頭皮にかゆみを引き起こす5つの原因と実践したい3つの対策

頭をかく男性

ふと気が付くと頭をポリポリとかいてしまっている……そんな経験はありませんか?もしかして、その頭のかゆみ、薄毛につながる危険なかゆみかもしれません。

今回は頭皮のかゆみについて知っておきたい知識をぎゅっと詰め込んでみました。頭皮のかゆみの原因、そして有効な対策法までしっかりご紹介します。気になる頭皮のかゆみをこの機会に撃退してしまいましょう。

頭皮のかゆみが薄毛につながる!?

頭皮がかゆいと思ってもそのまま放っておくという方は多いのではないでしょうか。ちょっとしたかゆみなら指でちょいちょいとかいて済ませてしまうという人も。頭皮のかゆみと薄毛や抜け毛は一見なんの関係もないように見えます。

しかし、実はかゆみというものは、頭皮に何かトラブルが起こっているサインなのです。このサインを無視してしまうと、結果的に薄毛の原因になってしまうことがあるのです。

頭皮のかゆみの原因は爪にあり?

ここで少し頭皮のかゆみの原因を探ってみましょう。

まず、あなたの指先を見てみてください。爪が伸びていたり、尖(とが)っていたりしませんか?実は、かゆみの原因は頭皮でなく爪にあることも多いのです。

男性は指の力が強く、シャンプーの時に爪で頭皮を傷つけてしまいがちです。頭皮に傷がついてしまうと、これがかゆみの原因になります。また爪で傷をつけると、爪の中にいる化膿(かのう)菌などの細菌が傷から頭皮に入り込んでしまい、傷を悪化させてしまうこともあるのです。

爪が伸びている、また爪が尖(とが)っているという方はきれいに切りそろえたり、やすりをかけたりとまず爪のケアからはじめてみましょう。

頭皮にかゆみを引き起こす五つの原因

頭皮のかゆみの原因は多くの場合、傷や炎症・皮膚炎などのトラブルが元になっています。傷だけでなく、時にはシラミが原因になっていることも……!

かゆみをケアせずに放っておくと、髪や頭皮に深刻なダメージを与えてしまい、ひどい薄毛や抜け毛を引き起こしてしまうのです。

ここでは頭皮のかゆみの原因として考えられることをご紹介します。あなたのかゆみの原因を探って、かゆみが出た時はしっかりとケアするように心掛けましょう。

1.爪で頭皮を傷つけている

先ほどもお話ししたように、爪が原因で頭皮を傷つけていることがあります。爪を必要以上に伸ばさないこと、爪やすりなどを最後にかけて滑らかな状態に仕上げることが大切です。

2.シャンプーが合っていない

自分の体質にシャンプーが合っていないと、かゆみ等の地肌トラブルの原因になってしまいます。

例えば乾燥肌なのに洗浄力が高いシャンプーを使って必要な皮脂まで洗い落としてしまっている、また、肌が弱いのに刺激が強いものを使用しているという可能性があります。

肌に合っていないシャンプーを使ってしまうと、乾燥状態になってしまったり、炎症を起こしてしまったりとかゆみを引き起こす土壌を作ってしまうのです。

3.間違った洗い方をしている

せっかく自分に合ったシャンプーを選んでいても、洗い方が間違っていると効果が半減してしまいます。

爪を立てて洗う、きれいに洗い流せていないなど、シャンプーの仕方が間違っているために地肌トラブルと起こしている人は意外に多いのです。正しいシャンプーの仕方を覚えて、実践することが大切です。

4.パーマ液やカラー液の刺激による皮膚炎

パーマ液やカラー液は刺激が強いものが多いため、これがかゆみを引き起こす皮膚炎の原因になることもあります。頻繁に髪の色を変えている、市販の薬剤を使って自分で染めている場合などは、特に皮膚トラブルの確率がアップしてしまいます。

肌が弱い方は特に注意が必要です。

5.シラミ

現代日本でシラミ?と思われるかもしれませんが、アタマジラミは先進国でも時々集団発生して問題になるシラミです。

フケのように見えるけれど、頭にしっかりとへばりついて取れない乳白色の光沢ある長卵円形のものはアタマジラミの卵である可能性があります。

大人の場合、性交渉でケジラミに感染することもあります。頭皮以外の陰毛等にもかゆみが出ている場合には、そちらにも注意が必要です。

頭皮のかゆみを和らげる三つの対策法

上でご紹介したかゆみの原因は、自宅でのケア方法を少し変えるだけでかんたんに対策できる可能性があります。

1.頭皮に合ったシャンプーを選ぼう

まずは毎日の洗髪に使用するシャンプーから見直してみましょう。

市販シャンプーで最も多い高級アルコール系のシャンプーは洗浄力が高く安価ですが、地肌に残ると炎症やかゆみの原因になってしまいます。せっけん系のシャンプーは地肌に優しいのですが、せっけんカスが頭皮に残りやすく、よく洗い流さなくてはこちらもかゆみの原因になります。

かゆみ等の頭皮トラブルがある方に最も適しているのはアミノ酸系シャンプーです。低刺激で、乾燥しづらいので、肌が弱い人や乾燥肌の人はより効果を実感できるでしょう。アミノ酸系シャンプーの中でも、天然のものや弱酸性のものがよりオススメです。

2.正しいシャンプーの方法を学ぼう

良いシャンプーを見つけられても、正しいシャンプーの方法を知らなければ効果を実感できません。

ここではかんたんかつ効果的なシャンプーの方法をご紹介します。

まず、シャンプーは手の中でよく泡立ててから使います。直接シャンプーを頭皮に擦(こす)り付けると、余計な摩擦で頭皮に負担を与えてしまうからです。

次に洗い方ですが、シャンプーは下から上へ向けて洗っていくのが正解です。襟足からはじめ、最後に額の生え際を洗うようにします。この時にマッサージするように洗うとより効果的です。

最後に、一番大切なのがすすぐ工程です。シャワーは毛の流れに逆らうようにして使用します。最後、頭皮におわん状にした手をあてて、ためすすぎをすると、すすぎ残しを減らすことができます。

3.かゆみを抑える頭のツボを知っておこう

最後に、かゆみを抑える頭のツボをご紹介します。

曲鬢(きょくびん)』と呼ばれる頭のツボは、頭皮の血行をよくして、かゆみを抑えてくれる効果があります。耳の付け根からまっすぐ上、耳のてっぺんを横軸にし、交わった場所が曲鬢(きょくびん)のツボです。曲鬢(きょくびん)のツボは人さし指で左右同時に、頭の中心に向かうようにして押します。

ちょっとした休憩時間などにも押せるツボなので、かゆみが気になる方はぜひツボ押しも活用してみてくださいね。

おわりに

髪のかゆみを解消することで、頭皮の状態を改善することができます。

頭皮からのSOSを見逃さず、ぜひ紹介した解決法を実践し、頭皮の状態を整えてあげてくださいね。

また、通常使うシャンプーを育毛シャンプーに変えることで、頭皮環境をより健全に保つことができます。育毛シャンプーは、界面活性剤やシリコンが含まれていないため、市販のシャンプーと比べて頭皮環境が悪化してしまうリスクを軽減できます。

正しいシャンプーのやり方と共に安全なシャンプーを使うことで、一層育毛効果を高めることにつながるでしょう。

育毛シャンプーの人気ランキングをチェックする

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP