花粉症が薄毛の原因になるって本当?知っておきたい四つの知識

花粉症が薄毛の原因になるって本当?知っておきたい四つの知識

花粉症が薄毛の原因になるといううわさがあります。一見花粉症と薄毛には直接的な関係性はなさそうですよね。ただし、花粉症体質から薄毛になりやすい状態になってしまうことはあるようです。

花粉症体質がどうして薄毛に関係あるのか?そして花粉症体質による薄毛を防ぐにはどうしたらいいのか?今回は花粉症と薄毛に関することで知っておきたいことを紹介させていただきます。

そもそも花粉症の原因は?

花粉症は花粉アレルギーによって引き起こされています。アレルギーというのは、鼻や目、喉などの粘膜に、アレルゲンと呼ばれるアレルギー物質が接触した場合に、身体がそれを排除しようとして起こる現象>です。

異物を排出するにはくしゃみや鼻水、涙などが有効なので、身体は異物と戦う現象である炎症を起こしながらその身体機能を発生させます。粘膜というのは身体と外界の間にある門のような箇所で、抗体物質は門番のようなものと考えるとわかりやすいですね。

一般的には身体の内部と外部は粘膜以外では隔てられています。粘膜がある目や鼻や喉などが花粉症で炎症を起こしたりくしゃみや鼻水などが出てしまったりするのは、花粉を身体に危険な異物と認識してしまった身体の反応です。

花粉症が薄毛の原因になる場合

問題となるのは、肌の表面が荒れてしまっている場合です。通常、肌の表面には皮脂によるバリアー機能があり、細菌や異物などが直接細胞に接触しないように防御されています。

しかし、肌荒れが進んでいる場合、この肌のバリアー機能が劣化してしまい、外界の物質が直接表皮の細胞と接触してしまうという事態が発生します。ニキビができたり、肌が赤くなったり、発疹ができたりする体質の人は肌バリアーがあまり機能していないと考えていいでしょう。

肌というのは人間の全身を覆っています。当然ながら頭皮の表面もそうです。つまり頭皮の環境が悪化すると、頭皮の肌バリアーが劣化して、その細胞に直接異物が接触する可能性が出て来るというわけです。

花粉症の方は花粉がアレルゲンとなっているので、細胞部分に花粉が接触すると、粘膜に接触したときと同じように抗体が反応して炎症が起こります。しかも粘膜部分ではないので対抗措置が少なく、抗体は異物をなんとかしようと激しく反応を起こしてひどい炎症を起こす場合もあります。

花粉症の方で、花粉の季節はフケがひどい方や頭が痒(かゆ)いという方、鏡で見ると頭皮が赤くなっているという方などは、アレルゲンの接触によって抗体が反応していると思っていいでしょう。炎症が発生すると肌バリアーはますます劣化してしまい、頭皮の表面の細胞は壊れ始めます。

その結果、毛根の細胞にダメージを受けたり、髪の毛に栄養を補給する毛細血管が破壊されてしまったりして、それが薄毛の原因となるのです。花粉症が薄毛の原因になるといううわさも、決してバカにはできないと考えられます。

花粉症の対策方法は頭皮環境を守ること!

花粉症によって薄毛にならないようにするには、頭皮環境をよくして肌バリアーを正常に保つようにしなければなりません。正常な状態なら頭皮に花粉が触れても肌バリアーで阻まれて細胞に接触するようなことにはならないからです。

頭皮環境が悪化する原因として最近増えているのが、シャンプーをしすぎている場合です。シャンプーをすれば頭皮は清潔になるから環境は良くなるのでは?と思うかもしれませんが、肌バリアーを形成しているのは、肌の表面に分泌される皮脂です。

その皮脂を汚れと共にごっそり取ってしまうシャンプーは、バリアー機能を低下させる要因となります。また、トニック系などのさっぱりするタイプのシャンプーを使うと、肌が刺激されて、これも頭皮の状態を悪化させる原因となります。

肌は刺激を受けると反射的に防御しようとするので、通常と違う環境を形成してしまうのです。例えば皮膚を厚くしたり、皮脂を余分に分泌してみたりします。通常とは違う状態は肌には良くないので、肌荒れが発生してしまうのです。

シャンプーはできれば2日に1回程度、どうしても毎日洗いたいという方は、できるだけ刺激の少ないシャンプーを選ぶようにしてください。洗うときも頭皮を傷つけないようにやさしく洗いましょう。

低刺激の育毛シャンプーをさがしたい方はこちらから

外出時は頭をカバーする

すでに頭皮環境があまり良くない場合、花粉症の方は花粉の季節には頭皮に花粉が付着しないように工夫が必要です。外出時には通気性の良い帽子などをかぶって、花粉が頭に付着しないようにしてください。

花粉症自体の改善のためにも必要なことですが、外出から帰った際には玄関先で花粉を落としてから家に入るようにしましょう。げた箱などに洋服ブラシなどを用意しておくと便利ですね。

頭をカバーする物は先にも書いた通り通気性の良いものを利用してください。通気性が悪いと頭皮が蒸れてしまい、花粉は防げても頭皮環境の悪化に拍車がかかってしまいます。

また、外出時に帽子をかぶるのは、花粉を防ぐ以外にも、紫外線から頭皮を守ることにもつながります。肌環境の悪化を促す要因として紫外線は最も危険なものとも言われています。頭皮には紫外線(UV)クリームなどはなかなか付けられないので、直射日光に長時間晒(さら)すのは危険なのです。

おわりに

花粉症と薄毛には直接的な関係性はないように思えますが、花粉症の元となっているアレルギーが原因で頭皮が荒れて、薄毛になるということもあるようです。季節によって頭が痒(かゆ)くなるという方は特に注意が必要でしょう。

頭皮の状態を改善し、アレルギーの元となる花粉との接触を避けて、ただでさえつらい花粉症なのにさらに薄毛まで発症してしまわないように注意しましょう。花粉症も薄毛も、原因を理解してそれに対処するという日々の積み重ねで改善できるのです。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP