ケラチンを知らずに育毛は語れない!髪の毛の主成分ケラチンの働き

顕微鏡で見た髪の毛

育毛について調べると、よく目にするのが「ケラチン」という言葉です。髪の毛の主成分をまとめて指す言葉なのですが、このケラチンはたくさんのアミノ酸によって構成されています。

日本人の髪の毛の平均本数はおよそ10万本といわれていますが、その髪の1本1本が、アミノ酸の結合によってできていると考えると不思議な気持ちになりませんか?

今回は、ケラチンとはいったいどんなものなのかについて詳しく解説します。

髪の主成分ケラチンとは?

アミノ酸は人間の体を構成する物質のことで、20%を占めています。このアミノ酸は髪を構成するだけでなく、呼吸など人間の生命活動にも関わりが深い成分です。

タンパク質を構成するアミノ酸は20種類あり、必須アミノ酸は9種類、非必須アミノ酸は11種類となります。このうち、髪に必要なアミノ酸が18種類あり、これらがケラチンを作り出します。このアミノ酸が一つでも不足すると、育毛がうまくいきません。

ケラチンの主成分である七つのアミノ酸

ケラチンはアミノ酸が18種類で構成されますが、その半分以上を占めるのが7種類のアミノ酸で、これらが不足すると薄毛や抜け毛が進行したり、髪が細く弱々しくなったりします。

  • シスチン

    体内で合成することができるアミノ酸の一つです。このシスチンは体の活性酸素を除去するために働くので、食生活に偏りがない限りは不足することはありません。

    ところが、喫煙や飲酒をしたり、紫外線を受けたりすると活性酸素が体内に生まれ、それの除去にシスチンが消費されるので欠乏してしまいます。

  • グルタミン酸

    昆布などに多く、うまみ成分としても有名です。美肌効果や脳の活性化、解毒作用があるだけでなく脂肪の蓄積を抑制し健康な体つくりをサポートします。髪のツヤにもこのグルタミン酸が働いています。

  • ロイシン

    タンパク質合成に深く関わる成分で、肝機能を正常にして栄養が吸収されやすいようするためにも働きます。飲酒の好きな人は、ロイシンが不足しないようにしないと育毛がうまくいきませんので注意しましょう。

  • アルギニン

    成長ホルモンの分泌に関わるアミノ酸で、育毛にもこのアルギニンの働きが必要です。大豆や肉に多く含まれるので、食事でしっかり摂取できるようにしましょう。

  • セリン

    体内合成ができるアミノ酸で、成長ホルモンを促進し健康な髪を作る役割があります。

  • アスパラギン酸

    ツヤのある髪を育成するためには欠かせない成分で、体内でも合成はできますが食事でも摂取できます。大豆もやし、アスパラガス、サトウキビ、肉類に多く含まれています。

  • スレオニン酸

    肌や髪の新陳代謝を促進する成分で、頭皮や肌、髪を保湿し元気な髪が生まれ変わるために働きます。

髪の修復にはケラチントリートメントが効果的?

ケラチンが髪の主成分であり、それがアミノ酸によって構成されているのはおわかりいただけたと思います。パーマやカラーリングで髪が傷むと、ゴワゴワしたり、枝毛ができてしまったりなどの原因から抜け毛も増えてしまいます。

では、内部のケラチンが減少したために起こってしまうのであれば、外部からケラチンを補給したり、ケラチン入りのトリートメントで修復したりできるのでしょうか。

外部からケラチンを与えても髪とは同化しない

加水解ケラチン配合のシャンプーやトリートメントなども見かけることが多くなり、ヘアサロンでもくせ毛の改善やダメージ修復に使われます。ケラチントリートメントは、髪の外部にケラチンを与えガードすることでドライヤーなどの熱から髪を守ったりする効果があります。

しかし、外部からケラチンを与えても髪の内部のケラチンと同化することはないので、髪にツヤはでるけど、髪を健康にするものではないことを理解しましょう。

傷んだ髪は、カットしてそれ以上ダメージが広がらないようにケラチントリートメントでカバーはできますが、生えてくる髪を健康にするのは発毛する髪のケラチンがしっかりしていることです。

ケラチン入りのシャンプーを使うと育毛効果が上がるのではなく、表面的なケラチンケアができるのです。

ケラチンを守るためには育毛シャンプーで頭皮と髪のケアをしましょう

多くの育毛シャンプーには、髪を保湿するケラチンが配合されています。髪のダメージを防ぐためには、元となる頭皮環境が正常であることが大前提です。

いくら髪にケラチンを与えても、すでにスカスカな髪には効果がありません。発毛する段階で、髪のケラチンがしっかり構成されていることで豊かで美しい髪となるのです。

育毛シャンプーの人気ランキングをチェックする

ケラチンがしっかりした髪を育毛するのは頭皮環境と食生活

髪の毛が作られる元成分でもあるケラチンは、外から刺激を受けたり、毛母細胞から栄養が運ばれなかったりすると剝がれやすくなり、髪が傷んでいきます。

すでに生えている髪のケラチンをキープするためには、トリートメントで髪に栄養を与えるだけでなく発毛する髪が元気に伸びて抜けないような健康な頭皮環境にしておくことが重要です。

そのためには、ケラチンの原料となるアミノ酸が体内で不足するようになる喫煙や飲酒は控えたり、バランスの良い食事で色んな栄養を摂取したりと、偏りがないようにすることが必要です。

おわりに

髪がダメージを受けると抜けやすくもなるので、頭皮だけでなくヘアケアもきちんとする必要があります。

ダメージ修復の方法として、ヘアサロンでカットをしたり、トリートメントを受けたりするなどの方法がありますが、根本的な発毛にはしっかりとした自己管理が欠かせません。

ケラチンへのダメージを防ぐためにも、育毛シャンプーを使いながら生活習慣を見直して体内からもケアを行っていきましょう。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP