育毛剤選びの重要な五つのポイント

薄毛に悩む男性

薄毛が気になる人や、早い段階から薄毛対策をしたいという男性は多いでしょう。最近はいろいろなタイプの育毛剤が市場に出回っています。各メーカーが力を入れ、商品開発をしています。

しかし、どの育毛剤が自分に合っているかを知っている人は、意外と少ないようです。自分の頭皮の状態を把握し、何が薄毛の原因となっているのか、事前に調べておく必要があります。

どんなトラブルが生じているかわかったら、いよいよ育毛剤選びです。選ぶポイントを三つ紹介していくので、参考にしてみてください。

1.副作用を回避!育毛剤の安全性を調べる

副作用

育毛剤は、頭皮に直接つけるものです。頭皮はとても敏感で繊細なところですので、ちょっとした刺激がトラブルを引き起こす原因になります。安全な成分のみ使っている育毛剤を選ぶようにしましょう。多くの育毛剤はアルコールが含まれています。防腐剤や添加物が入った商品も多く、頭皮に悪影響を与える可能性がありますので、気をつけて見てみましょう。

ノンアルコールタイプか、無添加の育毛剤を選べば安心です。ただし、高品質の育毛剤はコストが高いというデメリットがあります。コストパフォーマンスを考えた上で購入を検討しましょう。高品質で高級な育毛剤を定期的に買うのが難しいという人は、なるべく体に悪い成分の含有率が低いものを選びましょう。少しでも頭皮の負担を減らせる育毛剤選びが重要なポイントです。

2.商品ができるまでを調べる

商品ができるまでを調べる

私たちが手にする育毛剤は、きちんと製品化された完成品です。パッケージに成分の内訳や消費期限、使用上の注意が書かれてあることは、知っている方も多いでしょう。しかし、どのような過程を経て商品ができあがっているかを知っている人は少ないと思います。

販売されている商品から得られること以外の情報も調べてみましょう。発売元の会社の概要や基本情報、研究施設や研究結果など、インターネットや企業パンフレットなどを使って情報収集してみてください。「有名な企業だから」、「高級なブランド商品だから」といった理由で安心はできません。会社の実態を知ることで、ようやく商品の信ぴょう性を見極められるのです。

3.薄毛の原因を改善してくれる成分が配合された育毛剤を探す

薄毛の原因を改善してくれる成分が配合された育毛剤を探す

育毛剤は、主に5種類に分類することができます。まずは男性ホルモンを抑制するもの、頭皮の血行を促進するもの、毛母細胞を活性化するタイプがあります。さらに、頭皮環境を改善するもの、発毛環境を整えるタイプがあり、この五つのいずれかから選択するようになります。

自分の頭皮をチェックし、どんな効能の育毛剤が必要かを判断しましょう。男性ホルモンを抑制する成分としては、プロペシアやノコギリヤシが有名で、血行促進する成分としては塩化カルプロニウムなどがあります。毛母細胞を活性化する成分には、ビタミンH(ビチオン)や亜鉛などがあります。頭皮の脂質を除去してくれる成分として、イオウやビタミンB6があります。

育毛効果の期待できる成分について勉強してみましょう。売られている商品を買うだけでなく、知識を深めて商品選びをした方が自分のためです。

4.遺伝的要因に効果的な育毛剤を探す

男性ホルモンは、本来体毛の成長を促進させるホルモンですが、髪については逆の働きをするといわれています。体毛は濃いにもかかわらず薄毛になることがありますが、それは男性ホルモンが原因なのです。

脱毛に作用する〈5αリダクターゼ〉という酵素がありますが、この酵素の体内分布は遺伝が大きく関与しているといわれています。あなたの身内に薄毛の方は多いですか?もしそうならば、この原因が考えられます。

遺伝的要因と思われる薄毛には、実に多くの男性が悩んでいます。このタイプの薄毛は〈男性型脱毛症(AGA)〉とよばれ、男性の薄毛の95%を占めています。残念なことに、このタイプの薄毛は時とともに進行してしまいます。

そんなAGAには、有効な成分が存在します。日本皮膚科学会『男性型脱毛症ガイドライン』(2010年)によると、AGAには、毛細血管を拡張させて血行促進をする〈ミノキシジル(外用)〉、脱毛に関与している酵素を阻害する〈フィナステリド(内服)〉が効果的とされています。したがって、AGAにはこの成分を含んでいる育毛剤がおすすめです。

なお、ミノキシジルを含む育毛剤はすでに市販されていますので店頭で手に入ります。しかし、内服薬フィナステリドについては処方箋が必要なので、医師の診断を受けなくてはなりません。

5.ストレス、食事、生活習慣の乱れに効果的な育毛剤を探す

私たちは日々の生活の中で何らかのストレスを抱えています。過度のストレスにさらされると自律神経やホルモンバランスが乱れ、その影響で頭皮の血流が低下します。また、過激なダイエットや暴飲暴食などの偏った食生活、睡眠不足による体調不良、正しくない洗髪などでも頭皮環境が悪化することがあります。

このようなストレスや偏った食事など、最近、自分自身で何か思い当たる節はありませんか?こうした状態が続くと、頭皮への血流低下や栄養不足により、髪の成長が鈍って薄毛になります。

このタイプの薄毛には、ストレス発散、栄養バランスのよい食事、頭皮を清潔に保つなど、頭皮環境を良好にすることが基本です。このような改善をしたうえで、頭皮をさらに健康にするための育毛剤として、頭皮の血行促進をするケア製品、髪の成長を促すサプリメントがおすすめです。

ケア製品には、血行を促進させる生薬植物由来の成分を含むものがあり、頭皮に塗ったりスプレーしたりしてマッサージするものがあります。ケア製品は幅広い種類がありますので、頭皮の状態によりうまく使い分けるといいですね。

またサプリメントは、髪の成長に必要とされる栄養成分を補給するのに活用しましょう。髪に必要とされる亜鉛・銅・セレンなどの不足しがちなミネラルやビタミンB群などを補給して、髪の成長を促しましょう。

おわりに

薄毛の原因と、それに合った育毛剤選びについて紹介しました。薄毛対策で重要なポイントは、原因を見極め、それに合った育毛剤を選び、きちんと継続することです。自分に合った育毛剤を見つけ、継続的にケアしていきましょう。

育毛剤はニオイがきつい物も多いので、気になる人は直接嗅いでみるといいです。いろいろな角度から育毛剤を選べば、失敗を避けることができるはずです。ちなみに、どのタイプの育毛剤もお試し期間は約6カ月と言われています。最低でも半年以上は続けてみないと、効果が現れないとされています。すぐ実感しない場合でも継続した方がいいでしょう。

育毛剤の人気ランキングはこちらから

このページを見た人はこんなページも見ています

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP