頭頂部はげを上手にカバーするための三つのポイント

鏡を見る男性
薄毛にはいろいろなタイプがあります。生え際が後退したり、M字になったり、頭頂部が薄くなったりと、人それぞれです。ここでは、頭頂部が薄くなってきた男性に似合う髪型を紹介していきます。かっこよく決まるポイントは四つあります。

そもそも頭頂部はげを隠そうとするのはNG

頭頂部の薄毛を気にする人は、隠そうという意識が働きがちです。お辞儀をしたり、かがんだりしたときに、見られたくないと考える人は多いでしょう。 しかし、実は隠そうとすることで、違和感のあるヘアスタイルになることが多いです。ロングヘアにしたり、長い部分の髪で薄いところを覆ったりすると、不自然な髪型になってしまいます。

頭頂部は自分でチェックしにくいところです。鏡で見たときは上手に隠れていると思っても、光が当たったり風が吹いたりすると、薄毛部分が見えてしまいます。ヘアスタイルが変わらないようスプレーやワックスを使うと、毛量が少なく見えるため逆効果です。 あえて見せるヘアスタイルを心掛けると、周囲には自然に見えるものです。薄毛が軽度のものなら隠しても違和感はありませんが、進行している場合は「隠すことはNG」だと心得ましょう。

頭頂部はげをカバーするための三つのポイント

1.髪全体のバランスを整えてスッキリさせる

薄毛部分が目立ってしまう大きな理由は、毛量の多いところと少ないところのバランスが悪いことです。頭頂部が薄くなる人は、えりあしや後頭部に毛が多いという特徴が見られます。頭部の下にボリュームが出てしまうと、頭頂部の薄毛が際立ってしまうのです。

毛量が多い部分は、なるべく軽くなるようにカットしてもらいましょう。短めにすると全体のバランスがよくなります。頭頂部をやや長めにすると毛髪量が均一化して、自然なヘアスタイルになります。 また、髪全体をヘアカラーすることで、頭頂部を目立たなくさせる方法もあります。黒い髪は地肌が見えたときに、色のコントラストが強調されてしまいます。仕事に差し支えなければ、地肌の色に近い明るめの茶髪にすると、薄毛は目立ちにくくなりバランスがよくなります。 人によっては明るいカラーが似合わない場合もあるため、シミュレーションしてから挑戦してみましょう。規則がゆるい職場は問題ないでしょうが、厳しい場合は確認が必要です。

2.短髪で爽やかな印象を与える

頭頂部の薄毛が軽度の場合は、オールバックスタイルで爽やかに決めることができますが、目立ってきたという場合は思い切って短髪に挑戦してみましょう。短髪は薄毛を目立たせるイメージがあるかもしれませんが、頭頂部が薄くなっている人は短い髪にすることで目立たなくなります。

昔はスポーツをする学生や高齢者のイメージが強かった丸刈りも、最近オシャレなヘアスタイルとして認知されてきています。短髪スタイルや丸刈りにすると、清潔感のある爽やかなイメージが生まれます。

3.相性のよい美容室・美容師を探す

薄毛が気になってきた人は、美容室選びに迷うことがあるでしょう。特に女性の美容師がいるお店は行きにくいと感じているのではないでしょうか。 薄毛を目立たせなくするヘアスタイルは、美容師の腕次第です。きちんと相談したうえでかっこよくしてくれる美容室・美容師を見つけましょう。

最近は、薄毛対策を行ってくれる美容室が増えてきています。男性専用サロンとして、薄毛対策のカットやスタイリングはもちろん、ヘッドスパやマッサージなどで頭皮ケアをしてくれるお店です。自分でケアするときのアドバイスをしてくれる美容室も登場しています。 例えば、自分でできる頭皮ケアやシャンプーの正しい方法をアドバイスしてくれます。頭皮環境を整える方法やNGな手入れ方法の説明もしてくれます。

おわりに

頭頂部の薄毛は、隠さず見せる短髪ヘアスタイルにすることがポイントです。紹介した三つのポイントをクリアして、すてきな髪型にしましょう。

このページを見た人はこんなページも見ています

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP