髪と頭皮にダメージを与えてしまっている五つの生活習慣とその改善方法

髪と頭皮にダメージを与えてしまっている五つの生活習慣とその改善方法

髪の健康を決めるのは、髪に与える直接的なダメージだけではありません。普段の生活習慣でついついやってしまいがちなことも、髪に大きな影響を与えます。一見髪とは関係なさそうに見えることでも、髪にダメージを与えていることがあります。

ここでは髪と頭皮にダメージを与えている生活習慣、五つをご紹介します。自分はやっていないかチェックしてみましょう。

1.朝のシャンプー

シャワー

まず朝にシャンプーをするのは髪によくありません。髪が成長する時間帯は22時から翌2時にかけてであり、この時間に1日の汚れを落としてあげることで髪に栄養が行きわたるようになります。1日の汚れをためたまま寝てしまうと、成長する時間に健康的な成長ができず、髪はどんどん不健康になってしまいます。

また日本皮膚科学会の調べでは、頭皮はシャンプーしてから6時間後に分泌されて頭皮にバリアーを作ります。夜にシャンプーしておくことで、起きて外出する時にちょうどバリアーができた状態になります。朝のシャンプーは控えて、夜寝る前にシャンプーをする習慣を付けましょう。

2.野菜よりお肉が多い食生活

肉料理

食べ物を選ぶ時に、お肉を積極的に選んでしまうのも、髪によくありません。油ものを多く取ると頭皮から分泌される皮脂が過剰になり、毛穴を詰まらせてしまいます。また油ものの取りすぎで血中コレステロールが高くなると、血管が詰まって血流が悪くなり、頭皮に十分な血液が行かなくなります。

頭皮にうまく血液が回らなくなると、頭皮や髪が栄養不足に陥ります。そうすると新しい髪が生えてこなくなり、薄毛の原因になります。また髪だけでなくメタボリック症候群(シンドローム)など、体全体の健康にも影響を及ぼします。

お肉だけではなく、必ずメニューに野菜を付け加えるようにしましょう。ただ気にしすぎてストレスになってもいけません。まずはできる範囲からメニューを変えることが大切です。

3.タバコ

タバコ

休憩中に一服とタバコを吸う人もいますが、タバコには人体に有害な化学物質がたくさん入っています。タバコを吸うと血管が収縮して血流が悪くなり、頭皮に栄養が行かなくなってしまいます。結果、健康な髪が生えてくる妨げになるため、髪のためにはタバコは吸わない方が無難です。

タバコでストレスを発散しているという人は、タバコではなくお酒でストレスを発散できるようにしましょう。お酒は血行促進を促してくれるため、血流がよくなって頭皮にいい影響を与えてくれます。ただし飲みすぎには注意しましょう。

4.ストレスの多い仕事

ストレスの多い仕事

ストレスも髪にはよくありません。現代人は仕事ばかりで、自分の好きなことをやる時間を削ってしまいがちです。しかしこうした生活を送っているとストレスがたまって、円形脱毛の原因になります。

ストレスは神経と大きく関わりがあります。ストレスをためると自律神経に異常をきたしたり、末梢(まっしょう)神経が働かなくなったりして体全体に悪影響を及ぼします。もちろん頭皮や髪にも影響します。

仕事ばかりではなく、ひとりになってリラックスできる時間を作るようにしましょう。まず自分が楽しいと思えることを見つけるのが大切です。

5.夜更かし

夜更かし

休日の前日は夜更かしを楽しむ人もいますが、夜更かしも髪の健康のためにはNGです。先述したように髪は22時から翌2時の間に成長します。この時間は体が老廃物を出して、新しい細胞を作る時間帯です。この時間に睡眠をとって自律神経を正常な状態にしておかないと、体全体に栄養が行きわたらなくなります。

22時から翌2時は睡眠をとって、朝早めに起きるようにしましょう。早寝早起きは髪にとってもお得です。

おわりに

いかがでしたか?今回は髪と頭皮にダメージを与えてしまいがちな五つの生活習慣を紹介しました。いずれもやってしまいがちですが、髪の健康を保つためには控えなければなりません。規則正しい生活が、髪の健康を守るために大切なことです。みなさんもぜひ実践してみてくださいね。

【あわせて読みたい記事】

今日からできる36の薄毛対策と理想的な育毛生活

このページを見た人はこんなページも見ています

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP