手遅れになる前に身につけておきたい若ハゲの原因と育毛剤の知識

若ハゲに悩む男性

若ハゲは、正しい症状名をAGA(男性型脱毛症)といいます。この名前からもわかるように、比較的男性に多い症状です。なぜ男性に多いかというと、大きな原因に男性ホルモンが関係しているからだと言われています。このエントリーでは、若ハゲの原因と育毛剤の効果の関係について分かりやすく解説してみますので、育毛剤選びや発毛対策の参考にしてみてください。

若ハゲの主な原因は男性ホルモン

男性ホルモンの中に筋肉などを増やすテストステロンという物質があり、こちらが頭皮の還元酵素に作用した結果、毛髪のサイクルに異常をきたすのが若ハゲです。そのため、若ハゲの症状についてお悩みの方は、まず病院で男性ホルモンが過剰に分泌されていないかを調べることをお勧めします。

その上で医師と相談し、ホルモンバランスを整えるにはどうすればよいのか、具体的な方策を決めていきましょう。

食生活の乱れやストレスも若ハゲの原因となる

若ハゲの原因は男性ホルモンだけではありません。高脂質の食事や、アルコールの過剰摂取、ストレスなども原因となることがあります。特に脂っこい食事やお酒の飲み過ぎといった食生活の乱れは、頭皮にも大きく影響しますので気を付けましょう。

逆に言えば、こうした食生活や日々のストレスを改善することで、症状がよい方向に向かうこともあります。焦ってホルモンバランスを無理に整えようとする前に、確実にできるこうした改善策から行うのも良いでしょう。特に食生活に関しては、脂質を控え、たんぱく質中心の食生活に切り替えることが大切だと言われています。

また、若い女性が抜け毛などに悩まれている場合は、ホルモンバランスよりもこうした食生活の乱れやストレスが大きく関わっていることが多いようです。まず確実な生活習慣の改善を心がけましょう。

若ハゲは育毛剤だけでは治らない!?

若ハゲの場合は、加齢による薄毛に比べ、育毛剤の効果が出にくいとも言われています。これはなぜかというと、若ハゲは先ほど挙げたようなホルモンバランスや食生活の乱れ、ストレスなど、原因となっている要素が何かを突き止め、それに合った育毛剤を選ぶ必要があるからです。

つまり、原因がはっきりしないまま、むやみに育毛剤を使っても効果が出にくいのです。

医師に相談し、何が原因で薄毛の症状が出ているのかを確かめ、まずそれにあった対策をとることが大切です。男性ホルモンならホルモンバランスを整える、食生活の乱れなら生活習慣を改善する、というように原因に対し改善策をとった上で、症状に合った育毛剤を使うようにしましょう。

若ハゲは「育毛剤だけでなんとかしよう」というのは難しいものだと覚えておくことが大切です。

育毛剤選びは長期的な視点が大切

育毛剤を選ぶ際には、つい発毛力の強いものを手に取りがちですが、頭皮への刺激を考えて副作用が少ないものを選ぶことも重要です。医薬品系の育毛剤は発毛効果も高いですが、その分頭皮に与える刺激や副作用も大きいことが多く、症状によっては逆効果になる場合もあります。

育毛というのは、ただ毛が生えればよいというものではなく、健康な頭皮と頭髪による発毛サイクルを作ることが大切です。天然素材・自然由来の育毛剤は副作用の心配もなく、長期的な使用に向いているようです。そうした選択肢も考えつつ、自分の症状に合った育毛剤を選びましょう。

また、日々のシャンプーにも気を付けましょう。育毛剤と同じく、あまり洗浄力の強いシャンプーは頭皮に刺激が強い場合も多いので、天然素材や植物由来のシャンプーを使ったり、洗う際に優しく軽めに洗ったりする癖をつけることも大切です。

長期的に使える育毛剤をさがすならこちらから

おわりに

いかがでしたか?若ハゲは、育毛剤だけで治そうとせず、原因を知り、それに合った生活改善やホルモンバランスを整えることが第一です。育毛剤はその補助的役割と考えましょう。

薄毛というのは頭皮・毛髪のサイクルが「脱毛サイクル」の悪循環に陥っている状態です。これを「発毛サイクル」に変えていくことが大切だといえます。

このページを見た人はこんなページも見ています

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP