきたと心配している人は、代謝能力が落ちてきている可能性があります。人は成年を超えると加齢と共に身体機能が衰え始めます。髪はその衰えを最初に顕著に示す部位なのです。

しかし衰えて来たならば、その分、大切にケアしていくことで、若い頃に劣らない髪の状態を維持することもできます。衰えがひどくなる前に、育毛のための生活を考えましょう。

特に髪のケアには、年齢を重ねるごとに、品質のいいシャンプーを使って、丁寧な洗髪を心がける必要があります。頭皮の状態が悪くなると、髪が生えてこなくなるだけでなく、抜け毛も増えてしまうのです。

さらに食事を食べてその栄養を吸収し、髪を作るための合成をする機能も衰えるので、より良質な食事を心がける必要があります。そしてなによりも大切なのが睡眠です。

睡眠をいい加減に考えていると、新しい髪が産まれるよりも早く古い髪が抜けていってしまいます。抜け毛が気になりだしたら、ぜひ健康的な育毛生活を開始してください。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP