髪にはコラーゲンが必要だった!17型コラーゲンが発毛のカギ

髪にはコラーゲンが必要だった!17型コラーゲンが発毛のカギ

特に男性は年を重ねると薄毛になりがちです。一般的には年をとることによって毛根が弱ってしまい、髪の毛が生えにくくなり、抜けやすくなる、という認識が当たり前のように存在します。しかし「なぜ年を重ねると髪の毛が生えにくくなるのか、抜けやすくなるのか」ということまでは、あまり知られてきませんでした。

私たちの日常会話の中でも「遺伝だからね」とよく言う人もいるかもしれませんが、その遺伝によって引き起こされるメカニズムについても、謎が残っていました。しかしこの度、東京医科歯科大がその謎を解明することができました。

加齢にともなう抜け毛はコラーゲンが減ることで引き起こされていた

東京医科歯科大学の西村栄美教授らが解明したのは、「加齢にともなう髪の毛の減少」。そのメカニズムはたんぱく質の一種であるコラーゲンが減ってしまい、毛を成長させる器官が縮小してしまうことにあります。

今回マウスで実験を行ったところ、人間でも同様の減少が確認できたため、この度米科学誌サイエンスにも掲載されることになりました。毛を生やすためには毛包という器官が必要になりますが、この毛包が機能しなくなると、毛が抜けやすくなり薄毛になってしまいます。

東京医科歯科大学の研究チームはこのことに着目。マウス実験を行ったところ、老化によって幹細胞のDNAに傷が残り、「17型コラーゲン」というコラーゲンの一種を分解してしまう酵素がほかと比べて多く出ていることがわかりました。この17型コラーゲンが分解されると、毛包が縮小してしまうことがわかったのです。

縮小のメカニズムは、本来、毛になるはずの毛包幹細胞が皮膚になる細胞となってしまい、最終的には剝がれ落ち垢(あか)になってしまうというもの。その後、毛包全体が縮んでしまい、毛が生えなくなってしまいます。

17型コラーゲンとはなにものなのか

17型コラーゲンとは、あまり聞き慣れない名前かもしれませんが、人体にとって必須のコラーゲンです。上皮組織の半接着斑の膜貫通タンパク質であり、細胞をつなぎとめるための接着分子のひとつと言われていますが、単純にこの17型コラーゲンが細胞同士をつなぎとめる役割があるのかと言われれば、そんな単純なものではなく、かなり複雑な関係でこのコラーゲンは存在しています。

この17型コラーゲン遺伝子が異常をきたすと、皮膚病になってしまうおそれがあり、髪が抜ける症状のほか、水泡ができたり歯に異常が出たりといった報告があります。

つまりこの聞き慣れないコラーゲンは、実は人間が生きていく上で不可欠なものだったということができます。

実験の結果は今後に期待できるものだった

この実験において老化したマウスを観察しただけでなく、17型コラーゲンが減らないように遺伝子組み換えを行ったマウスで実験したところ抜け毛が減ったことも確認することができました。

つまり17型コラーゲンが分解されにくくなれば、自然と抜け毛も減らすことができる、という明るい実験結果となりました。西村栄美教授はコラーゲンが分解されることを抑え、脱毛を防ぐような治療薬を5~10年で開発したい、と話しています。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP