つむじハゲの基準って何?薄毛の原因・見分け方・対策方法を徹底解説!

つむじハゲの基準って何?薄毛の原因・見分け方・対策方法を徹底解説!

今回は、筆者がつむじハゲではないかと気にしていることもありつつ、つむじの薄毛(つむじハゲ)についてご紹介したいと思います!このページをご覧になっている方は、自分もしくは身近な人の薄毛が気になられている方ではないでしょうか。

つむじは、もともと頭皮が見えやすいものなので、気にしすぎということもあります。しかし、明らかなつむじハゲになっているという場合には弁解の余地がありません。

それでは、つむじの薄毛を見分ける方法と対策方法について徹底解説していきます!

つむじが薄毛になる原因

つむじは、どうしてあるのかご存じでしょうか。髪の毛は、つむじがあることで渦を巻くように外側へ生やすことができるようになっています。

しかし、つむじが髪の分け目のポイントとなって、引っ張られやすい位置にあることや、頭頂部にあることから紫外線によるダメージを受けやすいなど、つむじの特徴から薄毛になりやすい原因を引き起こしていることがあります。

それに加え、つむじ辺りの頭頂部の薄毛は、遺伝や生活習慣の影響が大きいといわれています。

薄毛になりやすい生活習慣

生活習慣には、過度のストレスや暴飲暴食、運動不足、睡眠不足、喫煙などがあげられます。

過度のストレスは、頭皮が緊張してしまい、頭皮の血行不良を招きます。暴飲暴食は、胃腸に負担がかかるだけでなく、頭皮に必要な栄養が摂れなくなってしまいます。運動不足は、筋肉が使われないことで末端の血管が収縮してしまい、血行不良の原因になります。

睡眠不足は、睡眠の質が低下してしまうと成長ホルモンが働きにくい環境を作ってしまい、髪の毛の成長を妨げることにつながります。喫煙は、タバコに含まれるニコチンの作用が原因となるため、頭皮の乾燥やビタミンなどの栄養不足を招くだけでなく、血行不良にもつながります。

男女別の薄毛の症状

男女ともにつむじの薄毛になる原因には特徴があります。男性の場合、つむじ周辺は薄毛の原因となるAGA(男性型脱毛症)の影響を受けやすい部分といわれています。

女性の場合、つむじ部分を分け目にしたヘアスタイルによって、つむじに負担をかけてしまい薄毛が進行していくということがあります。

つむじが薄毛であるか・薄毛でないかの見分け方4つ

ここではつむじが薄毛であるか薄毛でないかの見分け方をご紹介します。

見分けるポイントは、「つむじ周辺が薄くなっていないか」「髪質が変化しているか」「つむじ周辺の頭皮の色は赤くないか」「長い髪の中に短い毛が立つように生えていないか」です。これらを参考にチェックしてみましょう。

つむじ周辺が薄くなっていないか

まずは鏡で、つむじの周辺をみてください。つむじが渦を巻いておらず、薄くなっている場合は、つむじの薄毛の可能性が高いです。さらに、入浴で髪を濡(ぬ)らした際に髪の間から地肌が見えている場合も薄毛になっているといえます。

髪質が変化しているか

薄毛の特徴の一つとして、髪質の変化があげられます。以前よりも髪が細くなっていると感じている方は、髪や頭皮の栄養不足によって薄毛になっている可能性があります。

日頃から髪の毛を触っているとなかなか気づきにくい点ではありますが、髪が最近細くなったかも?と感じる方は、薄毛のサインと捉えましょう。

長い髪のなかに短い毛が立つように生えていないか

長い髪のなかに短い毛が立つように生えている方は、その短い毛の髪質に注目しましょう。

チリチリとした毛やまっすぐに伸びない髪が生えていた場合、健康的な髪が作られていないということがわかります。よくこういった毛のことを若者言葉で「アホ毛」と表現することがありますよね。もし、アホ毛を指摘されたら少し注意してみる必要があるかもしれません。

健康的ではない髪の毛は、成長の段階で抜けてしまうことがあります。それは、頭皮が栄養不足であるか、頭皮環境が悪化していることが考えられます。

つむじ周辺の頭皮の色は赤くなっていないか

上記の方法以外でもわからなかったという方は、頭皮の色で判断することもできます。

正常な頭皮は、ほぼ白色に近い色をしています。しかし、頭皮の色が日焼けしたような色や赤い色をしている場合は、薄毛が進行している可能性があります。

頭皮が赤いということは、かぶれや炎症、血行不良、乾燥など何らかの問題を抱えていることがあります。長期的に色が治らない場合は、薄毛が進んでしまう可能性があることも考えておきましょう。

つむじ薄毛7つの対策方法

つむじの薄毛は、身体の末端にあることから、血流が行き届きにくく、血行不良や頭皮の緊張がなりやすい箇所です。その原因である生活習慣やつむじの負担を考えた対策をぜひ実践してみてください。

ストレスを解消する

まず、ストレスから自分を守ってあげることはとても大切なことです。仕事で疲れているときは休むことを優先したり、好きな趣味に没頭したりすることも大切です。また、ストレス解消のために暴飲暴食してしまうという方は、控えるようにしましょう。

食生活を改善する

食事は、栄養バランスが取れるものを心掛けましょう。薄毛対策に良い食材は、緑黄色野菜や、豆腐、納豆、レバー、いわし、乳製品、卵、などが有名です。

外食が多い方は、サラダなどヘルシーな食べ物を多く摂取するよう心がけましょう。食べ過ぎに注意し、塩分や脂を控えることも大切です。食事で栄養バランスを整えるのが難しいという方は、サプリメントで栄養バランスを整えるという方法もいいでしょう。

ウォーキングをする

運動は、毎日最低でも15分ずつ2回を歩くか、30分を1回ウォーキングすると下半身の筋肉が少しずつ鍛えられ、続けることで血行促進できます。通勤や買い物帰りに一駅分ほど徒歩で帰宅する時間を取り入れるようにすると運動不足の解消につながります。

睡眠を摂る

睡眠不足の方は、成長ホルモンが分泌されやすい夜22~2時の時間帯に眠るようにしましょう。また、寝る1時間ほど前に入浴をすることによって睡眠の質をあげることができ、成長ホルモンが働きやすくなります。

減煙・禁煙をする

喫煙者の方は、なるべく減煙、禁煙することが薄毛対策の近道です。喫煙は、血行不良や頭皮の乾燥、ビタミンなどの栄養不足を招いてしまい頭皮環境を悪化させることになります。

帽子をかぶって紫外線対策する

日中は、つむじに紫外線があたりやすくなります。直射日光は紫外線のダメージがかかりやすいので、帽子をかぶって紫外線対策をしましょう。

そして、帽子の中は蒸れやすく、頭皮の雑菌が繁殖しやすくなります。室内では、帽子を取るようにし、外ではつむじを紫外線から守るようにしましょう。

育毛剤を使用する

育毛剤を使うことで、頭皮環境の改善や薄毛対策に期待できます。

特につむじ周辺は、頭頂部にあることから血行が行き届きにくい場所でもあります。育毛剤を使って、頭皮をマッサージしてあげることで、血行が改善されます。それだけでなく、頭皮に栄養を届けることで頭皮の乾燥を守ってくれるという役目もあります。

育毛剤はメーカーによって有効成分が違うので、自分の症状に合った育毛剤を選んでみましょう。

育毛剤の人気ランキングはこちらから

おわりに

いかがでしたか。つむじは、頭皮の中でも特に緊張している部分になるため、血行不良になりやすい場所ではないでしょうか。筆者は、頭皮が緊張しないように、頭皮マッサージを定期的に行うようにしています。

薄毛が改善するまでには、時間はかかりますが、薄毛対策を地道に行っていくことが大切です。途中で諦めず、頑張っていきましょう。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP