頭皮のにおいが気になる…頭皮の臭いの原因と対策法

鼻をつまむ男性

年代を問わず、「頭皮のにおいが気になる」といった方は少なくありません。ある調査では、男性よりも女性の方が気にしている割合が高いという結果も出ており、頭皮のにおいは年代だけでなく、性別を超えた悩みにもなってきています。

ここでは、頭皮のにおいを引き起こす原因二つと、においの対策法を紹介していきます。

頭皮のにおいを引き起こす原因

原因・その1-皮脂などの酸化

ひとつ目の原因は、皮脂の酸化です。頭皮には毛穴が密集しており、皮脂分泌量の密度が高くなっています。そのため頭皮は全身の中でも特に皮脂がたまりやすく、多くの皮脂が酸化されることによって強いにおいを放ちます。

また、頭皮は皮脂だけではなく、汗や老廃物なども放置されやすい部位です。汗や老廃物も酸化されることによって、においの原因となります。

頭皮上で多量に分泌された皮脂や汗、そして老廃物などが酸化されると、「ペラルゴン酸」というにおいの原因物質に変化します。中でも30代は皮脂の分泌量が増えるため、ペラルゴン酸によるにおいが発生しやすくなります。

原因・その2-脂肪酸の分解

頭皮のにおいのもうひとつの原因は、皮脂そのものではなく、皮脂に含まれる「脂肪酸の分解」>です。性別や年齢と共に、皮脂の分泌量と分解物のバランスは変化します。

においの原因物質となる脂肪酸に、「9-ヘキサデセン酸」と呼ばれる物質があります。これは30代前後〜30代半ばまでのにおいの原因物質である「ペラルゴン酸」とは異なり、30代後半〜40代になると、皮脂の中に増加する脂肪酸です。

9-ヘキサデセン酸そのものには、においはありません。皮脂の中の9-ヘキサデセン酸が、毛穴の皮膚上の常在菌によって分解されると、「ノネナール」と呼ばれる加齢臭の成分物質になり、青臭いにおいを発します。この現象は男性特有のものではなく、女性にも現れます。

皮脂の分泌量が多いほど9-ヘキサデン酸も増えるため、一般的には女性よりも男性の方が、この現象によって発生するにおいは強いと言われています。しかし、女性も年齢を重ねるにつれて女性ホルモンが減少し、皮脂の分泌量は増えていきます。そのため、中には男性以上に頭皮のにおいで悩んでいる女性も見られるのです。

頭皮のにおい三つの対策法

対策法・その1-食生活の改善

頭皮のにおいを改善するためにはまず、においの原因物質であるヘキサデセン酸やペラルゴン酸を減らす必要があります。

かつてと比べると、日本人の食生活は欧米化し、脂肪分を過剰に摂取する習慣が浸透しています。脂肪分を多くとるとその分皮脂が増えやすくなるため、においの原因物質も増えていきます。なるべく、必要摂取量以上の脂肪分を取らないことを心がけ、原因物質の減少を目指すことが大切です。

また、ビタミンCやポリフェノールが豊富な「抗酸化物質」の摂取は、皮脂の酸化を抑えます。酸化を防ぐことができれば、ある程度皮脂が多くても、においを抑えることができるでしょう。

対策法・その2-生活習慣の改善

暴飲暴食や睡眠不足といった生活習慣の乱れは、皮脂分泌量だけでなく「活性酸素」を増加させます。活性酸素が増加すると、皮脂の酸化が進みやすくなってしまいます。また、ストレスの少ない生活を心掛けると、頭皮のにおいも抑えられると言われています。

適度な運動をして汗をかくことも、におい対策では重要です。日頃から汗をかいていると、蓄積した皮脂や老廃物を定期的に体外へ排出することができ、においの原因物質を減らすことにつながります。

対策法・その3-頭皮洗浄法の改善

原因物質の軽減と共に、適切な頭皮洗浄を行うことも、頭皮のにおいを絶つ上では欠かせません。1日1回、丁寧に洗うことを心がけましょう。

シャンプーの前に、お湯で頭皮の汚れを洗い流すことがポイントです。その後、適量のシャンプーを泡立て、毛穴に詰まった汚れを指の腹を使いながらゆっくり洗浄しましょう。

頭皮がにおうからといって、頭を洗う頻度を増やしてはいけません。頭皮に必要な菌までも洗い流してしまったり、シャンプーがきれいに洗い流されず残ってしまったりして、かえってにおいの原因を作り出してしまいます。

おわりに

できるだけ頭皮のにおいを抑えたいのであれば、生活の一部ではなく、日々の全体を見直すことが大切です。生活習慣や食習慣など、さまざまなことが頭皮環境には影響してくるため、細かい部分まで自分の1日を思い返してみましょう。

検討リスト: 0 件
開く
全クリア
TOP