抜け毛には種類がある?自然脱毛と異常脱毛をチェックできる三つのポイント

抜け毛には種類がある?自然脱毛と異常脱毛をチェックできる三つのポイント

自分の髪の毛が今どのような状態なのかを把握するには、実は抜け毛がとても重要な情報元になります。現在の髪の状態を把握すれば、今何をすれば健康に髪を保つことができるのかがわかるのです。

自然脱毛なら今のところ特に問題はなく、食事や生活に注意しつつ育毛に励めばいいでしょう。しかし異常脱毛が発生していた場合、すぐに対策を立てる必要があります。

ぜひ抜け毛をチェックして、自分の髪の状況を把握しておきましょう。とは言え、普通に抜け毛を見るだけでは何が普通でどれが異常なのかわかりにくいと思います。

そこで今回は、特徴的な異常脱毛を解説します。抜け毛の正しいチェックの仕方や、抜け毛から判断することができる対処方法を学びましょう。

健康な抜け毛とは

毎朝髪をとかすとごっそりと抜け毛があってがっかりするという人もいるかもしれません。しかし、ある程度の抜け毛は自然であり、健康的な新陳代謝によるものです。

特に夜寝ている間に新陳代謝は活発になるので、朝に多くの抜け毛があるのはむしろ当然なことだと言えます。そして一般的に1日の抜け毛の量は100本前後と言われています。

少ない人で50本ほど、多い人で100本以上は通常の新陳代謝の範囲内で抜けていきます。さらに人間も季節に合わせて毛の生え替わりが発生するので、季節変わりの春や秋は抜け毛も増えて1日に200本以上抜けたりもします。

その範囲なら全く気にする必要はなく、逆に気にしすぎるとストレスで髪の状態が悪化しかねないので、あまり神経質にならないようにしましょう。問題は抜けた髪の状態です。

健康的な抜け毛は、根もとがふっくらとしていて、少し引っ張っても切れないような丈夫な髪が均等に伸び、毛先だけが少し細くなっています。ほとんどの髪がこの状態なら育毛は順調と考えていいでしょう。

異常な脱毛の特徴

それでは異常な状態の抜け毛とはどういうものかと言うと、簡単に言えば健康な抜け毛ではないもののことを指します。前述した通り、健康な抜け毛の特徴と違っている場合は、なんらかの問題が発生していると思っていいでしょう。

今回はその中でも特に発生しやすい異常脱毛の特徴を紹介します。抜けた髪の毛の状態をチェックして、異常脱毛だと判明したなら、その対策を早期に行う必要があります。

異常脱毛状態を放置していると、気づかない内に薄毛がどんどん進行してしまいます。それぞれの異常状態の際に、どのような対策をしたらいいかも紹介しておきますので、もし、異常な脱毛が発生しているようなら、すぐにその対策をとるようにしましょう。

毛根が痩せて全体的に細い

薄毛の兆候として起こりやすい異常脱毛が痩せた状態の抜け毛です。本来はふっくらと丸くなっていなければならない毛根がしんなりと痩せていて、髪の毛本体も少しの力ですぐにちぎれてしまいます。

これは髪の毛が栄養不足な状態であることをあらわしています。原因として考えられるのは、食事の栄養バランスが偏っていることです。髪の毛はアミノ酸で構成されていますが、それはつまりタンパク質で作られているということです。

人間の身体の筋肉や内臓や脳など、重要な部分はこのタンパク質を材料に作られています。つまり身体を常に新しく保ちながら維持するには、大量のタンパク質が必要となるのです。

その材料となるタンパク質が不足すると、生命活動に影響しない髪や爪などの部分から節約するようになります。つまり、髪や爪などが劣化するのは人体に必須のタンパク質が不足しているということなのです。

また、栄養を毛根に届ける毛細血管が劣化した場合にも栄養不足に陥って髪が痩せてしまいます。痩せた状態の抜け毛は、髪の毛だけでなく身体全体に危険な兆候と思ってください。

毛根が太く髪が短い状態

毛根が太く、髪がかなり短い状態で抜けている場合、髪を支える頭皮に異常が生じている可能性があります。髪の毛は正常に育成されているのですが、それを支える頭皮部分が脆(もろ)くなっているので、ちょっとしたことで髪が抜けてしまうのです。

この異常脱毛が生じている際には、頭皮に炎症が起こっていたり、ひどいフケに悩まされていたり、頭が猛烈に痒(かゆ)かったりします。原因としてシャンプーのしすぎや、頭皮の保水力が低下している可能性が高いでしょう。

頭皮の保湿を計り、シャンプーを刺激の少ないものに変えて回数も減らすなどの対策をとりましょう。皮膚科などでの治療も考えたほうがいいかもしれません。

毛根に皮脂が付着している

毛根部分に白っぽい皮脂がたくさん付着している状態の抜け毛は、毛穴部分に皮脂が詰まってしまっていると考えられます。さらに皮脂の酸化により毛根部分が変色している場合もあります。

これは頭皮の環境が悪化していることを示しています。そのまま放置すると頭皮環境がどんどん悪くなり、髪の毛が抜けやすくなったり、毛細血管が劣化して髪が栄養不足に陥ったりする可能性があるので、頭皮環境の改善を考えるようにしましょう。

おわりに

抜け毛のチェックをする場合、その本数よりも状態を見ることが大切です。抜け毛の状態を知ることは、現在の自分の育毛状態を知ることになるからです。

髪の健康のチェックをおこたると、気づかない内に薄毛が進行したり、髪が劣化して白髪や痩せた髪になって見た目が悪くなったりしてしまいます。大切な髪をきちんと管理して、育毛を行ってください。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP