抜け毛が増える?シャンプーブラシのメリット・デメリットについて徹底解説!

抜け毛が増える?シャンプーブラシのメリット・デメリットについて徹底解説!

シャンプーブラシは、シャンプーをより効果的に行うためのアイテムです。シャンプーブラシを利用すると、丁寧に地肌を洗っていても取り切れない皮脂汚れをしっかり落とすことができます。

それ以外にも得られる効果はたくさんありますが、使い方を間違えれば薄毛になってしまうデメリットもあるため、詳しく知っておくに越したことはありません。

今回は、シャンプーブラシのメリット・デメリット、正しい使い方をご紹介します!

シャンプーブラシにどんなメリットがある?

シャンプーブラシは、男性用・女性用で分かれています。女性用の場合、爪が長い人やネイルをしている人に特化した作りになっていることがあります。

主に得られるメリットをご紹介します。

毛穴の汚れをしっかり落とせる

シャンプーブラシは、手では洗いきれない頭皮の毛穴や皮脂よごれをしっかり落とすことができます。

頭皮マッサージ・血行促進効果

シャンプーブラシを使うことで、頭皮全体をマッサージしながらシャンプーをすることができます。頭皮の血行が促進されると、髪の毛に栄養が届きやすくなり、健やかな頭皮環境になっていきます。

リラックス効果

ブラシの部分がツボを刺激することで、頭皮の緊張をほぐし、リラックス効果を得ることができます。日頃から目を酷使される方や眼精疲労ぎみの方は、頭皮が緊張しやすい状態なので特におすすめです。

シャンプーブラシのデメリット

シャンプーブラシは、実を言うと正しい使い方ができていない方が多くいます。また、自分にあったブラシを選べていない可能性も考えられます。

髪が絡まりやすい

シャンプーブラシは、シャンプー前にあらかじめブラッシングをしてから使う必要があります。ほこりやよごれが付着している状態で髪を水に濡(ぬ)らしてしまうと、髪同士が絡まりやすくなってしまうからです。

その状態で、シャンプーブラシを使ってしまうととかしにくく、余計に髪が絡まる原因が増えてしまいます。また、余分な抜け毛にもつながります。

仮にシャンプーブラシを使わなかったとしても、たまに起こりうることですので、普段からシャンプーは丁寧に行う必要があります。

材質によっては頭皮を傷つけてしまう

シャンプーブラシは、シリコンなどの柔らかい素材でできているものもありますが、基本的に固いものです。

シャンプーブラシの感触が気持ちいいからと、頭皮に強く押し付けて洗ってしまうと、抜け毛の原因になるだけでなく、髪の毛も絡まってしまいますので注意しましょう。

シャンプーブラシの正しい使い方

シャンプーブラシを正しく使うと、皮脂や汚れがきれいに洗い流れ、頭皮環境を整えることができます。

シャンプーブラシを使うときのポイントとして、小刻みに左右に動かすことと、丁寧にシャンプーをすることなどが挙げられています。また、シャンプーブラシの形状によっては使い方が異なることがありますので、説明書をご覧の上、以下の使い方を参考にしてください。

  1. 1.髪を濡(ぬ)らす前に通常のヘアブラシでブラッシングします。一度ぬらしてしまうと、髪がからまり取れにくくなります。
  2. 2.髪をぬらし、手を使って地肌まで十分に予洗いをします。
  3. 3.シャンプーを手に取り、両手でよく伸ばして軽く泡立てます。
  4. 4.シャンプーを髪につけて、指の腹でたっぷり泡立てます。地肌全体に行き渡るように指の腹でマッサージします。
  5. 5.ここでシャンプーブラシを使います。地肌にブラシを付け、髪の生え際から頭頂部、その次に耳の後ろから後頭部、えりあしから後頭部にかけて、小刻みに左右に動かしながら3回ほど繰り返して洗います。後頭部は手で髪をよけて持つと洗いやすくなります。
  6. 6.仕上げにブラシで髪をとかすように地肌全体を洗います。
  7. 7.すすぐ前に手の泡を落とし、シャンプーの泡やぬるつきがなくなるまで地肌と髪をしっかりすすぎます。

シャンプーブラシの賢い選び方

ここでは、自分にあったシャンプーブラシの選び方をご紹介したいと思います。シャンプーブラシは、材質もさまざまであるため、実際に手で確かめてみることも大切です。

シャンプーブラシの先が尖(とが)っていないものを選ぶ

シャンプーブラシは、それぞれ使われているブラシの長さに違いがあります。

ドラッグストアなどの店舗には、商品見本が置いてあることが多いので、手にとってブラシの材質やブラシのタイプを確かめてみましょう。

シャンプーブラシを確認するときは、手で触るとやわらかく感じますが、実際に地肌に当てて使用してみると硬く、痛いということがあるため確かめておくと良いです。

あくまで、ブラシの先が尖(とが)りすぎておらず、自分の頭皮に合ったシャンプーブラシを選びましょう。

髪質にあった材質を選ぶ

シャンプーブラシの材質は、人によって使用感はさまざまです。かたい髪質である場合は、柔らかい材質だとブラシでの洗い上げが物足りなく感じてしまうことがあります。

逆に、髪の毛が柔らかい人にとっては、硬い材質のものだと痛いと感じてしまうことがあります。

そのため、基本は地肌を傷つけにくい材質のシリコン製を選びましょう。

ポイントは、かたい髪質の人は少し硬めの材質を選び、髪質が柔らかい方や通常の髪質の人は、柔らかい材質を選ぶことです。

持ち手にこだわる

シャンプーブラシの多くは、本体の持ち手がフック状やリング状になっています。しかし、中には持ち手がないものもあります。

自分が使うときにはどのような持ち手がいいかをあらかじめ確かめておくことも大切です。使いにくいものは、いずれ使わなくなってしまうことが多いので、使い心地にストレスがないかを考えて選ぶことも大切です。

自分に合ったシャンプーを選ぶ!

シャンプーブラシを正しく使っていても頭皮トラブルに遭ってしまう方がいます。実は、シャンプー剤が自分の地肌に合っていなかったというパターンもあるんですね。市販によくある通常のシャンプー剤の多くは、石油系界面活性剤を使用しています。こういったシャンプー剤は洗い上がりが強く、爽快感のある洗い上がりを感じることができます。

しかし、敏感肌の方や乾燥肌の方が使用すると、頭皮の皮脂を過剰に取り除いてしまうため、かゆみや頭皮トラブルのもとになってしまうことがあります。

そのため、敏感肌や頭皮トラブルを感じている方には、アミノ酸系のシャンプー剤がおすすめです。アミノ酸系のシャンプーは、頭皮環境を考えて作られています。洗い上がりもやさしく、頭皮の皮脂を洗いすぎないことが特徴です。

育毛シャンプーの人気ランキングはこちらから

おわりに

いかがでしたか。薄毛対策や育毛には、健やかな頭皮環境が重要です。頭皮ケアを頑張っていきたいという方は、ぜひシャンプーブラシを積極的に利用していきましょう。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP