薄毛や抜け毛には亜鉛の摂取が鍵!?

おこわ

中高年の人々の中には、薄毛や抜け毛で悩む人が多くいます。薄毛や抜け毛の原因はいくつかありますが、その中でも代表的な原因とされるのが、亜鉛の不足です。亜鉛は人の体を健康に保つための大切な栄養素の一つで、これが不足すると髪の健康も損なわれてしまいます。ここでは、亜鉛と薄毛・薄毛の関係性についてご紹介します。

亜鉛の代表的な二つの効果

【亜鉛の効果1】薄毛の原因になるホルモンを抑えてくれる

男性ホルモン

亜鉛には薄毛の原因になるホルモンの働きを抑えてくれる効果があります。抜け毛は主にジヒドロテストステロンという男性ホルモンが作られることで起こります。このホルモンを作っているのが、5aリダクターゼという酵素で、亜鉛にはこの5aリダクターゼの活性化を抑制してくれる力があります。

これは近年薄毛の解消で注目されているノコギリヤシエキスなどと同じ成分で、併用することでさらに効果が期待されると言われています。ほかにも前立腺肥大や精力減退の予防など、男性にありがちな悩みの防止に効果があります。また不妊予防もでき、女性にもうれしい栄養素です。

【亜鉛の効果2】タンパク質を髪に変える

タンパク質を髪に変える

髪はケラチンというタンパク質からできています。亜鉛にはこのケラチンを髪に変える働きがあります。健康的な髪の基礎を作るもとになるのが亜鉛です。そのため亜鉛が不足すると、健康的な髪を作る機能がうまく働かず、細くて弱い髪しかできなくなってしまいます。結果抜け毛が増えて、薄毛の原因につながります。

日本人は全般的にタンパク質は十分取れていますが、亜鉛は不足しがちです。また、栄養の偏りもも抜け毛の原因になります。

ストレスは亜鉛不足と薄毛を招く

ストレス

薄毛の原因の一つにストレスがあり、ストレスは亜鉛を減らしてしまいます亜鉛は体の中の疲労や毒を浄化する働きがあり、ストレスを感じると亜鉛の消費量が多くなります。特に肝臓はストレスを感じた時の亜鉛の消費量が激しい部分です。

また亜鉛は仕事や運動をして疲労がたまった時にも浄化のために使われ、アルコールを解毒するのにも使用されます。亜鉛は生命の維持やストレスの解消のために優先して消費させるため、髪に使う亜鉛は後回しになります。また、亜鉛が不足すると髪に必要な栄養素が行かなくなるだけでなく、舌にある味を感じる細胞の代謝が悪くなって、味覚障害などを引き起こすこともあります。

ストレスがたまった時の抜け毛は主に精神的なものですが、同時に亜鉛も消費されてしまうため、髪にとってはダブルダメージです。さらに亜鉛はもともと吸収率が低い栄養素な上に、年齢を重ねるごとに吸収率が下がっていくものでもあります。薄毛や抜け毛に悩む中高年は、意識して亜鉛を摂取する必要があるといえるでしょう。

亜鉛不足を解消して健康的な髪に

亜鉛不足を解消して健康的な髪に

髪を健康的に保つためには、亜鉛不足を解消しましょう。亜鉛不足を解消することで、薄毛や抜け毛の対策につながります。そのためにはまずストレスを上手に解消することです。先述したようにストレスは、髪に必要な亜鉛を大きく消費してしまいます。ストレスを解消できれば、消費する亜鉛の量が減り、その分5aリダクターゼの抑制に亜鉛を使えるようになります。

ひとりの時間や趣味に没頭できる時間を作って、なるべくストレスをためないようにしましょう。ストレスの解消は、神経の異常から来る脱毛も防げます。また亜鉛は主に貝類や肉類、乳製品から多く摂取できます。特にカキやレバー、チーズなどは亜鉛を豊富に含んでいるため、積極的に食べるようにしましょう。納豆や落花生などの豆類にも、亜鉛が多いです。

ただ亜鉛は吸収率の低い栄養素のため、同時に亜鉛の吸収率を上げてくれる食品と一緒に摂取しましょう。中でもレモンに多く含まれるクエン酸は亜鉛と相性のいい栄養素です。カキにレモン汁などをかけて食べると効果的です。

おわりに

いかがでしたか?亜鉛は健康的な髪を作る上で欠かせない大切な栄養素です。効果的に摂取すれば、薄毛や抜け毛の解消につながります。ストレスを解消しつつ亜鉛を効率よく摂取して髪の毛の健康を末永く守っていきましょう。

亜鉛を効率的に摂取できるサプリメントはこちら

このページを見た人はこんなページも見ています

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP