意外と知らない養毛剤と育毛剤と発毛剤の違い

悩む男性

抜け毛や薄毛など髪の毛に関する悩みを持ち始めると、育毛剤や養毛剤の使用を考えるようになる人も多いでしょう。とはいえ、育毛剤と養毛剤の違いについて熟知している方はあまり多くありません。

ここでは、養毛剤と育毛剤、そして発毛剤のそれぞれの違いについてご紹介します。

養毛剤は毛髪の保護のため

養毛剤は毛髪の保護のため

養毛剤は、読んで字のごとく毛髪に栄養を与えるための薬剤です。既に生えている毛髪に栄養を与えることで、栄養不足による脱毛を防ぐという効果があります。脱毛を防ぐということで、後に説明する育毛剤と同じではないか、と思われるかもしれませんが、これらには大きな違いがあります。

その大きな違いとは、薬事法による分類です。養毛剤と育毛剤、また発毛剤のそれぞれに関しては、配合されている成分によって医薬品や医薬部外品、そして化粧品に分類されます。養毛剤はこの中の化粧品に相当するため、医薬品ではありません。いわばヘアトニックなどと同じくケア用品である、ということが最も大きな特徴と言えます。

育毛剤は髪の成長を促すもの

育毛剤は髪の成長を促すもの

育毛剤はこれも字の通り、毛髪を育てる・育む効果のある薬剤です。毛髪の成長のために頭部の環境を整えるものと考えて良いでしょう。

既に生えている髪の毛には、しっかり成長してさらに伸びていく毛髪もあれば、産毛のような、いわゆる新生毛の状態で、これから太くなっていく毛髪もあります。

育毛剤が毛髪だけでなく頭皮や毛根にも働き掛けることにより、成長した毛髪と産毛のどちらも抜け落ちてしまうことを防ぎ、さらに成長させていくための薬剤が育毛剤ということになります。

育毛剤はいくつかのタイプがあり、毛根周辺の血管を拡張し血流を促進することにより多くの栄養を毛根に届けるタイプ、男性ホルモンに働きかけ男性型脱毛症の原因であるジヒドロテストステロンの発生を抑制するタイプ、頭皮の皮脂を抑制するタイプなどがあります。

いずれも毛髪がある程度生えている場合に効果をもたらすもので、髪が完全に抜け落ちた状態まで抜け毛の進行が及んでいる場合は、これらの育毛剤の効果は薄くなります。

育毛剤は薬機法の分類では医薬部外品にあたり、効果・効能が認められた成分が含まれているものの、治療よりは予防に重点をおいたものとなります。

発毛剤は治療のための医薬品

毛髪の発毛を促す

発毛剤は、毛髪が抜け落ちてしまった毛穴に対し、新たな毛髪の発毛を促すための薬剤です。つまり、脱毛治療を目的としている薬剤は発毛剤と呼ばれるものに限るということになります。

現在、日本国内で発毛剤として認められている薬は、フィナステリドを主成分とするプロペシアと、ミノキシジルを主成分とするリアップの二つとなっています。フィナステリドは主に服用するタイプの発毛剤で、ミノキシジルは頭皮に塗って使用するタイプの発毛剤です。リアップは市販薬として一般の薬局で手に入れることができますが、プロペシアは病院での処方箋が必要となります。

ちなみに、海外では両発毛剤のジェネリック医薬品も販売されており、個人輸入であれば海外から購入することもできます。前述の養毛剤・育毛剤と異なり、医薬品として認められているのは、この発毛剤のみです。医薬品は配合されている有効成分の効果が認められており、治療と予防の両方を目的とした薬を指しています。

医薬品には、テレビCMなどで耳にするように「用量・用法を守ってお使いください」という表示が説明書やパッケージに必ず表記してあります。用量を超えて使用した場合や、有効成分に対する反応の個人差によって副作用が出るというリスクがあります。

発毛剤も医薬品である以上、使用に関しては副作用のリスクがあることを十分に理解した上で使用することが前提となります。

おわりに

養毛剤と育毛剤、そして発毛剤それぞれの違いは薬事法によって明確に線引きされていることが分かります。使用者が自身の脱毛の症状に合わせ、脱毛の予防が必要なのか、治療と予防の両方が必要なのかによって選び分けることが大切です。

当サイトで人気の育毛剤ランキングをチェックする

このページを見た人はこんなページも見ています

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP