薄毛と脂肪の関係って?太っていると薄毛になりやすいの?

肥満の男性

薄毛と脂肪とは一見何の関連性もなさそうです。あえていうなら太っている人や薄毛の人が中年以降には増えるということでしょうか。しかし実は薄毛と脂肪には関連性があるようなのです。

それでは脂肪と薄毛にどのような関連性が考えられるのでしょう。自分は太っているから薄毛になるかも?痩せているから大丈夫?など、不安だったりうれしかったりするかもしれません。

しかし実は単に太っているから、痩せているからというよりも、薄毛になる条件と、脂肪が蓄積される原因に共通点があることが問題なのです。太っているうえに髪の毛が薄いという悲しい状態にならないようにするにはどうすればいいのか、その原因と共に考えてみましょう。

薄毛と脂肪に関連性あり?

2014年に、台湾の大学病院が肥満と薄毛の関連性について、AGA(男性型脱毛症)である人が肥満である確率が、そうでない人よりも高いという統計結果を発表したのです。

しかも薄毛の進行が進んでいる人のほうが、より肥満であるという結果まで出しています。これでは薄毛と脂肪に関連があると考えざるを得ません。この研究における肥満という認識は、見た目で太っているというものではなく、体格指数(BMI)で求められた数値による比較です。

BMIはメタボの基準にもなっていて、計算によって肥満率がはっきりとわかるようになっています。BMIの計算は、「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」によって求められる数値で、25以上が肥満と判断されます。

数字として示されると現実感が増しますね。しかしこの発表はあくまでも肥満とAGAの関係性についての統計なので、その理由までは発表されていません。

実際、脂肪自体が髪を駆逐する訳ではありません。それではいったい何がこの結果を導き出していると考えればいいのでしょうか。

肥満であると薄毛になりやすい理由

太っている人が薄毛になりやすい理由というのはどういったものが考えられるでしょうか?実際に自分の周りの人を思い浮かべるとわかりやすいかもしれません。太っている人も、薄毛の人も中年以降の人が多いはずです。

つまり、中年以降に起きる共通する問題によって、肥満も薄毛も進行してしまうと考えれば納得できるのではないでしょうか。それでは具体的にどのような原因で肥満と薄毛の両方を背負い込むことになるのか、ご解説します。

1.血流の悪化

肥満、いわゆるメタボリック症候群の場合、血液がドロドロになっているといわれます。コレステロール値が高く、血流が悪くなりがちなのです。これは肥満となった場合の弊害であり、原因でもあります。さらに生活習慣病を誘発しやすいとされる原因でもあります。

肥満自体も血流が悪いと摂取した栄養の分配がうまくいかず、肥満に拍車がかかることになります。そしてこの血流の悪さが毛髪にも影響します。髪が成長するには血液が分配している栄養が必要です。

しかし血液がドロドロでは毛細血管によって栄養を得ている髪の毛を作っている細胞にうまく栄養が届かなくなってしまいます。薄毛の原因の一つとして血流の悪さが挙げられますが、肥満で薄毛の場合はその血流が悪くなる原因として高いコレステロール値が考えられます。

2.食事の偏りによる問題

肥満の人は食事の偏りによって栄養バランスが崩れて肥満になってしまいがちです。外食ばかりを食べていたり、お酒をしょっちゅう飲んでいたりすると、必要な栄養が摂取できず、不要なものばかりがたまってしまい、脂肪と共に身体にため込まれていきます。

これが、洋食主体の食事を取っている人に太っている人が多いといわれている理由です。薄毛の場合も、薄毛になりにくい食事は伝統的な和食であるといわれています。

ご飯と魚と卵、そして緑黄色野菜などを朝昼晩とバランスよく食べる食習慣は薄毛になりにくいのです。この点で、肥満と薄毛の原因が共通しているといえるでしょう。

3.そもそも代謝が低下しているから太る

実のところ薄毛と肥満の根本的な問題は代謝の悪さに行き着きます。年齢が上がると身体機能が低下するものですが、それによって摂取した栄養を分解・吸収・合成する能力も低下するのです。

そのためきちんと摂取した栄養を利用することができず脂肪にため込んで太ってしまいます。また、薄毛の場合は、髪の毛を作る際に効率よく育毛サイクルを回すことができなくなっていきます。

本来はまだまだ成長する途中で、髪の毛が抜けてしまったりするようになるのです。この身体の機能の低下による新陳代謝の悪さが、肥満にも薄毛にも共通しての原因となっています。

おわりに

中年以降にメタボで薄毛の人が増える理由がある程度わかったでしょうか。薄毛も肥満も身体の衰えに応じて生活を変えていくことで、ある程度防ぐことができます。

若い頃と同じように暴飲暴食、徹夜で遊んだり働いたりということは一定年齢を過ぎるともうできなくなると思っていいでしょう。それを理解しないと、ただでさえなりやすい肥満や薄毛をより進行させてしまうことになります。

自分の身体の状態をきちんと把握して、脂肪をため込まず、豊かな髪を保って健康的な生活を送るようにしましょう。メタボも薄毛も自覚してコントロールしていきたいものですね。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP